スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
梅若会定式能
観世流シテ方の梅若六郎さんが中心となっている、梅若会の能を見てきました。「翁」「吉野天人」「木曽」「岩船」と狂言「末広」でした。定例会なので、代金は6000円とリーズナブルで盛りだくさん。

13時開演、休憩は20分と10分で17時30分位に終了と、日程もまあまあ無理がなく、いい感じでした。

梅若六郎さんに期待していたのですが、体調が万全でないらしく、ちらっちらっとすごくいい感じが漂いながら、何だかよくわからない感じでした。お元気になられたら、またどこかで拝見したいです。

流派の定例会ではない、○○家の定例会を見たのは初めてなので、どこもこんな感じなのかもしれませんが、新しい能を作っていこうという気概が強く感じられ、クリエイティブでした。

演目は古典でしたが、合い間に1曲、梅若六郎さんが創られた曲が謡われました。あちこちで新作能も演じられているようです。何だか、弁才天の臭いがぷんぷんしています。スサノオさんっぽい感じもあって、私と守護神仏が似てるみたい。

さて、今回私は、能が全部「決め」なのだと、気づきました。ちゃーんと、だんだん賢くなってますよ。普通誰でもそう思っているでしょうが、ジャズに親しんだ人の場合、どこまで決めでどこからアドリブなのかを、探っていると思います。どこかがアドリブなんじゃないかと、疑うわけです。でも、どーも、全部決めっぽい。すると、ちょっとがっかりするんですけどね。

じゃあ、あの大倉正之助さんの全編アドリブは何なんだ?やっぱりどこか、ゆるくアドリブの余地が与えられてるのかも。そこんとこを、ちゃんと知りたいです。

能楽堂では、マナーの悪いおじさんおばさんが目白押しで、げっそり。にっぽんのおじさんおばさんだから仕方ないか・・・私は新参者だし、周りの人はどうするんだろと見ていたら、適当に怒っているので、その点はほっとしました。

能楽堂で、最初から最後まで周りの人から迷惑を受けずに過ごせることは、あまりないです。私が、周りの人のカルマ出しちゃってるとか?



今日の日記が、何かしら心に残ったようでしたら、クリックいただけると幸いです。
精神世界ランキング

スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:日記

【2007/01/06 20:50】 | 能楽
金春(こんぱる)会定期能
金春会の定期は、2回目になりました。今回は年の初めの、さらにプログラムの初めに、金春流シテ方(主役専門)家元の金春安明さんが、「高砂」を舞われました。

私が初めて観たが、金春安明さんの高砂でした。これでを見るのは10回目くらいだと思いますが、全く同じものを見ると、自分が変わっているのがわかりました。

でも、前回の高砂がどんなだったか・・・記憶が定かではなくなっています。が初めてだったので、そのものに圧倒され、衣装のきらびやかさに圧倒されて終わっていました。囃子(はやし。音楽)は、さすがに音楽を聴きなれているせいか、あまり気に入らなかったことや、どんな風に気に入らなかったのかまで、よく憶えています。

今回、同じシテ方の演技を見たような気がしません・・・涙。でももしかしたら、本当にそれほどあの日と今日とでは、仕上がりが違っていたのかも?

今日の舞は、素晴らしかったんです。無駄がなくて、キリッとメリハリがきいて、自然で、荘厳さがありました。名演だったので、舞の終わりと同時に、思わず拍手したくなりました。

高砂の舞は、住吉明神の舞ですが、私の知っている神社の神と今日の舞とが、とっても似ていてうれしくなりました。神社の神には、余計な虚飾はないんです。神社は、余計なものが一切そぎ落とされた、シンプルで自然な美ですから。

何だか、観世流の上手な人たちとは、味わいが全然違う・・・これが流派の違いなんでしょうか、それとも個性?もしかして、そんな風に演じていたのかなあ?

どっちが好きかというと、どっちもどっちで困ります。それにしても、今日の住吉明神の舞は、良かったわ~。



今日の日記が、何かしら心に残ったようでしたら、クリックいただけると幸いです。
精神世界ランキング

テーマ:能楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/01/21 21:26】 | 能楽
卒都婆(そとば)小町

水道橋の宝生楽堂で、をみてきました。神遊(かみあそび)という会の公演で、「卒都婆小町」と狂言「鱸(すずき)包丁」などです。

シテは観世喜正さん。なかなか良かったです。声のいい方でした。今回は、ババものだったので、動きがゆ~っくりで、眠かったっす。

狂言は、野村萬斎さんを初めて拝見することができまして、お若いのに何でこんなに誰もが知ってるのか、興味津々でした。すごくスリムで、テレビって太って見えるんだなあとびっくり。肝心の芸の方は「・・・。」でした。伝統芸でも、イケメンだとこういうことがあるんですね。

