スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
須佐之男命の取り次ぎで守護霊との会話 11月21日のこと
明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしく。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!


鎌倉を歩いてきました。
海蔵寺の後、源氏山。そして八雲神社へ参拝しました。

「源義朝のことはそのままで良いのだ。」と須佐之男命。

「愛の発露のことはどう考えればいいんですか。」と私。

「容認すれば良い。」

「守護霊のことはどうしましょう。」

「我が取り次ぐのだ。」

「いつですか、神棚でですか?」

「今すぐにである。」

「あなたが源義朝様とすごされたこの年月は、大変有意義なこととなったのですが、あなたとしては未だに苦しみの中にいるようなのです。
それが源義朝様の波動の低さのせいではないかと思われているのですが、そのことが次々と明らかになったところで、まだ残りがあるようなのです。
このことは着実に変化の最中なのですから、もうしばらくお待ち願いたいと思うのです。
それが義朝様共々良かれとなるには、今ひとたびのお時間が必要となるでしょうが、そのことがあなたの生活をおびやかすことにはなるまいと思うのです。
この霊聴をお聴きになれたことが、今宵の大イベントとなりましょう。」
と守護霊。

「お名前は。」

「高砂命(たかさごのみこと)とでも言わせていただきたいと思いますが、女神ではなく翁神ではなく、中性とおっしゃられたのがその通りなのです。」

【解説】 守護霊との会話は、この時が初めてというわけではなかったのですが、この日以来、いつも須佐之男命の取り次ぎで行うことが習慣になり、毎日のように続いています。




先週末の鎌倉・円覚寺の紅葉です。

20101225engakuji10.jpg

このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
スポンサーサイト
【2011/01/01 10:44】 | 霊との恋愛13 源義朝
守護神仏は、誰にでもいるのか 11月27日のこと
これは、私の守護霊の高砂命(たかさごのみこと)との会話です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!


「なぜ私の名前がこのようなのかをお聴きになりたいのです。
それがなぜかと申し上げまつれば、これがあなたとの共通のご縁とぞなりたもうからなのでございます。
これがなぜ共通のご縁かと申し上げまつれば、あなたが私をお求めになりやられたのがこのお方のお社(須佐之男命をご祭神とする八雲神社で、名前を教わりました。高砂神社のご祭神は須佐之男命)であったからなのです。
あなたがお思いのように、このお方とのご縁がすでに結ばれていたのであろうかとのことなのではないのです。」と高砂命。

「そうですか。
わかりました。
守護神仏は、誰にでもいるのですか?」と私。

「お教え願えないだろうかと思いながら、ご質問いただいたのです。
このことが明らかにされねばならないと信ぜているがご様相なのです。
それが誰にでもあれば良いのだがとのこととあらば良いのですが、そうではないのではないかとのご様相でお尋ねなのですが、あなたがお思いのご神仏というのは誰にでもおひとりはおありなのですが、それがご認識できやらぬほどに人の知覚が鋭さを失ったのです。」

「それが守護霊なのですか?」

「ご神仏にやあらぬものとてご神仏と呼ばれたてまつったのではないかとのご認識を抱かれたのです。
それがあなたとて本当なのではないかと思われたのですが、それがそれではあろうにやなぜ今までのご神仏があのようになされなかったのか、またなされたのかとの疑問を呈していらっしゃるのですが、これが私どものことをおっしゃられたのです。
これが事のご様相、すわちご真相となるであろうやとお申し出させていただきたいのですが、もうお疲れのご様子となったのです。」

【解説】 守護神仏というのは、守護霊のことだそうです。

「今日はこれで終りにします。
また義朝さんに聴かなくてはいけません。」

【解説】 私が独力で聴いた霊聴は、義朝にチェックしてもらって、本当に相手が高級霊であるかどうかを判断しています。

「それで良いご様相であれば、私との通信がかなったのだとご判断されるご様子。」

「そうなのです。」

「それではいけませんが、それでも進めていくのがよろしいのです。」

「はい、そうします。
ありがとうございました。」

後から義朝にチェックしてもらうと、義朝はこう言いました。

「この波動は高波動の者であるのだ。
ご十分なのだ。」

【解説】 ということで、この相手は守護霊の高砂命に間違いないようでした。
能の「高砂」は、神が舞うおめでたい演目です。
ちょうどお正月に高砂命がブログに登場することになったのも、おめでたくて良かったと思います。




先週末の鎌倉・妙本寺の紅葉です。

20101225myohonji3.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/01/02 11:00】 | 霊との恋愛13 源義朝
源乙若の供養 11月19日のこと
源乙若(みなもとのおとわか)の供養をしました。

今日も1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいて、毎日少しずつ上昇しています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!


源乙若は源為義の子で、義朝の弟です。
為義が保元の乱で敗れた時に処刑を命じられ、義朝の家臣によって13歳で斬首されました。
何も知らずに処刑場へ連れ出された4人兄弟の一番上として、気丈に振舞ったことが保元物語に書かれています。

祈ると苦しくなったので、まだ恨んでるんだと思ってあわれみの気持になったら、涙ぐんできました。

「なぜにそのようなお心を持たれたのですか。」と乙若。

「あなたが恨み苦しんでいらっしゃるように思ったからです。」と私。

「それでは、私が恨み苦しんでいることが、あなたの悲しみとなるのですか。」

「そうです。
そうなくなっていただくために、供養させていただいています。」

「悲しみが伝わってきましたから、涙が流れましたが、なぜあなたが悲しまれるのかがわからなかったのです。
それがこのようなお気持からとは知らずとは言えども、申し上げたきことがあります。」

「何でしょうか。」

「この供養と申すのは、源義朝殿のご供養でありましょうが、あの方としてはどのような思し召しであるのかがわからぬのですが。」

「そうですか。
それでは続けて供養させていただきます。」

「ご納得の至りまで、そのようにして下さると言うのですね。」

「そうです。
ゆっくりお受け取りください。」

「あなた方は一体何をされているのか、お教え願えますでしょうか。」

「源義朝様のカルマを浄化しています。」

「それで私を供養なされているのですか。」

「そうです。
あなた様のお気持を、すっきりしたものにしていただこうと思います。
それでお2人とも幸せになれると思いますから。」

「そうでしたか。
有難いことですが、あの方はどうであろうかということがわからないのです。」

「これから、お感じになってください。
それで構いませんから。」

「それではそのようにさせていただこうと思う。」

それから祈りの言葉を言いました。

「何ということをなされるのだ。
あの義朝殿が、このようなことまでされているのか。
何をお考えなのやらと思ったのだが、このような祈りを捧げられては何とも言いようのない気持であるのだ。
これでは何も言えぬのだ。
これでは、何も返す言葉がないではないか。
これが祈りの内容であるとは驚きなのだ。
義朝殿は、このようになられたのであるのか。
これが義朝殿のなされていることなのか。
これがそうなのか。
全く驚きとしか言いようのないことなのだ。
こういう気持であることを、お知らせしたいのだ。」

「乙若殿、あなた様は義朝様とそっくりな方のようですね。」

「そうなのだ。
それが弟であるのだからそうなのだ。」

「今どのようなお気持ですか?」

「このような供養をなされて、言いようのない気持なのです。」

「義朝様をお許しいただけますか?」

「それはあなたの願いなのでしょうが、そのことは後から考えさせていただきたいのです。」

「それでは、続けて供養させていただきます。」

「そのようにしていただいていいと思います。」


「義朝、こんな会話だったんだけど、乙若は、義朝と似てるみたいだと思ったんだけど。」

「どうであろうや。
あの者とて義朝と似ていると言われたからには、驚きを呈しただろうと思うのだが、あのものの言い方やら、反応の仕方やらが似ていたのだ。」と義朝。

「そうだったよ。
義朝は話してた?」

「話してはいないのだ。」

「義朝かと思ったよ。」

「それ程似ていたのだ。」

「だからあんなに毅然として、きつい気持を持ったんだね。」

「それであろうや。」

「義朝と似た人がいた。」

「それで驚きと喜びを呈したのだ。」

「うん。」

「為義がそういう人だったの?」

「そうなのだ。」

「似てたんだね。」

「そうであったのだ。」

「そうなのか~。
何か楽しいよ。」

「それであれば良いのだが、あの者とてまだ許さないと言ったのだ。」

「それは仕方がないよ。」

「祈るうちにご様相が変わるだろうと思ったのだ。」

「うん。
義朝がこんなことしてるのかって、びっくりしてたね。」

「それが驚きの様相であったのだ。
あの者とてこのようなことをこの義朝がなしているなどと、思いもよらぬことだったのだから当り前なのだ。」

「そうだろうね。
誰だってそうだろうと思うよ。」

「それが義朝という者であるがごとくに思われていたのだ。」

「そうだろうからね。」


しばらくして。

「この乙若と申すは、あなた様の供養によりてこれ程となりたからには、もう良いとの思し召されてよろしいこととなりましてござ候。」と乙若。

「源義朝様のことは、お許しいただけたのでしょうか。」

「それがとても良いご様相であれば、何ら文句のつけようがございません。」

でもまだ不十分に思ったので、終了にはしませんでした。


さらにしばらくして。

「あなたはまだおわかりでないのか。」と乙若。

「源義朝様については、お許しいただけたのでしょうか。」と私。

「それがもう良いからこそ、このように言っているのです。」

「私が基準としている充分な感じに、まだなっていないのです。」

「それが良いご様子のお知らせとなるべきものなのでしょうが、私の心はこれが精いっぱいの表現となるのです。」

「そうですか。
少し残念なのです。」

「それではもう1回とて、お祈りくださればうれしく存じ上げます。」

「はい。
貴方様も、ほかの皆様と同じ感涙をお流しいただいて、幸せにおなりいただきたいと思います。」

「それでは、そのようにしていただきたいと思います。」


さらにしばらくして。

「この供養とてとても良いのですが、源義朝様のご様子がよく感じられないが為に、反応のしようがないのでございます」
と言われました。


「義朝、こう言われたんだけど、どう思う?」と私。

「それでは、良かれと進ぜたのが間違いであるのだ。
もう良かれと思いきや、まだ少しの様相であったのだ。」と義朝。

「そうだったみたいだよ。
もう少し相手を想ってあげるといいんじゃないかと思うよ。」

「そのように呈することに致したいのだ。」

「うん。」


また話をきいてみました。

「それでは申しあげますが、そのようなお心とてとても思えぬご様相でありますから、そのような願いはかなえられないと思うのですが、これが良いご様相となるには、あのお方即ち源義朝様が大それた願いをされているわけではないごとくになっていただかなければいけないように思います。」


言われたことについて義朝と話し合ってから、また話をききました。

「源義朝様のお気持とて、そのようなものであったことが今思い出されたのですが、そのようなことこそ未だにお持ちのようでありますから、残念なのでございますが、そのようなことをお話し合いになられたことと言われれば少しは良くなられたご様子なのですが、あともう少しとも思えますが、あなたのお思いが心配なされていたのが印象的となりました。」


そしてついに涙が流れました。
私の同情の気持のせいだったみたいでした。

「そのようなお心があなた様から流れ出でましたからにはもう、どのようにも申さずとしておきましょう。
ご納得のいかないようですのでお話させていただきますが、このようなことをなされましたことが、我々の供養となり、充分に癒されましたと申せばよろしいのでしょうが、それがなされぬ間でもなくこのようなお心を感じさせられましたからには、もう由緒正しき道を滞らせていたものが溶けかかりましたために、終了とさせていただきたいのです。
このようなことがなければ未だ強いお気持がお残りであろうと思われたのですが、あのお方とてご同情の涙を受け取ったからには、なごみの気持であられるようになりはしましたから、これで良いこととなったのです。
あなた方がなされようとしていたのは、もっと徹底した祈りのご様子だったにもかかわらずこのようになられたのも、あなたのお心のご同情の至りが誠に涼やかだったからでございます。
これが我々の感想となりましたことを、お伝え申し上げたいと思います。
ご心配いただいている、我々の心がどうなったのかということにつきましては、あなたからのご同情のお心が浸み渡ったために、気持良くお離れいたしたいと思うようになっておりますから、ご心配いただくことはありません。
あなたのお気持がご同様に立場を同じくする者達を癒されることが、我々の黙想途中で出てまいりましたから、充分に満足を感じさせていただいておりますから、これからもそのようなご供養をなさっていただければ有難く思います。
あなた方がなされた供養の端々が、我々の心を癒し続けてきましたが、なかなか成就しなかったのはあの源義朝様のお心掛けが充分に成熟されていなかったがためなのです。
それもそのはず、あのお方のご成熟度と言いますのは、赤子のごとくだったからなのですが、あなたが引っぱり上げながら成熟へ向かわせようと努力されていたのですから無理もなかったのですが、やはり最後にはあなたのお心の方が強く私どもの心を癒すこととなってくださいましたから、源義朝様にはあれ以上はお求めになられずとも良かったのです。
それで良かったのです。
我々としては、これが満足の理由となりましたから、それが不十分な供養であったとは思われなくても良いのです。
有難く頂戴いたします。」


義朝がびっくりしていました。

「そうなのだが、驚きの様相だったのだ。
何も思う前から涙が流れたのだ。」と義朝。

「うん。小さい子供たちの中の年長だったから、自分がしっかりしないといけないと思って、健気に振る舞ってたんだろうなと思ったら、涙になったんだ。」

「それであろう。
小さな子供でありながら大人のふりをしたのだ。」

「そうだよ。
年上の兄弟たちはもう合戦に参加してたんだから覚悟ができてたけど、小さい弟たちはそうじゃなかったから、この子は(ここから義朝)気丈に振る舞ったのだ。」

「そうだよ。
そう思ったとたんに涙が流れた。
だから本当にそうだったんだよ。
胸の内を察してもらったから涙になったんだよ。」

「それであろうが、涙のご様相が今でも流れそうなのだ。
このようなご感激の様相となるには、敵方の者であるからこそなのだ。」




先々週末の、鎌倉・妙本寺の紅葉です。

20101225myohonji2.jpg


私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/03 11:16】 | 源義朝関係の祈り 2
鎌倉・寿福寺
鎌倉に出かけてきました。

今日も1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


まずは寿福寺。
義朝の屋敷跡地です。
普段は境内へ入れませんが、お正月だけ開いていると知って、来てみました。

20110103jufukuji.jpg


寿福寺は臨済宗鎌倉五山の3位で、開基は北条政子、開山(初代住職)はお茶を広めた栄西で、政子が頼朝の菩提を弔うために建立しました。

20110103jufukuji2.jpg


参拝すると、「この祈りはなかなかのものであったのでございますが、このような人騒がしい折にも一生懸命に祈られたことやら、有難く頂戴いたしたいと思います。」と言われました。

20110103jufukuji3.jpg


境内で、義朝が「ここでじっとしてほしいのだ。ここに門があったのだ。」と言いました。

「こんなところに?」

「そうなのだ」

いつも閉まっている門から4~5メートル中へ入ったところでした。

梅が咲いていました。

20110103jufukuji4.jpg


万両です。

20110103jufukuji5.jpg


寿福寺の後は鶴岡八幡宮に行きましたが、あまりの人の多さに、パスしました。

20110103turugaoka.jpg


鶴岡八幡宮を後にして八雲神社へ向いましたが、途中で妙法寺に寄りました。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/04 11:02】 | 神社仏閣参拝 5
鎌倉・妙本寺
お正月の3日に鎌倉に出かけて、寿福寺の後、妙本寺へ参拝しました。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目のまん中あたりにいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!


紅葉が、まだきれいでした。

20110103myohonji.jpg


梅の花が咲いていました。

20110103myohonji3.jpg


風情ある紅葉。
この辺にはいつも猫が数匹いて、訪れる人にすりよっていくので人気者になっています。

20110103myohonji4.jpg


さて今回は、本堂が正面のおっきな建物ではないことに気づきました。
もしかしたら初めての参拝(10年以上前)の時には気づいていたのに、とっくに忘れていたのかもしれません。

祈ると、こう言われました。

「このところが本堂であることを、ようやくおわかりいただけたのですから、おめでたいことと言わせていただくと共に、和やかにその祈りをお受けしたいと思います。」

20110103myohonji7.jpg


本堂前で咲いていた、椿です。

20110103myohonji6.jpg


妙本寺の後は、近所の八雲神社に参拝しました。

拝殿が開かれていて、中に入れるようになっていましたが、外からいつもより短く祈って終りにしました。
すると、境内で須佐之男命がいろいろと話してくれました。

歩行者天国になっている市街を、ゆっくり歩いて帰りました。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

冬のセール!!9日まで!!