今回は12時30分始まり、3時か3時過ぎ位に終了で、休憩は途中15分。プログラムとしてはコンサート並みでしたが、を見るのに慣れてくると、もう1曲、が入るともっと満足かなと思いました。

お昼は、楽堂の近くのファミレスで、パエリアを食べました。

10代のころ、スペイン料理店でアルバイトをして以来、パエリアが大好きになったんですが、私がアルバイトしたあのお店以外で、おいしいパエリアを食べたことがないんですよね~。

注文しすぎて、パエリアを手付かずでまるごと残すグループがよくあるので、控え室に持っていき、フロアのみんなでつついたもんでした。

ファミレスって、意外とおいしく作ってあることが多いから、期待したんですが、やっぱりだめでした。何かスパイスが足りない!えーん、おいしいパエリア、また食べたいよ~!おいしいものって、一度食べたら忘れられないもんですね。

私がアルバイトしていた、吉祥寺と原宿にあったお店は、今はもうありません。
 


この記事が、何かしら心に残ったようでしたら、クリックいただけると幸いです。
精神世界ランキング


 

テーマ:能楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/02/24 20:54】 | 能楽
能の間(ま)は空(くう)
能の間(ま)は空(くう)だと思い浮かびまして、能へ、ぐいーっとひかれています。

ちょうど、雅楽の中でいろいろやってみるより、次は能へ移動しようと思っていたところでした。

能楽のうち、どれを選ぶか、考えてます。

雅楽は、ひとつひとつの楽器の音色の魅力や、典雅な感じにひかれるんですが、音楽全体としては、能の方が好きかな~。

音楽としては好きなんだけど、能楽を自分がやると考えると、どれにするか困ります。

大鼓、小鼓、笛のどれか。例によって、値段の安いのにするとしたら、笛だけど。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2007/11/16 14:03】 | 能楽
能管講座の見学予約
きのう、能管(能の笛)講座の見学を予約しました。

あれこれやって、どーすんだい、大丈夫かい、ちょっと心配。

でもま、いいや。とりあえず見学だけだもん。

始めてしまったって、始めてから続けるかやめるか考えればいいし。

なーんだか、このごろ猛スピードでいろんなことが起こるので、首都高走ってるみたいでおもしろいです~。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2007/11/20 15:32】 | 能楽
能管講座見学
能管の講座を、見学してきました。

近くで聴くと、迫力ありました~。圧倒、感激。

先生、カッコ良かったっす。お肌つるつるで、すごく年下だろうけど。

能は、男性的でびしっとしてます。

その緊張感に自分が入っていけるのかどうか、不安になりました。

音を出すのは、ひちりきほど大変じゃなさそうな感じがしましたけど。

笛と呼び合ってないかもしれない・・・。

雅楽の楽譜の、「てーーいてら」とかいうのは、音名じゃないらしいんですが、能は、ちゃんと音名を楽譜にしてあるみたいでした。

曲が長くて、覚えられない~。雅楽は、童謡レベルですから。

カタカナの羅列にびっくりしてましたが、だんだんと、4ビートの短いフレーズのバリエーションを繰り返してることがわかって、ちょっとほっとしました。

やはり、能は迫力の世界でした。

でもなんか、私は能管じゃなかったかな・・・。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2007/11/26 23:07】 | 能楽
「いよー」って言っちゃった
小鼓講座に行ってきました。3回講座の1回目でした。

人の演奏を聴いていると何ともありませんでしたが、自分で叩いてみたら、何ともいい音でした~♪

耳元にかかえて叩くので、すごい迫力に聴こえるのかな。

日本人のDNAが刺激されましたよ~。

音は4種類。リズムは基本的に全部8拍で、リズムのパターンに名前がついています。

リズムパターンの種類は200種類ほどだそうですが、よく使うのは大体決まっているそうです。

何となく、簡単そう。「何が何でも本気」じゃなくても、楽しそう。

一番不安だった、「いよー」も言いました。言ってしまえば、そういうもん。

あまり期待していなかった音色が良かったので、にっこにこ。

明るく、おおらかで、つやつやした、気持ちのいい音。鳴った瞬間、ぱっと花が咲くようです。

そしてそして、素晴らしい浄化力を持った音だったんです!

3回講座の後、初級講座も申し込もうかな~。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2007/12/08 01:06】 | 能楽
高砂の復習
小鼓の3回講座では、高砂を練習中です。

楽器はないので、楽譜を見て、手をたたきながら練習です。

能の楽譜は、合理的に整理されているように思います。現代人が見ても、わかりやすい楽譜です。

かけ声も、どこでどのかけ声をかけるか、決まっていて、楽譜に書かれています。

「ヤ」を「ヨオ」と言う、「ハ」を「ホウ」と言うというのはありますが、雅楽みたいに「チ」(打ち方の種類)を「ポ」(打ち方の種類)で打つなんてことはありません。

「ヨオチ、ホオポ」などと言いながら、左手を叩きます。

生き生きとした曲になってると思います。誰が作曲したんだろう。

能の作り手って、台本も舞も囃子も同じ人なんだろか。こういう疑問という疑問、片っ端から解決するぞ。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2007/12/13 18:41】 | 能楽
当日キャンセル
今日は、能を観に行く予定でした。座席は予約してあり、会場で支払いをすることになっていました。

昨日の夜、場所を確かめる為に調べてみたら・・・今出川・・・?