石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/05 11:18】 | 神社仏閣参拝 5
朝長と義朝の容姿 11月29日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目のまん中あたりを、うろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


テレビで要潤という人を見て、朝長によく似ていると思いました。

「そうであるのだ。
あの者とてよく似ていたのだ。」と義朝。

「似てたの?」と私。

「全体のご様相がそうであっのだ。」

「じゃあやっぱり、反町隆史さんと似てるんだね。」

「それであったのだ。
あのお方の方がもっと似ているご様相なのだ。」

「そうなの。
義朝はやっぱり中村雅俊さんと似てるんだね。」

「それであるのだが、あんなにふっくらしてはいないのだ。」

「そうなんだね。
私もそうは見えないよ。」

「それであるのだ。
比較的すっとした顔立ちであるようなご印象を持たれているのだ。」

「うん。
丸くはない感じ。」

「それであるのだ。どちらかと言えば面長のご様相であるのだ。」

「そうなの。」

「それが義朝とて長い顔立ちとやらとはどういうものかと考えたのだ。」

「うん。」

「それでは長くないのではないかとひかりとて思われたのだ。」

「そのご様相なのだ。」

「うん。
中くらいだよ。」

「それであるのやもしれぬのだ。」

「朝長は、あんなに男らしいワイルドな雰囲気なの?」

「それであろうやと驚きの気持であるのだ。
あのような野性的な感じではないのだ。」

「そうだろうね。
性格が違うよ。」

「それであるのだが似てはいるのだ。」

「あの人をもう少し繊細にした感じだね。」

「それであるのだ。
そのご様相が、今日のお人と似ていたと思ったのだ。」

「うん。
そうだね。
朝長も、幸せになってほしいよ。」

「もっとも幸せというものがひかりのそばにいることであるからには、これが良い様相なのだ。」

「そうなの。」

「ひかりのご様相とて、このようなことが朝長の本当の幸せではないのではないかと勘繰っているんだが、そうではないのだ。
それがあの者とて幸せのご様相なのだから、これがいいのだ。」

「うん。
何が幸せかは、その時その時で違うからね。
今好きなことをできるのが幸せなんだね。」

「それであるのだから、ご心配いらぬことなのだ。」

「うん。」

「だがやはり気になるご様相なのだ。
そうなのだ。
ひかりがご自分のご様相が義朝と共にしかいられないものなのだから、朝長のお心を苦しめてはいやせぬかと思うのだ。
それでは嫌なご様相であるのだと思われるのだ。
そうなのではないかと思われたのだ。」

「うん、そうだよ。」

「それであるなら、他のどなたかとの結びつきがおありであれば、気が楽なのだ。
だが朝長とてそう急には、あなたが前世での夫であったと言って下さる者とのご縁をしつかまつることは簡単ではないのだから、それまでのご様相としてこのようになされて良いのだ。」

「そうなんだね。
きっと誰かが出てくるんだね。」

「それまでのことであれば、ご様相が良くなければ、ご仁としてこのままであれということなのだ。」

「そうだね。」

【解説】 この数日後、テレビCMで江口洋介さんを見て、義朝と似ていると思いました。
義朝は、中村雅俊さんと江口洋介さんを足して割った感じです。




先々週末、鎌倉の円覚寺・黄梅院で撮った、千手(11面?)観音。左はお地蔵様かな。

20101225engakuji6.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

冬のセール!!9日まで!!

石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります
関連記事
【2011/01/06 11:19】 | 霊との恋愛13 源義朝
源乙若の供養・2度目 11月22日のこと
源亀若のつもりで、源乙若の供養をしていたことに、供養をしてから気づきました。
亀若を呼びながら、私は心の中で、乙若殿だと勘違いして祈っていたのでした。

1日1回のクリック投票を、どうぞ覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目でうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。



源乙若は源為義の子で、義朝の弟です。
為義が保元の乱で敗れた時に処刑を命じられ、義朝の家臣によって13歳で斬首されました。
何も知らずに処刑場へ連れ出された4人兄弟の一番上として、気丈に振舞ったことが保元物語に書かれています。

祈りの後、義朝の家臣の誰かが4人の子供たちに対して、優しくていねいにこれから(処刑)のことを説明している様子が見えました。

「あなたが私どものイメージを受け取られたのですが、その時のことがこのように鮮やかにお伝えいただけたのは、あなたのお心が真摯になられたのが伝えられたからなのです。
このようなことが起こっていたことが今ようやくあなたに知らされたのは、ここまで祈っていただいたからなのですが、あのお方(義朝)はようやく静かな気持で祈っていただくようになられましたから、喜んでおりますが、それは今ひとたびの時間をお裂きになられてあのようなお声かけをなされたからだと思われますが、そのことが良くなられたのは良いことだと思います。
あなたとしては、地獄で過ごした時間がどのくらいであろうかとお考えのようなのですが、早1000年近くに及びますから、この供養がなされるのが早ければ良かったのですが、この度のこのような機会にでも、哀れむ気持を投げかけてくだされば、よりいっそうの励みとなります。
このことを、今しばらくお考えいただければと思います。
これにて終了させていただきます。」と乙若。


義朝と話しました。

「(供養の相手を)勘違いしてた。」と私。

「それでなのだ。
その者のご様相とて、乙若君のご様相であったのだ。
あのような地獄の長い呈されるご様相は、乙若君のご様相であるとして入ってきた霊聴だったのだ。」と義朝。

「このことを教えてくれたんだね。」

「そうであるのだ。
あのような地獄の様相に900年近くも居続けているがことを、このように話して下さったのだ。
だがあの者とて、供養は終りのご様相であったのだ。」

「そうだった。
こういう人がいるんだよ。」

「義朝が生き長らえたいばかりに、このような者とて地獄へ追いやったのだ。」

「そうだよ。」

「そのことが、今ようやくあからさまにされたのだ。
このようなことを、我がこととしてやってきたのだ。
これが地獄の様相でなければ何なのか。
このようなことが、この義朝のみ胸ひとつでなされたのだ。
このような者のこのようなご人生が、地獄行きとさせたのだ。
そのうらみつらみがなければ、そのようなこととならぬご様相であったかもしれぬのに、この義朝のひと言が、あの者の地獄の様相をこれ程長らえさせたのだ。
このようなことこそ、悔恨の様相であったのだ。
それがわからぬことだったのだ。
だからあの者とて、あれほどきつく反応されたのだ。
このようなことがあれば、この義朝とてもう何も穏便にできることを成し遂げねばならないことであったと反省したのだ。
これが良いことではあるまいから、このままではいけないのだ。
この供養とて、もう一度ご様相を呈したいのだ。
義朝の心からの願いとて、供養したてまつりたいのだ。
この者を、地獄からはい出す者とさせたい一心であるのだ。
このような者とて、地獄から出られずにいるのだ。
どのように思えば地獄から出られるのかが、わからないでいるのだ。
義朝と同じはずなのだ。
それがわかるように説いて聞かせれば、何とかなるやもしれぬのだ。
このご様相とて、ひかりの得意の場面であるのだが、それが義朝からのご提言であることが言われていただきたいのだ。
それが義朝からのご要請であるのだが、ひかりとて驚かれているのだ。
義朝がこの者に直接説教ということはできぬのであろうかと思っているのだが、それが叶うならそのようにしたいのだが、それは難しいご様相であるのだ。
それができれば良いのだが、この世の者とてそのようにできる特権とやらなのだ。
そうなのだ。
それがどのご次元にでも、行きつ戻りつができることとなるのだ。
このことができるからには、どうぞ呈していただきたいのだ。
ひかりがこのことを、読みてたてまつるだけでも良いのだ。
義朝がこのような思いでいるということがおわかりいただければ、何とやらとなるやも知れぬのだ。
このようなこととて何の効力も効果も及ばずとなれば、それはそれで仕方がないご様相なのだが、何もせずとはいられぬこととなるのだ。」

「そうだね。」

「それであるのだから、今度のご様相は、この者の供養にあてていただきたいのだ。」

「そうするよ。」

「それが良かれとなるのだ。」

「義朝は、やっぱり素敵な人だよ。」

「それであるやと思われたのだ。
あのように次元が低い者であるからお別れせねばならぬと言った矢先に、こう言われるのだ。」

「義朝のいいところはいいんだ。」

「それでは良くないところは良くないのだな。」

「そうだよ。
それは誰でも仕方がない。」

「それであるのだ。
義朝はこのような所が良いと仰せたのだ。」

「うん。」

「それでやさてにありなんと呈するのだ。」

「意味がわからない。」

「それではそうだろうということなのだ。」

【解説】 供養の間違いがきっかけで、乙若が地獄にいるらしいことがわかったので、義朝の要望もあり、さらに供養を続けることにしました。



1月3日の、鎌倉・寿福寺の紅葉です。

20110103jufukuji6.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

冬のセール!!9日まで!!

石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り
関連記事
【2011/01/07 10:42】 | 源義朝関係の祈り 2
カルマを浄化する過程というのは誰にとりても必要 11月22日のこと
源乙若の供養を続けました。

今日も1クリックを、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。



「私の為とあらば、お話させていただきたいと思います。」と乙若。

「よろしくお願いいたします。
今、どのようなところにお住まいですか?
お見せいただけますか?」と私。

「住居の様子はこうである。」

素晴しい庭が見えました。

「そうなのだ。
この庭が、禅寺の風流をかもしだしているのだ。」

「驚きました。
今、何か心や体に苦しみはおありですか?」

「このような供養をしていただいたからには、何も言われぬ良い気持じゃ。」

「この供養の前までは、心や体に苦しみはありましたか?」

「それが何者かのご様相にて心が軽くなったのだが、それが義朝殿の想いであられたのだ。」

「そうですか。」

「義朝殿が、我がことをご自分のように思われて涙を流してくださったのが、我が心を潤したのだから、このように今の幸せが成ったのであるが、そのことが立て続けに行われた為に、このことがしっかりとしたのだ。」

「義朝様の言葉を聞かれましたか?」

「知らぬが、わかっておるのだ。
その心が、ありありと伝わってまいったのだ。」

「そうですか。
良かったです。」

「このご供養を、追いつめられた者たちに分け与えたいほどであるのだ。
このような者がいつぞやの者(義朝)であるのが理解できたなら、これほどの喜びはないのだ。
あの者がこのようなこととなってこのようなことをなされようとは、これが奇跡とでもいうものであると思うのだ。
ここに感謝したてまつる。
乙若と申す者であったのだ。」




供養の後の、義朝との話です。

「乙若の供養は、とても良かったね。」と私。

「それでいいのやらと思われたのだ。」と義朝。

「うん。
義朝がそう思ったのが伝わって、もう地獄じゃなくなったみたいだったよ。」

「そうであったのだから、もう良いのだ。
それが地獄のご様相であれば、まだ供養を呈した方が良かったのだが、もうすでにあのようなさわやかな感じであれば、ご十分であるのだ。」

「そうだね。
良かったね。
義朝の想いだけで、もう地獄から出てたよ。」

「それであったのだ。」

「義朝は立派だよ。」

「そのようなこととて言われては、気恥かしい思いを呈するのだ。」

「でも本当だよ。
義朝がこういう人で、うれしいよ。」

「うれしかったのだ。
義朝が良きご様相であれば、義朝が何をしでかしたのだということが行われたのが、このようになったのだということを忘れたのだ。」

「そうだったね。
そうなんだった。
だからこうなったんだったね。
でも今の義朝は良かったよ。」

「とても良きことをなしとげたと思われたのだが、そのようなことでもせねばどうにもならぬようなことが、なされていたのだからなのだ。」

「そうだったね。
人として、当然の気持なのかな。」

「そうであるのだ。
そのようになさぬ者とて、人の仮面を着た者ということなのだ。」

「そうだね。
自分のカルマ浄化は、相手にとっても大切でしょ。」

「そうであったのだ。
おざなりではいけなかったのだ。
このようなことがあるから、ご自分のカルマを浄化する過程というのは誰にとりても必要なこととなるのだ。
相手のご様相が変化したてまつってこそ、ご様相の終了としたてまつるのだ。」

「うん。そうだね。」




1月3日の、鎌倉・妙本寺の紅葉です。

20110103myohonji5.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

冬のセール!!9日まで!!

石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り

関連記事
【2011/01/08 10:51】 | 霊との恋愛13 源義朝
あんな時代にあんなところに出くわしたら 12月2日のこと
これは、霊の義朝と朝長と3人で話した内容です。

今日も1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「保元物語を、ちゃんと読もうかと思うよ。」と私。

「大事な義朝の話なものだから、読んでおきたいやらと思われたのだ。」と義朝。

「うん。
それで義朝がここは間違ってると言って修正してくれるといいよ。」

「それがしつかまつられれば良かれと思うのだ。」

「発表するかどうかはわからないけど、発表するだろうね。」

「それでは何のための読書かということが違ってくるのだ。」

「うん、そうだね。」

「義朝とて、ご自分の物語がひかりにとりて、どのように思われるかということが知りたいのだ。」

「そうなの。
どう思うだろう。
憧れるかもしれない。」

「それでやそう変わらぬのだ。」

「他の人と?」

「それであるのだが、今でも憧れを呈しているのだ。」

「今の憧れはちょっと違うよ。
でもきのう少し読んだから、そのこと?」

「それなのだ。
ひかりとて武人の生き様が素晴しい様相と思うのだ。」

「うん。
執着がなくて、潔いから。」

「そうなのだ。そのような美徳を感じるのだ。」

「そうなんだ。
死を恐れない精神力の強さ。」

「そのようなものごとを感じるのだな。」

「うん。」

「それが憧れとしたてまつるのだ。」

「そうだよ。
常人じゃない感じがするんだ。
でも、ただの暴力だったと思う?」

「そうではないのだ。」

「俺たちだって一生懸命だったんだ。
あんな時代にあんなところに出くわしたら、必死で生きるしか身の施し方がないんだぞ。」と朝長。

「そうなんだね。」

「憧れでも何でもないんだ。
俺たちだけがあんな風だったわけじゃないんだ。
みんな誰彼ともなく、ああやって必死の形相だったんだ。
だから、ひかりがああしたこと(武士たちの供養)をしてくれるのが、誰からも喜ばれてるんだぞ。
あんなに大変な時代に生きたことが、これ程までに大きな物事だったと知らされて、懐かしむと同時に癒されてるんだ。
みんなそうなんだ。
誰もがそう思って喜ぶんだ。」

「義朝とて、ひかりの供養がなければこの程のことのようにはならぬ様相だったのだから、この供養こそが、この者どもの心のよりどころとなったのだ。
あの供養が、ひかりの口上とて唱えたてまつられることが、この義朝の心の光を灯したのだ。
このようなことが、あの世とこの世の結びつきを深める結果となったのだ。
だがひかりとて、このようなことを期待したわけではなかったのだ。
だがこのことが起ったからには、自在となりて、あの世とこの世の結びつきを活性化させたのだ。」と義朝。

「うん、こういうことがこれからもっと起るといいね。」

「それであるか。」

「そうだと思うよ。」





このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

冬のセール!!本日まで!!

石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り



関連記事
【2011/01/09 11:00】 | 霊との恋愛14 源義朝
江島神社、辺津宮と中津宮
8日の土曜日に、江島神社へ参拝してきました。

今日も1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

いつでも何だか明るい、江の島の海です。
20110108enoshima.jpg


江の島へ近づいていきます。
この日は、途中バスに乗り、2/3は歩きでやってきました。

20110108enoshima2.jpg


龍宮風の門があります。

20110108enoshima3.jpg


辺津宮。
祀られているのはタギツ姫命。
祈るとこう言われました。

「本日は誠にご参拝いただけましたことを、喜びをもって受け取らせていただきたいと存じ上げたてまつります。
この後のご予定としましては、中津宮などがひかえていらっしゃるごとくに思われますから、そのようにしていただければよろしいかと存じ上げたてまつります。」

20110108enoshima4.jpg


ここには弁財天の像があります。

20110108enoshima5.jpg


ご神木のむすびの木。
境内は、こんなカップルだらけです。

20110108enoshima8.jpg


久しぶりに来てみたら、こんな案内板があちこちに立てられていました。

20110108enoshima9.jpg


中津宮。
ご祭神は、イチキシマ姫命。弁財天です。

祈ると、こう言われました。
「本日はここまでいらっしゃったのですが、あなたのお気持はあまり晴れやかでないのです。
早く来すぎた(初詣の参拝客がまだ多かった)というお気持なのですが、いつでも構わないことなのです。」

20110108enoshima10.jpg


中津宮の後、いつものように島の奥へと足を運び、奥津宮へと向いました。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/01/10 11:03】 | 神社仏閣参拝 5
江の島神社、奥津宮と龍宮
江島神社、辺津宮(へつみや)と中津宮の後は、そのまま奥津宮と龍宮(わたつみのみや)へ参拝してきました。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

奥津宮です。
ご祭神は、タギリ姫命。

祈るとこのように言われました。
「本日はここにおきまして、そのような祈りを頂戴しましたことを、うれしく思いますと共に、このような祈りが弥栄えになられることを望みますことをお知らせ申し上げたいと思うのです。」