ぎゃーーーーっ!京都だ!

行けないことはない、行くか?京都まで。

いやー、都内往復でも疲れてんのに、京都はしんどい。

今朝、会場に電話して、当日キャンセルしました。おわび申し上げながら。

快く対応してくださって、お礼まで言われました。

予約した時、何かある気がして、先払いにしない方がいいように思ったんだよね・・・。もっと早く気づけばよかった。

気をつけまーす!


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:能楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/12/16 21:08】 | 能楽
小鼓講座2回目
きのうは、小鼓講座の2回目でした。

電車の時間を調べ間違ってしまい、大遅刻で、がっかり・・・。

おかげで、私はまだ走ろうと思えば走れるということがわかりましたよ。

やはり、小鼓は音が出ると、いちいち、ほおっと感心するほどいい音です。

前回は初めてだからかとも思いましたが、やっぱり、ものすごーく魅力的な音です。

タブラが好きだったのは音の良さにもひかれていたのに、小鼓の方が、はっとするような華やかさがあります。

やっぱり、日本人なのかなあ。

あまりにもいい音なので、この小鼓は練習用なのか、いい楽器なのかお尋ねしてみましたら、先生が愛用されているものでした。

やっぱりねえ・・・。

そんな楽器を触らせていただいて、恐縮です。

6年ものの新皮だと言われて、またびっくり。6年で新皮ですか・・・。

小鼓は、胴の部分が桜、皮は馬だそうです。

ちょっと練習していたつもりでしたが、実際に楽器を持つと、ちっともうまくできませんでした。

楽器を持つと形を整えるのに必死ですから、もっとちゃんと、リズムパターンを覚えておかないといけません。

明日は、タブラクラスです。うふっ♪


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2007/12/19 16:17】 | 能楽
家元の演奏
小鼓の家元の演奏を、聴いてきました。

この人は、文句なしの素晴らしい演奏です。

いずれ、人間国宝間違いなし?

何でもなく演奏してるように見えますが、そうはいかないんですよね。

たった2回、稽古に行っただけで、今までとは全然違う感覚で聴けました。

「ヨオ」なんだか「ホウ」なんだか、わかんないよ~。「オー」ばっかり聴こえてきて。

右手の引き方も、かなーり好きーにしてるように見えました。

次回で講座が終わるので、続けるかどうか、言わなきゃいけませんが、続けたいです。

念のため、みなさん練習はどこでされてるのか聞いてから、お返事しようと思います。

やっぱ公園かねえ・・・。だとちょっと、欲求不満になるんだけどな。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2007/12/26 23:14】 | 能楽
ティッシュ箱小鼓
これを録音してみたかったんです~、ティッシュ箱小鼓。

これは、「高砂」の謡の中の、「はや すみのえに つきにけりは」のところの(音が出ます→)「ツヅケヒカヘ」という名前のリズムパターンです。

音の違いが、あんましわかんないですね・・・。

それに、実際にティッシュの箱を叩いてる時の音と、かなり違う。

タブラも、かなり音が違ったし、叩く音というのは、再生が難しいのかな。

ひちりきは、本物の音っぽかったですよ。

掛け声は、こんなもんっす。だって、恥ずかしいもーん。

実際に練習する時は、ティッシュの箱の中に物を入れて、ちょっと重くすると、より一層本物に近くなっていい感じです。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2008/01/07 22:14】 | 能楽
小鼓講座、継続へ
今日は、小鼓のおけいこの日でした。3回講座の3回目。

楽器がないので、いまいち練習に精が出ませんが、とりあえず覚えて、間違えまくりながらも「高砂」の「待謡(じよう)」が終わりました。

楽器を叩くと、いつもながらにいちいち感動しています。あまりにも音がいいので。

洗練された音で、浄化力も強力だと思います。

あ~、欲しくなる~。稽古用の一番安いので、5万円からだそうです。

講座は3回目で終わりましたが、続けて通うことにしました。

次回から「竹生島」だそうで、心の中で笑いました。最初が素盞鳴さんで、次は弁天さんかいな。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2008/01/25 00:34】 | 能楽
小鼓初級コース
昨日は、小鼓(こつづみ)教室の日でした。