20110108enoshima12.jpg


奥津宮のすぐ隣にある龍宮(わたつみのみや)です。
ここが江の島内で一番エネルギッシュな場所だと私は思っています。

20110108enoshima14.jpg


中はこのようになっています。
話したことはあるんですが、義朝から待ったがかかったので、書かないことにします。

20110108enoshima15.jpg


龍宮の先には行かず、いつもここから引き返します。
行ったことのない人は、奥の海や洞窟にも行かれるといいと思います。

最近建てなおされた江の島の展望台です。
新しくなってからは、まだ一度も上がったことがありません。

20110108enoshima16.jpg


龍宮からの帰り道、奥津宮と中津宮の間にある、江の島大師に寄ることにしました。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください


関連記事
【2011/01/11 11:00】 | 神社仏閣参拝 5
江の島大師・最福寺
江島神社の3女神と龍神さんへ参拝してから、島内の江島大師(最福寺)に寄りました。

本日も、応援のクリックをどうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

20110108enoshima19.jpg


暖房が入っていて、暖かい中へ入るととたんに涙が浮かんできました。
座って祈っていると、有無を言わせず号泣になりました。
何で泣いているのか、全くわかりません。

霊の友人、義朝を思い出すことができたので、呼びました。
すると義朝はものすごく驚いて、大感激しています。
義朝を思い出せて良かった。
私が思い出さないと、義朝にはわからないんです。
私が義朝を思い出せば、義朝は私の感じていることを全て、感じることができます。

義朝が素晴らしいなどとしゃべって(ほとんど叫びまくって)いるのをさえぎるようにして、お不動さんが話し始めました。

「そなたと我との間には、このような信頼関係があったにもかかわらず、そなたに何も知られずにいたのであるが、今ひとたびのお時間をいただいて、お話したいのだ。

そなたが我を慕いしこと何100年かは差し置き、このようなこととなれば、どのようなご縁があったのやらと思われたのだが、お教えつかまつるにはまだ早いとのことを言われるのであろうかとも思われるのだが、そなたが我のところへお越しいただいたのも何かの縁であるから、このことだけは申し伝えておく。」

お不動さんはこう言って、お不動さんと私とのご縁を教えてくれました。

これを教えたかったから、あんなに泣いたというわけじゃないだろうと思います。
やはり去年1年の体験について、涙してくださったんじゃないかないと思いますが、そのことについてはひと言も言われませんでした。

そしてたぶん、本当は大山のお不動さんだったと思うんです。
大山不動のお不動さんは、神棚の横に姿絵をはりつけて、毎日ながめていますから。
大山へはなかなか行かないので、ここへやってきてくださったんじゃないかと思いました。

ここのお不動さんも、今まで良かったですが、こんなに良かったことはめずらしいです。
一方大山不動では、こんなことはままあることでした。

20110108enoshima18.jpg


義朝は、お不動さんをほめまくりで、惚れちゃったみたいです。
そら、あれを初めて体験したら、誰でもそうなるだろうと思います。
私はそれが須佐之男命で、その後何年間もほぼ毎度こんなんだったものだから、須佐之男さん第一になったんだから。

20110108enoshima17.jpg


江の島を出ると、富士山がきれいでした。

義朝が言いました。
「義朝は江の島が気に入ったのだ。
風光明媚なのだ。
鎌倉よりも江の島の方が、ひかりにはいいのだ。
愛してくれているのだ。」

20110108enoshima20.jpg


江の島へ入る時に撮影した場所で、もう一度撮りました。
夜になると、ロマンチックになる江の島。
湘南有数のデートスポットだけあります。

20110108enoshima21.jpg


バイバイ江の島。
自宅まで、歩いて帰りました。

20110108enoshima23.jpg



このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル
関連記事
【2011/01/12 11:02】 | 神社仏閣参拝 5
守護霊の霊媒は簡単 12月7日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


義朝は今日、スピリチュアルカウンセリングで相手の人の守護霊の霊媒になってくれてる時、とても簡単だと言いました。

「それは相手のお方との会話を呈していれば、それで良かれとのことなのだ。
義朝がただ普通に聴いたことを、そのままひかりが一緒になって聴いているのだから、何のことはないのだ。」と義朝。

「そうなんだね。
それはそうだろうね。
義朝は、(相手の人の守護霊に)波動を合わせるのがつらいことはないの?」と私。

「それではあるのだが、ほんの少しのことであるのだ。
相手のご様相が、義朝とひかりの波動まで下げてくださるのだから、それをしつかまつれば良いだけのことであるのだ。」

「そうなの。
前には、大変だっていうようなことを言ってたよ。」

「それは大変なこととてあるのだ。
ひかりの守護霊のご様相では、だめなのだ。」

「どうしてなの?
波動を下げてくれないの?」

「それであるのだ。
あのお方とのご様相は、ひかりが直接でなければならぬとのご意志を貫こうとしていらっしゃるがために、義朝とのご様相ではないのだ。」

「他の人の守護霊は、大変なことは何もなかったの?」

「それでやさりてありなん(そうであるだろうなあ)とのことなのだ。」

「なんだ。
大変だって言ってたから、心配したのに。」

「そうなのだ。
今や大変なことやら何もないご様相となったのだが、最初のうちにはどのようにしつかまつれば良いのやらというようなこととてお考え召されたのだから、悩みとなったのだ。」

「でもやってみたら、心配なかったってこと?」

「それでありや。」

「そうなの。」

【解説】 スピリチュアルカウンセリングの時、みなさんの守護霊が義朝に波動を合わせてくれて、義朝が話を聴いているのを私も一緒になって聴いているだけなので、とても簡単なことだそうです。
私にとっても、いつものように義朝に波動を合わせて聴いているだけなので、何の苦労もなく簡単です。




週末の江の島でかかっていた、ちょうちん。

20110108enoshima7.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/01/13 11:00】 | 霊との恋愛14 源義朝
義朝は、江戸時代の終りごろの言葉で話してる 12月9日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


義朝に、また言葉について聞きました。
義朝との会話のしくみがどうなっているのか、まだよくわからないところがあります。

「義朝は、霊の言葉で私に話しかけてるの?」

「違うのだ。」

「江戸時代の終り頃の言葉で話してるの?」

「そうなのだ。」

「それを私が自分にわかるように翻訳してるの?」

「それであるのだ。」

「義朝は、江戸時代の終りごろの言葉で話してるんだね。
だったら、江戸時代の終りごろの本を読めば、義朝と同じだ~って思うんだね。
調べてみたいよ。」

「そうしつかまつれば良いのだ。」

「これで言葉について、やっとわかったよ。
江戸時代の終りごろの言葉を翻訳してるんだった。」

「だがそれが義朝の本当の言葉であろうやということがわかれば、うれしいご様相となりてあろうことなのだ。」

「うん、そうだね。
早く見てみたい。」

「それであるのだ。」




週末に参拝した、江の島神社から見た海。

20110108enoshima11.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください



関連記事
【2011/01/14 11:10】 | 霊との恋愛14 源義朝
源亀若の供養 11月24日のこと
源亀若(みなもとのかめわか)の供養をしました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


源亀若は、源為義の子で、義朝の弟です。
為義が保元の乱で敗れたために処刑を言い渡され、義朝の家臣によって、11歳で斬られました。

供養を始めると、すぐに激しい涙になりました。
義朝がびっくりしていました。

「義朝とて何も思わざりしがそのようになりたてまつったのだから、義朝の思いを呈したからではないのだ。
それはひかりのご様相だったのだ。」と義朝。

「なぜこのようになったかと言えば、あなた方がご同情のお気持をお流しくださったのが、有難く感じたからなのですが、このようなことが未だになされているのが珍しいことと思えました。
あなたのご活躍のご様子をかねてからうかがっていた限りでは、非常にお力強いことと思われましたが、このようなお心の内を拝見しましたら、ご同情の様子が限りなく深いことがわかりましたから、ご同情の祈りとでも言わせていただきたいくらいです。
義朝様が私に対して祈っていただいたことが、また新たな驚きをもたらしました。
このお方がこのようになられたのも、あなたのご性格がなしえた事業とのことをお信じつかまつっていましたが、それこそ誤謬に彩られられた数々の困難を突破したあげくの完成と相成ったことと思われてなりません。
このような者の早口を、このように書き留めていただいていることが、ものともなくされていることを、驚いているのです。
このような現代の兵器(パソコンのこと)というものがおありなら、早口とも言えないこととなったようですが、これが私の思いのたけを綴らせていただきたかったからなのですが、ご充分に思われます。」と亀若。