前回までに覚えたことを、かなり忘れていて、あたふたしました。曲が変わるからと何もしないでいたら、いけませんでした。練習しておくべきだった。

どうせこの3週間ほどは、タブラもひちりきも練習できなかったんだけど。

初級コースに入ったので、曲集みたいなのをいただきました。うれし~、うれし~~~♪まるで、上手に打てるようになった気分。

もう一度楽器のことを聞いてみたら、5万円というのは「皮だけ」で、胴も入れると7~8万円からだそうです。皮だけじゃ、打てないよ~。

5万円だと買う気になってたけど、7~8万円か~。

7~8万円じゃ、クラビノーバ買えるなあ。

もしかして、ひもが1万円とか・・・。

でも、楽器を持って練習したいんだよね~。むちゃいい音だし。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2008/02/20 23:02】 | 能楽
声明の影響
雅楽には、西洋音楽みたいなきれいなメロディがあるのに、能にはありません。

雅楽の後、能の前に、声明(しょうみょう)が流行したらしいです。

声明とは、お経に軽い節回しをつけたもので、棒読みに近いものです。

能は、仏教の影響を強く受けているので、音楽も声明の影響が強いということみたいです。

練習は、小鼓が一番つまんないなあ。楽器を鳴らして、一番うっとりするのも小鼓ですけど。

ティッシュペーパーの箱はいい音しないし、楽器を持つと下を見ることができず、楽譜を見ながら叩けないので、教わったことは、次の教室の日までに暗記してなくちゃいけません。

譜面立てがあるといいのかと今思いましたが、それは、雰囲気的に不可能。和室で正座ですから。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2008/02/25 23:59】 | 能楽
能のフェイク?
小鼓教室の日でした。竹生島(ちくぶしま)をやってます。

なかなか、いい曲になってるもんで、最後が盛り上がります。

謡(うたい)が、軽く変えて謡うことがあるということを教わりました。アドリブまではいかない、フェイクという感じみたい。

そういう時には、小鼓の打ち方も変えるんだって。

そうだったのか~、きっちり譜面通りじゃない時があるんだ。びっくり。

小鼓は、持つ時に、あやとりみたいになってる紐の間に、左手の指を1本ずつ入れていくんですが、その方法がいつになっても覚えられません。

今日は、携帯電話で写真を撮ったのに、ちゃんと保存できていませんでした。

次回、また撮って、よく見て覚えます。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2008/02/29 00:35】 | 能楽
1拍前の「ツ」
ひちりきと小鼓を一緒に練習しています。

ひちりきは5分吹いたら数分休まないと酸欠になるので、その間は小鼓の練習タイムです。

公園では、恥ずかしくてティッシュペーパーの箱は叩けないので、左手を叩いてます。

小鼓の音は4種類で、チ、タ、プ、ポです。

これに掛け声が3種類。

リズムは基本的に8拍で、大鼓(おおつづみ)が先の4拍、小鼓は後の4拍を中心に担当します。

8拍のリズムには名前があり、リズムの種類を覚えていくのが練習の中心です。

一番多く出てくるのが、「三地(みつじ)」というリズムみたいで、「休、休、休、休、ポ、休、チ、ポ」と打ちます。

チの前には「ヨオ」、ポの前には「ホオ」という掛け声を掛けます。

音の一拍前の休みは、何もないんですが、心の中で「ツ」と数えます。

この「ツ」からリズムが始まっているんだそうで、これを聞いた時には、感動で鳥肌が立ちました。

素晴らしい~!

能楽を聴いていて感じる、気合みたいなのは、「ツ」を感じていたのかもしれないと思いました。

ですが、私はまだ必死なので、「ツ」のことなど考えて打つ余裕はないんです。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2008/03/03 18:19】 | 能楽
一噌幸弘さんライブ、草のしらせ
午前中にタブラの個人レッスンを受けてから、夜、ライブハウス(渋谷クラシックス)へ行きました。

能管の一噌幸弘(いっそゆきひろ)さんと、タブラの吉見さんが一緒に出演されたので。

「草(そう)のしらせ」というライブでした。

ところで皆様、今日もまたお手数をおかけしまして誠に恐縮ですが、このブログを応援してくださる方は、ここらでちょっとクリックにご協力をお願いいたします・・・人気ブログランキング・・・ありがとうございました。

和風でアップテンポなオリジナルが中心でした。忍者映画のテーマソングになりそうな感じかな~。

タブラが、あまりにもしっくりはまっていて、感動でした。まるで、同じジャンルの楽器みたいでした。

雪見だいふくが、世の中に初登場した時みたいな気持ち。古くてすいません。これが今日の、最も大きなびっくり。

一噌さんの和なアドリブも、とても良かったです。和風なフレーズが、アドリブでも全然不自然じゃなく、カッコよく決まっていて、これも驚きでした。

和風オリジナルの曲はどれも良かったですが、クラシックは・・・んんんんん・・・。ノリが違うので、つらいです。

タブラは、バヤンの音(低音)が、めちゃめちゃ良かったです。曲によってキーが違うので、タブラをいくつも用意されて、キーによって取り換えて演奏されていました。

狭いライブハウスの中は満席で、空気がむっとする程でした。

ここのライブハウスは、ぎりぎりまでぎゅうぎゅうに詰めて、80~90人位入れるみたいだということがわかりました。

能関係の人がたくさん、聴きに来ているみたいでした。

吉見さんに、以前のお礼を言って、チャンドラカントさんに教わっていることを報告しました。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票をお願いいたします。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2008/03/16 00:18】 | 能楽
小鼓教室
きのうは、小鼓教室でした。