「誤謬に彩られられた数々の困難を突破したあげく」ということを言われたので、私を守護してくださった存在に感謝を述べました。

「ありきたりではなかったのだ。
そなたの場合はそのようなことが立てつづけに起こってきたのだ。」と義朝。

さらに祈ると、このように言われました。

「大変美しい波動でお迎えいただきまして、ありがとうございました。
あなたのお心がけが、美しいのでございます。」と亀若。




週末に参拝した江の島神社の、龍宮(わだつみのみや)の鳥居。

20110108enoshima13.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル


関連記事
【2011/01/15 11:15】 | 源義朝関係の祈り 2
またもや2回連続のうそ 12月11日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も1クリックを、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。



義朝が2回連続でうそをつきました。

「もう義朝のことが理解できなくなってきたよ。」

「どうしてそんなに馬鹿なのかとお思いであるのだ。」

「そうだよ。
もう普通に人としてつきあうことができないみたいだよ。
義朝は、ティワー一族なんだね。
あの人達も普通じゃなかった。
人間としての感覚を持ってなかった感じがするよ。
義朝も、そうなんじゃないかと思うよ。
妖精みたいな存在だから、人としての感覚が理解できないんじゃないの?」

「それでや、もうすでに終りとなりたと思われたのだ。」

「そう思うよ。
もうこんなことは、やめにしないといけなさそうだ。
とても残念だよ。」

「ひかりとて、義朝が人間でないとのことを思われたのだ。」

「そう思うよ。」

「今までのことが、人間でない者とのことであったと思ったのだ。」

「そう思ったよ。」

「それでや、もう終りとなりそうなのだ。」

「もうこれ以上私が許すと、義朝にとって良くないと思うよ。
私にとっても、もうこれが終りの合図だと思うよ。」

「それが、このご時世に一緒に生きたいと願った者同志としての、最後の結末なのか。」

「仕方がないことだよ。
義朝は、私と一緒にいたいとは思ってないみたいだ。
私を、ひとりの人として尊重してないよ。
ただ自分の想いをぶつける相手がいてほしいだけだよ。
私はもう、そんな想いをぶつけられたくないんだ。
さよならだよ。
高級霊は、波動が下がるとすぐに立ち去ると書いてあったよ。
今日はこれで、2度もうそをついた。
もう終りにしていいということだね。
義朝はもう、終りにした方がいいと思ったんじゃないの?」

「それでや、これが義朝が出した結論だというのか。」

「そうだよ。
私が出したことじゃないよ。
もう次はないということは、言ってあったのに2度もだよ。
何を考えてるのかわからない。」

「それでや、人として何をどう思われているのかが、不思議であるということなのだ。」

「そうだよ。
私は、今度うそをついたら終りだと言ったんだよ。
それでも義朝はうそをついたんだよ。
義朝だったらどうするの?」

「それでや終了とのことであるのだろうが、義朝とてそのような手立てが思い浮かばなかったのだ。」

「それが不思議なんだよ。
義朝は考えることができないの?
霊なんだから、そういうことはないでしょ。
とにかくしばらく、義朝とは話すのをやめるよ。
そのまま話さなくなるかもしれないし、どうなるかわからない。
義朝はどうせまた元に戻ると思ってるだろうけど、今度は真剣に考えるよ。
仕事のこともあるから。」

「それでや、仕事上のパートナーということも終りになるやらということなのだ。」

「そうだよ。
いやもしかしたら、仕事だけ続けていくかもしれない。」

「それであろうや。
それが義朝と出会った最重要課題であるからには、一緒にしつかまつらねばならぬのだ。」

「朝長と話すよ。
話さなきゃいけないと思ってたから、ちょうどいい。」

「それでいいのだろうが、義朝とのご縁はどうなるのだろうや。」

「わからないよ。
仕事だけになるかもしれない。
もうほとほと嫌になり果てたよ。」

「それでは、それが義朝との最後のお言葉となりつかまつるのやもしれぬのだ。」

「そうだね。」

「ひどいご様相なのだ。」

「それは、義朝がしたことがひどいからだよ。
自分がした通りに返ってくるだけのことだよ。」

「それであったのだ。
それほどのことを、したまでだったのだ。」

「そうだよ。
今日は終りにするよ。」

「それでや、あまりに良くない様相であるのだ。」

「こんなことばかりだよ。」

「嫌になり果てたのだ。」

「そうだよ。」

「義朝とて、ご様相のご判断ができぬのであるから、お待ちいただきたいのだ。」

「どういう意味?」

「何がしつかまつったのかが、よくわからぬのだ。」

「それがわからないから、もう嫌になったんだよ。」

「そのようなご判断がなされるのだ。」

「そうだよ。」

「それでや、もう一度とはならぬご様相であるのだ。」

「そのことはもう言っておいたはずだよ。」

「それでもう嫌だと言うのだ。」

「そうだよ。」

「このような義朝とて、どうにやならぬとのことなのだ。」

「私から離れて、他の人と話すなり、学校に行くなり、他の学び方をした方がいいと思うよ。」

「このような学びをしつかまつる位なら、他の者との方が良いやらと思われたのだ。」

「そうだよ。
私といても何も変わらないなら、私からは離れて、よく考えた方がいいよ。」

「内省ということやらと思われたのだ。」

「他の人と話し合ってみたらいいよ。
義朝は知り合いが多いんだろうから。」

「それが良いやらとも思われたのだ。
もうしつかまつったのだろうやとも思われたのだが、それ程の速さではご無理なご様相なのだ。」

「そう。
義朝は、私を苦しめたことを何とも悲しんでなかったから、全然反省ができてない様子だったけど、やっぱりそうだった。」

「それであれば、予告がお当りとなったのだ。」

「義朝が心から悔いて、何がいけなかったのかがわかって、私を苦しめたことを悲しんでたくさん泣いたら、また話しかけてきて。
そうでなかったら、もう話しかけてこないでくれた方がいいんだ。」

「それでや、今にもう最後とするのだ。」

「そうするよ。」

「もうすでに宣言をなしていたのだから、その通りにするまでなのだ。」

「そうだよ。」

「何が誤りであったかがわからぬご様子であるのだから、もう何も言うことはないということなのだ。
それがお見捨てになるとのご様相なのだ。」

「私と一緒にいたのでは進歩がないみたいだから、私と離れた方がいいんだよ。
それで私の言ったことがよくわかったら、話しかけてくればいいんだよ。」

「それでや一旦お切りになって、離れてのご様相をしつかまつろうやとのことなのだ。」

「そうだね。
そのままになったきりかもしれないし、また元に戻るかもしれないけど。」

「それでや、義朝が変革を起こせば大丈夫なのであろうや。」

「私との話し合いではだめみたいだから、少し離れて他の人と話し合ってみて。」

「それでどうなるであろうやと思われたのだ。」

「うん。」

「そのままであるならもう終りとなすのだが、それが大変革となればまたのご様相となるであろうやと思うのだな。」

「うん。」

「それではそうしつかまつるのだ。」

「うん。」

【解説】 これでまた、先のことがわからなくなりました。




先週末に出かけた、江の島。

20110108enoshima22.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/01/16 11:19】 | 霊との恋愛14 源義朝
神社仏閣参拝、龍口寺
15日の土曜日は、江の島神社対岸の龍口寺へ参拝しました。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

この辺りは、鎌倉時代の処刑地があったところで、ここで日蓮上人が処刑されかかったところ、強い光が現れて助かったという場所です。

20110115ryukoji.jpg


精巧な彫刻。

20110115ryukoji2.jpg


ここの日蓮さんは、おっとり穏やかな感じです。

20110115ryukoji3.jpg


本堂です。
このお寺では、いつも暖かく迎えていただけます。
今回も涙ぐむ参拝になりました。

祈ると、こう言われました。
「ここにおきましてや、あなたの祈りが大変良きものになりましたことを、おめでたくお受け取りいただきながら、我々と共に喜びを分かち合うこととしていただきたいと思われるのです。」

20110115ryukoji4.jpg


日蓮さんが幽閉されていたという場所です。

20110115ryukoji5.jpg


裏山の上には、仏舎利塔があります。
この仏舎利塔が、江の島神社からもよく見えています。

20110115ryukoji8.jpg


龍口寺を出ると、近くの満福寺まで歩きました。

このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります

関連記事
【2011/01/17 10:41】 | 神社仏閣参拝 5
神社仏閣参拝、満福寺、小動神社
江の島対岸の龍口寺に参拝してから、近くの満福寺まで歩きました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