竹生島を、間違え間違え、なんとか終了しました。

次回からは、羽衣です。

自宅で、ティッシュペーパーの箱を叩いて練習していると、だんだんと気持ちがしなびて、つまんなくなっていたんですが、楽器を打つと、またやる気が回復しました。

小鼓を打った後の爽快さは、神社参拝の後みたいな感じです。

ほんとに気持ちよくて、教室からの帰りは、いつもるんるんです。

今回は、ちゃんと左手の指の通し方を、写真に撮って記録できましたから、時々見て覚えます。


毎度、ごめんどうなことですが、このブログを応援してくださる方で、今日のクリックがまだでしたら、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・いつもありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/03/22 23:45】 | 能楽
7.5拍の三地
28日(金)は、小鼓教室でした。

新しく「羽衣」に入っています。

今回は、今まで8拍子で打っていたリズムを、「三地」(みつじ)系のリズムだけ7.5拍子で打つということを教わりました。

三地のところだけ、謡(うたい)が半拍省略して謡うことが多いんだそうです。

場合によっては、8拍になることもあるそうです。

そんなあ~、何だかわけがよくわかりませんが、言われた通りに打ちます。

謡では、そこが三地だから7.5拍で謡っていい、他は8拍で謡うって、ちゃんとわかるもんなんでしょうか。わかるんでしょうね。

不思議ですが、囃子(はやし)を合わせたことがないので、実際にどんな感覚なのかわかりません。

言われるままに打つばかりです。

次回で、初級講座が終わります。その次からは、どなたか先生に入門することになるらしいです。

先生は、私は家元と今の先生しか知りません。どうなるのかな。


毎度、ごめんどうなことですが、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・
いつもありがとうございます!

右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/03/30 21:37】 | 能楽
小鼓教室
小鼓教室の日でした。

今日でひと区切りなのかと思ったら、そうじゃなく、まだまだ初心者クラスは続くそうです。ほっとした・・・。

三地(みつじ)系は7.5拍で練習していたんですが、実際には7.5拍あり、8拍ありで、もうさっぱり把握できません。

しかも、前からそうなんですが、1拍目がわからなくなるんです。

何でなのか不思議だったんですが、謡(うたい)が大体、半拍前から入って、1拍目はあーだのうーだの母音を伸ばしているだけということが多いのと、三地系の7.5拍が合わさって、今どこにいるのかわからなくなるみたいです。

仕方がないから、先生が叩いてくれるお手本を見て、ただ真似るだけ。



民族音楽サーチが、できあがりました。もう、あるところに、バナーをつけてリンクしてあります。

でもまだ、中身が全然ないので、せめて私がお気に入りに入れているサイトだけでも登録してから、お知らせしますね。

かくれんぼが好きな方は、探してください・・・。



いつもごめんどうをおかけしまして申し訳ありませんが、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・ありがとうございます!

右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/04/16 00:32】 | 能楽
女性能楽師
小鼓の先生の演奏を聴いてきました。

能で、「田村」を観ました。

声の出し方に一番興味があったんですが、すごーく低く出されていて、びっくりしました。

周りの男性の声とのバランスをとってということなんでしょうか。

んーーー、私はどうしようって、考えてしまいました。

私には、あんなに低い声は無理な気がする・・・。私も声は低い方ですが。たぶん聴いただけでは女性とはわからない低さでした。

演奏は、先生の先生にあたる源次郎さんと、何となく似ている感じがしました。

非常に堂々とされて、しっかり集中され、存在感がありました。

いつもはきらきら光る瞳と、さわやかなミント風の笑顔でにこにこされていますが、今日は一瞬もにこりともされず、別人みたいでした。当たり前なんですけど。

あれ、音がよく鳴ってないと思っていたら、途中でひもを締め直されて、後半はいい音になりました。

それで、ひもの締め方で音が変わるんだって、初めて知りました。

三地(みつじ)、カン三地、ツヅケ、ツヅケヒカエは聴いていてわかりましたが、手の種類がわかっても、どこが1拍目なのかが、やっぱりはっきりわかりません。

これは、謡(うた)を覚えるしかなさそうだなと思いました。

それでも今までよりも、能楽の組み立てが何となくわかってきて、違って聴けるようになってきました。

能が終わり、舞台から出ていく時、先生のところで一度拍手が大きくなりました。

急いで帰って、タブラを叩きました。

人の演奏を聴くと、自分も叩きたくなります。

これはタブラとしては、いい傾向だ。



演奏会情報です。まだチケットあるかな・・・

瑞穂雅楽会 演奏会

4月29日(祝)11時開演(開場10時30分)