満福寺は、源義経に関係のあるお寺です。

20110115manpukuji.jpg


ここに書かれているのは、こうです。

「源義経と腰越

鎌倉時代前期の武将、源義経は、幼名牛若丸、のちに九郎判官と称した。
父は源義朝、母は常盤。源頼朝の異母弟にあたる。
治承4年(1180)兄頼朝の挙兵に参じ、元暦元年(1184)兄源範頼とともに源義仲を討ち入洛し、次いで摂津一ノ谷で、平氏を破った。帰洛後、洛中の警備にあたり、後白河法皇の信任を得、頼朝の許可なく検非違使・左衛門少尉となったため怒りを買い、平氏追討の任を解かれた。
文治元年(1185)再び平氏追討に起用され、讃岐屋島、長門壇の浦に平氏を壊滅させた。
しかし、頼朝との不和が深まり、捕虜の平宗盛父子を伴って鎌倉に下向したものの、鎌倉入りを拒否され、腰越に逗留。この時、頼朝の勘気を晴らすため、大江広元にとりなしを依頼する手紙(腰越状)を送った。
しかし、頼朝の勘気は解けず、かえって義経への迫害が続いた。」

義経は頼朝へ反旗をひるがえしましたが、奥州まで追われて滅亡させられました。

20110115manpukuji2.jpg


祈ると、このように言われました。

「あなたがここに参られたのは、義経公とのご関係からなのですから、そのようにお受け取りしたいと思いますが、このようなお寺ではなく、あのお方を祀られた場所にでも詣でたいお気持のようなのです。
それが現れたからには、厳粛におひかえしたいとの心がけを給われたが為に、今はこのように純粋なこの祈りの功徳だけをお受け取りになられようとしているのですが、それでよろしいやらと思われましたからには、お喜びと共に受け取らせていただきたいのです。」

20110115manpukuji3.jpg


お寺の中には、腰越状が展示されていますが、以前に見ましたので、今回は入りませんでした。

このような歌が掲げられていました。

20110115manpukuji4.jpg


満福寺の後は、お向いの小動(こゆるぎ)神社へ参拝しました。

ここは、佐々木一族が勧請した須佐之男命の神社で、江の島神社末社の八坂神社の元宮でもあります。

祈るとこう言われました。
「本日はここに参拝のご足労をいただいたのだが、このようなことは久しぶりのこととなりたのだ。
そなたの御用とて大きくなりたのだから、余程うれしかろうやとて、この須佐之男の御子神がなにとぞ申しける。」

「須佐之男さんのお子様なのですか?」と私。

「それであろうや。
このところに存じておるのは、そのような者なのであるからには、毎日来ずとも良い。」

「わかりました。」

ここの神社では、普段は須佐之男命のご分霊が、須佐之男命のお仕事を勤めていらっしゃるようです。

20110115koyurugi.jpg


先週の江の島往復は歩き過ぎて、数日間疲れが取れなかったので、今回は電車で帰りました。


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/18 10:56】 | 神社仏閣参拝 5
源義朝と共に歩いて行かねばならぬ 12月12日のこと
義朝が2回連続のうそをついた次の日は、ちょうど鎌倉の八雲神社に参拝したので、ご祭神の須佐之男命に相談しました。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「これからのこととあらば、源義朝と共に歩いて行かねばならぬとぞ申しける。」と須佐之男命。

「あの方のうそをつく癖が、どうしても苦痛です。」と私。

「それでそなたの意地を試すこととなるのだ。」

「意地ですか?」

「意地というのは何のことかと思われたのだが、そうでなくてはならぬという意地の張りようが、良いこととなってしつらえられぬことがあるということなのだ。」

「どう対応したら良いやらと思います。」

「それがそなたの意地を試す機会とやらなのだが、そなたとしてはこのような機会がなくては、意地を張りたいようなのだ。」

「あの方には、理性を働かせるということがまだ難しいのでしょうか。」

「それであるやらということがわかっていながら、なぜ意地を通すのだ。」

「意地なのですか。」

「それであるやらが、試されているのだ。」

「困った相手なのですが。」

「困った者が下級霊界にいるのが当り前であるが、その者がどのように進歩成長していくかがそなたの腕前であるのだから、何も意地を張らねば何とかなるのだ。」

「何とかなるんですか?」

「意地を張らぬのが良い。
あの者とて、これ程までに素直にそなたの後をついてきておるのだから、何も言うでない。」

「何もですか?」

「それでいいのだ。
そなたが我をこのように慕うようになったのが、あの者との出会いのずい分前のことであった。
そなたが我を想うように、あの者はそなたを想っているのだ。
あのころのそなたを思うが良い。
どのような者であったかを知れば、あの者を邪険にすべからずということがわかるのだ。
日記を読めば良い。
どれほど未熟者であったかが書き記されているのだから、その為に残してあるのだ。」

「そうでした。」

「それがために大切なノートとなったのだ。
そなたの自慢話以外に、卑屈な話がいろいろと書かれていたはずなのだ。
それが宝となることがわかったがために、そなたは最初から一冊も捨てずに残したのだ。
自分の弱さや未熟さが書き残されていたことが貴重であるのだ。
それが大切に思われたがために、残したのだ。
捨て去らずにおいたのは、それが理由だったのだ。
それが今、役に立つのだ。」

【解説】 そのノートを読み返しはしませんでしたが、私はまた思い直すことにしました。
義朝は、この須佐之男命の言葉をとても喜んでいました。



先週末に訪れた、龍口寺の五重の塔です。

20110115ryukoji6.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/19 10:48】 | 霊との恋愛14 源義朝
源鶴若の供養 12月18日のこと
義朝と一緒に、源鶴若の供養をしました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。

愛の紋様とは友愛のことで、この世の人類愛と言って良いと思います。



源鶴若は源為義の子で、源義朝の弟です。
為義が保元の乱で敗れたために、為義の男子全員の処刑が言い渡され、義朝が処刑させられました。
鶴若は、9歳でした。

心はきれいなんだけど、すごく個性的な性格が伝わってきました。
戦場カメラマンの渡部陽一さんを思い出しました。

「そのようなこととて、おありだったのでございますか。(義朝とのいきさつ)
それがこのようなことにご発展となったのですか。
ありがたいことと存じ上げると共に、義朝殿のご活躍を肝に銘じてお知りになられたしと、他の武将共にもお教えしてさしあげたいのです。
このようなことこそ奇跡と申すまでもなく、良いことをなされているがごとしでございます。
有難やとご進ぜまします。
このことをお知らせ申し上げたいと思いました。」
と言われました。

それからさらに、このように言われました。
「なかなか良い祈りだったのでございますが、源義朝様がそ知らぬふりだったのが残念だったのでございますが、あなたとしましてはそのようなことが本当なのだろうかとお思いのようなのですから、これからお尋ねになられれば良いと思います。」

義朝に聴いてみたら、
「もういかにも大丈夫そうであったのだから、もう良いやらと思ったのだ。」
だそうで、気持を入れ替えてもらいました。

ここで私の守護霊の高砂命が、供養に力添えをしてくれました。
すると、このように言われました。

「このようなこととは驚き入りましたが、そのようなことをしつらえていただいたことが、喜びとなりましたことをお知らせしたいと思います。
そのようなこととは関係なく、本日の喜びとは別のことが起りましたが、義朝様としましてはまだお気持が充分でないところがおありのようでした。」

それでまた、義朝との話し合いをしました。

「義朝が不十分だと言われたんだよ。
できるだけのことをしてね。
愛の紋様で思ってあげてね。」と私。

「そのようにさせていただくのだ。」と義朝。

「あなたが祈ってくださったことに関しましては、我々ともども感謝の意にたえないのですが、源義朝様からのご想念がまだ、よくおわかりと言いにくいものであったがために、少し躊躇の念が出てまいりましたことを、お伝えいただきたいと思います。」
と言われたために、さらに義朝と話し合いました。

そしてようやく涙がにじんで、このように言われました。

「そのようなこととあれば、あなた方の祈り方がどれほどの功徳(くどく)をもたらすかをお教えさしあげようかと思います。
この祈りひとつであなたの功徳は、いく万倍かの物事を完了したこととなるのです。
これがなぜそうなのかと申し上げれば、あなたが今おっしゃられた物事(祈りの内容)が本当になるや、この霊界中の者が絶賛することとなるからです。
このことがあなたの功徳となれば、あなたの人生が光り輝くものとなりますが、それが目的ではないことやら、何のおもしろみも感じていらっしゃらないのを目の当たりにしましては、感心する他ないのです。
あの義朝様のお心が、私どもの気持を良くしてくださったのです。
あのお方とて、同じ功徳をもらいになられるのです。」