於玉(おたま)稲荷神社社殿内 東京都葛飾区新小岩4-21-6

JR総武線新小岩駅南口徒歩8分

2500円(前売り2000円)

問い合わせ 03-3655-5403 http://www.miduho.gr.jp/

日本人なら、ど迫力の雅楽を、一度は聴いてみて!チケットがあるかどうか、お問い合わせをおすすめします。


毎度、ごめんどうをおかけします。このブログを応援してくださる方で、今日のクリックがまだでしたら、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・いつもありがとうございます!
右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/04/19 23:16】 | 能楽
三地は7拍
小鼓の教室の録音を聴いていたら、三地(みつじ)は、7.5拍じゃなくて7拍になっていることに気づきました。

楽譜を見ていても、1拍目がわかりにくかったんですが、楽譜の1拍目の表記が、ずれて書かれているらしいことに気づいたら、やっと聴きながら楽譜をスムーズに追えるようになってきました。

あーちょっと、わけわかってきたかな。

三地は7拍だったのか~、そんなこともすっとわからないほど、リズムがつかみにくかったです。

それに、急にフェイクするなんてことはなくて、どこの三地が8拍で、どこは縮んでということは決まっていると前の教室で聞いて、ほっとしました。

8拍の三地と、7拍の三地がどこなのかしるしつけて、覚えればいいわけだ。

先生はもちろん袴で演奏されていましたが、私もいつか着るんかしら、買うんかしら・・・、インドの衣装じゃなくてもやっぱりコワい。

先生は、普段の稽古の時にも袴だったことがありました。


毎度、ごめんどうなことですが、このブログを応援してくださる方で、今日のクリックがまだでしたら、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・いつもありがとうございます!

右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/04/21 00:18】 | 能楽
三地で苦戦中
今日は、小鼓教室の日でした。

三地(みつじ)で苦戦していまして、どうにもわけがわかりません。

7拍+7拍の14拍になってるんだということは、わかりました。

でも、7拍なんて数えてると、他の手は4拍+4拍の8拍なので、とっさにそんな器用に数え分けられません。

3.5拍+3.5拍の7拍と考えた方が、まだまし。

先生は、数えてないそうです。

1拍前のツの場所の、歌詞を覚えてるんだそうです。

そんなこと~、できない~。

いつも7拍だったらまだいいけど、これが時々8拍になるもんだから、本当に謡の歌詞を覚えるしかないのかなあ。

今、一拍前とか、半拍前とかいう言葉には、ピリピリ反応してしまいます。

鼓を打つだけだと、まだいいのかもしれない。

打つ半拍前に、「ヨオ」だの「ホオ」だのが入るから、余計わからなくなるんです。

しかも、録音したものを聴きながら楽譜を追いかけても、何度聴いても、どうしても1拍目がちゃんとつかめない。

うえーーーーん、もうぐしゃぐしゃだよ~。

でも、間違えながらも、まあまあ打ててます。

なぜかというと、先生は、右手で小鼓、左手で大鼓の手を机を叩いて、チ、タ、プ、ポまで教えてくれて、謡を謡いながら、手の名前を言い、要所要所で「ヨオチ」だの「ツプポーポ」だの、ひとりで何人分もの大活躍をしてくれるんです。

ほんと申し訳ないほどです。

先生の右手を見ていれば、何を打てばいいかわかるので、わけがわからなくても打てるんです。

それなのに、私は「一拍目がわかりません~、三地がさっぱりわかりません~」と言って、先生を悩ませていると思います。

どこかに、手がかりをみつけたい~。

録音したものは、自分で打ってるんですが、なかなかいい曲になっていて、惚れぼれします。

大鼓と小鼓のかけ合いの、生き生きと素晴らしいこと。

ぜんぜんわけわからないのに、なんでこう、いいと感じるんだろ。

私は、わけわからないのが好きなのかもしれない。


毎度、ごめんどうなことですが、このブログを応援してくださる方で、今日のクリックがまだでしたら、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・
いつもありがとうございます!

右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/04/30 01:31】 | 能楽
小鼓教室
きのうは、小鼓教室の日でした。

録音を何度も聴いていたら、練習している曲の、三地(みつじ)の後半は全部3.5拍なのに、前半は3.5拍だったり4拍だったりすることに気づきました。

やっぱり7.5拍があるんだ。

三地には、7拍と7.5拍と8拍の時があるわけです。

もーだめ。

また先生とも話して、歌詞に合わせて、ここはこう打つと、まるのまま覚えるのがいいということになりました。

普通の歌と同じようにです。

今はまだ、手(リズム)の種類を覚えるようにしていれば良くて、もっと余裕が出てきたら、どこでどう打つか覚えるようにしていけばいいと言われました。

そうしよう。

今日までは、「東北(とうぼく)」でした。

次からは、「船弁慶」です。

こんなに次々と進んでいくのは、オペラで言えばアリア1曲だけを打っておしまいだから。

能は、オペラですからね。

だんだんと、手が複雑になっていきます。覚えていられるかな~。

プとポの時の、左手の調節の仕方を教わりまして、うまくいかないと、ポヨンと変な音になるんですが、うまくいくと、ポンッ!と、すっごく勢いよくいい音が出て、感激でした。

今まででもいい音だと思っていたのに、さらにいい音が出るとは。


いつもごめんどうをおかけしまして申し訳ありませんが、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・ありがとうございます!

右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/05/08 14:28】 | 能楽
三地は適当に
小鼓の練習は、三地(みつじ)をどう打てばいいのかがはっきりしないので、三地の時は、8拍で打ったり、7.5拍で打ったり、7拍で打ったりいろいろしています。

打つための法則を見つけたかったんですが、法則なんてないとわかったから、もうこんなんでいきます。

稽古の日には、先生が目の前で指導してくれるので、その場でその通りに打つことにします。

そう言えば、前回の稽古の時、先生が途中で手(リズム)の名前を何回か続けて言わなかったんです。たぶん三地だったはずだけど。

ひえ~と思いながらも、先生の手本に集中していたら、その通りには打てました。

あん時は、びっくりしたな~。

三地がその場でどうなるかわからないということになると、何だかどうにでもしてくれって気持ちになって、かえって、肝が据わってきたような気がします。

楽器を買う気持ちは、なくなってきました。

結局、本命はタブラなんだと思います。タブラへの気持ちがあるから、他の興味のある楽器も触ってみようという気になるんだと思いす。

バイクが本命で、サーフィンや乗馬がおまけだったのと同じで。

タブラが和楽器だったら、うれしかったなあ。


いつもごめんどうをおかけしまして申し訳ありませんが、このブログを応援して下さる方は、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・ありがとうございます!

右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/05/20 12:01】 | 能楽
能のフェルマータ?
きのうは、小鼓教室の日でした。

「船弁慶」が終わり、「蝉丸」が始まりました。

相変わらず、手(リズム)の覚え方があやふやですが、完璧でなくてもOKにしてもらえます。

自宅ではティッシュペーパーの空き箱を叩いて練習していて、教室では本物の楽器を打っているわですが、その違いでだと思うんですが、どうもいつも記憶がふっと飛んでしまいます。

小鼓は左手で持って、右の肩に当てていますが、この姿勢が結構大変で、まだ慣れることができていません。

楽器を持つと、この姿勢を保つことに一生懸命になってしまって、頭に血が行かず、覚えていたことが思い出せなくなるのかな~と思います。

今回は小鼓が2つ置いてあって、今までとは違う方を打ってみました。

でも音がうまく出なくて、今までの方に持ち直して打ちました。

皮が新しいと、打ちにくいんだそうです。

1拍目は、やっぱりよくわからなくなります。

私にはどうしても、フェルマータがかかっているように聴こえてしまい、どこから1拍目に入ったのかがわからないんです。

能には、フェルマータがあるんだろうか、ないんだろうか。

ないんなら、その空白に聴こえる部分も、1、2、3って数えるということになるけど、よくわからないんです。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!。
右側の青いバナーもよろしく!
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/05/24 20:46】 | 能楽
小鼓教室「蝉丸」「熊野」
きのうは、小鼓教室の日でした。蝉丸が終わり、熊野(ゆや)に入りました。

熊野は、能を見たことがあるんですが、どういうお話だったか忘れました。あらすじを読めば思い出すと思います。

「ハッホンヨーオオーー、ホオ、ホオ」というかけ声をかけるんですが、どうもうまくいきません。

大鼓の人とユニゾン(同じメロディを演奏する)でかけるかけ声なので、男性の声に合わせて低くしないと変みたいです。

やっぱり、かけ声は全体に低い声でかけることになりそうです。

今までかけ声のことはあまり考えずに、テキトーに言ってましたが、ちょっとずつ格好つけていかなきゃいけないのかな。

時々裏声にするところが、女性には難しいと思います。女性の裏声って力が抜けすぎて、能楽には変。

三地の前の方は、やはりフェルマータほどではありませんが、ちょっとタメが入っているということがわかってきました。

そうすると、随所に「じゃんけん、ぽん」みたいな軽い間があることもわかってきました。

いつもと小鼓のひものかけ方が違うなと思いながら打ち始めると、あまりにもいい音が出たので、び~っくりしました。

今までとは別の楽器なんだと言われました。

感激して、打つたびにうれしくて笑ってしまいました。

たくさん打った小鼓は、だんだんといい音に変化していくんだそうです。

楽器が欲しい~という気持ちは、今のところ落ち着いていますが、小鼓を打つことは、自分にとって自然で当たり前な感覚なので、まだまだ続いていきそうです。

音がいいのにはちょっと慣れてきましたが、曲のアレンジが躍動感あふれていて魅力的で、楽しいです。

先生の謡いを聴いているのも楽しいです。先生の声は、若い女性らしくつやつやぴちぴち、しかも芯のぴしっと通った、とってもいい声なんです。


毎度、ごめんどうをおかけします。このブログを応援してくださる方で、今日のクリックがまだでしたら、下のバナークリックへのご協力をお願いいたします・・・いつもありがとうございます!
右の青いバナーもクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/06/05 14:02】 | 能楽
小鼓教室
きのうは、小鼓教室の日でした。

「熊野(ゆや)」をやってます。

能は、楽譜を見て演奏する習慣がないので、全部覚えなくちゃならず大変だと先生が言ってました。

素人会で、すぐ真後ろに人がいる場合は、忘れた時に教えてくれる人だったりするそうですが、基本的に暗記してるものだそうです。

今練習しているような、短いものだったら何とか覚えられるかもしれませんが、能みたいな1時間以上のものを覚えるなんて、私には考えられないことです。

プロの人も、曲を覚えるのに苦労しているんだそうです。

熊野の最初の「しじょうごじょうの はしのうえ」の最初の「し」は、楽譜には半拍前に書いてありますが、実際には1拍後の、半拍めで入っていました。

あちらこちらでそんな感じなので、もうきっちり理解するというのじゃなく、何となくフィーリングでとらえてしまおうと思うようになりました。

そうすると、今進んでいる三地のポは3.5拍目で打つのか、4拍目で打つのか、次のチは1.5拍後に打つのか、2拍後に打つのか、わかることが増えてきました。

「しじょうごじょうの はしのうえ」という内容を読んで、悩みました。

え~、四条なのか五条なのか?四条や五条の橋の上という意味かな、そうだよね・・・。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/07/02 22:22】 | 能楽
小鼓教室「小督」
7月7日は、小鼓教室の日でした。

「熊野(ゆや)」が終わって、「小督(こごう)」に入りました。

自宅では楽器を持って練習していないので、いつまでたったも、音色が良くなりません。

ん~、上達するには、楽器が必要だ・・・。

でも、小鼓の音は、かなり大きい。ひちりきほどじゃ、ないけどね。

自宅では練習できない。練習するとしたら、野外かカラオケ屋さんとか。

ん~、1万円だったら迷わず買うけど・・・。3万円でもたぶん買うけど・・・。

ずっと、覚えることが、練習の中心です。

本番はそうだから、ふだんからそうやって記憶できるようにしていくのかな。

いつも今やっている曲に集中していて、以前やった曲の手は、次から次へと忘れています。


このブログを応援してくださる人は、どうぞ投票を。いつも、応援をありがとうございます!
人気ブログランキングへ


テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2008/07/13 16:40】 | 能楽
霊能者のスピリチュアルライフ


須佐之男命に守り導くと言われて22年。カルマ浄化、悟り、自己実現の後に、神や霊と会話しながらの生活になりました。

最新の記事

紫野ひかりの世界

紫野ひかりのプロフィール
紫野ひかりの悟り
祈らら紫野ひかり Facebook
個別のご相談はこちらへ


カルマ浄化の祈り指導

内面の進歩成長を援助

霊媒への相談が2800円

インナーチャイルドを調べて癒す

霊にカウンセリングしています

心身共に1ヶ月間いい気分

わかる人に選ばれています
祈らら
祈ららトップページ
スピリチュアルライフ・サーチ
スピリチュアル専門のサーチ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

過去の日記と趣味の日記

有料メンバーズブログとおしらせブログ

「祈らら有料メンバーズブログ」はスピリチュアルライフ日記の3~5倍程度の情報量で、毎日更新中です。
会報は隔月刊行で有料メンバーズブログの抜粋です。

「祈らら有料メンバーズブログ」と会報は、祈ららの祈りを進めている方のみ、こちらでお申込みいただけます。

「祈らら・おしらせブログ」は、祈ららの祈りを進めている方にパスワードを発行させていただきます。
こちらへお問い合わせください。

有料メンバーズブログ、おしらせブログ共に、祈りをお休み中の方もお申し込みいただけます。

ボランティア

いつも何かのボランティアに参加していよう

ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン

我が家のナッツはこちらの卒業犬です
happypaws-banner2.gif 

いつでも里親募集中

ブログ内検索

更新情報をおしらせします

My Yahoo!に追加

Add to Google

RSSフィード

新しいアンケートです

下の方にもアンケートがあります

アンケート投票

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。