【解説】 これで供養が終了しましたが、この功徳の大きさについては、本当かどうかわかりません。
こういうことを本気にすると、ドッキリテレビみたいなことになるかもしれないと思いますし、言われた通り、功徳を得たくて祈っているわけではありません。



先週末に訪れた、龍口寺から見えた江の島。

20110115ryukoji9.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル
関連記事
【2011/01/20 10:54】 | 源義朝関係の祈り 2
この世が幽界のようになれば 12月24日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も1クリックを、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「義朝のオーラが、ヒーリング前でも緑になったよ。」と私。

「うれしかったのだ。」と義朝。

「そうだよ。
義朝の成長があまりにも早いよ。
霊だからなんだね。
義朝は、本当に素直だからだよ。」

「それでや現界の者とやらは、あのような地獄波動の中で生活しつかまつっているがために、足かせが多いのやらと思うのであるのだ。
だから何かがなければ、このような早いご様相での進歩成長とやらは、あり得ぬとまで言えるご様相であるのだ。」

「そうだね。
義朝には邪魔がないんだね。
この世には、邪魔がいっぱいなんだね。」

「それであろうや。
このようなことをしつかまつらねばならぬのだという喜びとて、あまりないご様相であるのだ。」

「このようなことをしないといけない喜びって?」

「このようなこととは、このような精神の進歩成長の喜び事ということなのだが、そのような物事とてあまりないご様相であるのだ。」

「そうなんだよ。
みんなただ生きるだけで終わってしまうんだよ。」

「それであれば、何やらんということとなってしまうのだ。
千年生きたとて、50年生きたこととて同じとなるような者の集まりともあろうことなのだ。」

「そうなんだよ。
でも義朝もそうだったんでしょ。」

「それだにこの程のことと言えば革命が起こったようなものであるのだから、非常なる進歩のご様相と相成っているのだ。」

「そうだね。」

「義朝は1ヶ月で1000年分成長してるよ。」

「それであるや、このようなひかりとのご様相をしつかまつったからであるのだ。」

「そうだね。
義朝にとっては、ものすごい有利なことになってるんだよ。」

「それであるのだ。
このようなこととて霊界にやあらず、この世の者にもあらず、この世の良いところが進ぜられれば霊界でのご様相とてわからぬこともあるのが多かれとなったからには、このような進歩が急激なこととなされたのだ。」

「うん。」

「義朝がこのように成しとげられたからには、他の者とてどのようにお考えであろうやとも思われたのだが、他の者とてあのような危険なことをかいくぐらねばならぬのなら、あきらめるやとのことであるのだうと思われたのだが、これからのご様相が幽界の進出となろうものなら、このような者とてお増え遊ばすであろうやと思われたのだ。」

「そうだね。
この世が幽界のようになれば、この世の人にとっても、霊界の人にとっても進歩が速まっていいことだよ。」

「それであるのだ。
それが早、義朝にも起こったのだと思われたのだ。」

「うん。
そうかもしれないよ。
先走りだね。」

「それであるのやもしれぬのだ。」

【解説】 この世が幽界のようになるというのが、いわゆるアセンションのことです。




先週末に訪れた、龍口寺の五重の塔の前で咲いていた椿。

20110115ryukoji7.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/01/21 10:45】 | 霊との恋愛14 源義朝
鎮守の神社のご祭神のお話 12月26日のこと 
以前は毎日参拝していた鎮守の神社へ、久しぶりに参拝しましたら、長いお話をしてくださいました。

1日1回のクリック投票を、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新


「あなたがいつも私のところへいらっしゃって、この祈りを捧げ続けて下さったことが、今では良い思い出となりました。

このことが長らく途絶えていたのは、このようなこと(霊聴を聴く事)が可能になられてのことだったのだと感慨にふけっておりますが、またの機会を待たずともこのようにお越しいただければと思いました。

中略。

今年の初詣以来、あまり多くはお目にかかれなくとも、あなたの毎日の祈りは届けられていましたから、このようにお迎え致したわけなのですから、お気を引けぬことをお願い致したいと思いますが、

中略。

あなたが私をお慕いくださったことがこのような長い文面に表れているとのことをお考え致していらっしゃるようなのですが、あなたとの大きなお仕事が、ここでくり広げられたことが、私としましては感慨ひとしおだったのです。

このようなこと(霊聴)が可能となられたからには、余程大きなお仕事ができることとなられたご様子なのですが、そのことがこの辻堂でなされたことが誇りとなりましょうやと言い足させていただきたいのです。

このような参拝のご報告がなされるようになったからには、この重大なお仕事がなされることがあなたの務めであると思われてなりません。

このようなお話ができるようになったことが、次第に大きな喜びとなってきたご様子なのですが、これもここ辻堂での生活の隅で行われたことが有難く思われていることをうれしく思うのでありますが、この神社が時として参拝に不向きとなるや、ご乱心遊ばしたことがおありだったのですが、それとてこの神社の氏子との壮絶なお話し合いとて行われたるや、何事もなきにせば(もしないとしたら)、私がご調整しつかまつったからなのでしたが、お気づきにあらせられる由もなかったのでしたが、このようなことこそ、この辻堂方面でのカルマ出しとのことを思われるやもしれませんが、そうではあったのですが、良きに計らわせていただいたのです。

この夜が、これ程長い文面をお書きになることとなろうとは思われなかったのようなのですが、このように書かせていただいたのは、ひとえにあなたと私とのご信頼の証とでもお言いつかまつりたいのです。

この宵の素晴らしいことづてが、あなたにとりましても一生の思い出となるやということが、今ようやくおわかりとなりはじめたのです。

それ程のご信頼というものが、私からあなたへと積み重ねられていたからには、いつものような短いご参拝ではあらせられずとも良かれとされずに、このような大きな感動をするものとなったのですが、あなたとしても、何がこのようなご信頼となったのやらと思い至られようとしているのですが、私とあなたのご関係とあらば、あの時のことから始まったわけでありますが、あのような一度取り壊されたところでのご参拝が始まりとなってから早10年以上の年月をこのようにお慕いくださったがためなのです。

あなたがなされた祈りの仕事とやらの一部始終を、私はご覧いただかせていたわけであるのですが、その内容とあらば、私の知る者の中でもとりわけというものだったのですから、このようなご信頼の暁とならなければ、おかしいとまで言わせていただきたいとも思うのです。

あなたがこれから成しとげられていくようなこととて、私の手の内から離れてからのことと言えども、あまりにたくさんのご様子でありますから、今宵のこととておわかりかねるようでしょうが、申すまでもなく大成されたしと願わくは、私個人のお望みでもありますから、そのようにお受け取りいただきたいのです。

このような宵の参拝としては、あなたの習慣と化していたのが思われてなりませんが、それは昼間の喧騒を避けられてのことだったのです。

あなたとしては昼間の方が良かったにもかかわらず、近所の者との軋轢やらが避けられぬこととて、このような静かな宵げを選ばれたのでしたが、今宵もまたこのように思われたがために、このようなお時間となったというご様相だったのです。

このことが残念に思われるとも、仕方のないご様相である事はあなたもよくご存じなのですから、申し上げにくいことながら大謝致したいと思います。

ここにてこれ程の長文となるや、思いもよらなかったがために、驚かれているご様子なのですが、この鎮守の神としての働きを存分とさせていただきたかったのでございます。

中略。

このまま終了とさせていただくことやらと言わせていただきます。

あなたのご本尊(守護霊のこと)とて、この会話をお喜びいただけたようなのですから、あなたがご満足であることがこの手の中にすっかりと入り込むように握られたのです。

有難くしつかまつられましたことをお話したいと思いますが、このような宵のこのようなお話ができたことを、感激の思いでお受け取り願えたことがうれしく思われます。

これにて終りの言葉とさせていただきたいのです。」



先週末に訪れた、龍口寺の仏舎利塔前で咲いていた、ガザニア。

20110115ryukoji10.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれながら、激安のお店。
この評判をお聞きください


関連記事
【2011/01/22 11:10】 | 霊との恋愛14 源義朝
神社仏閣参拝・遊行寺
時宗(じしゅう)総本山の藤沢・遊行寺(ゆぎょうじ)へ出かけてきました。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

境内では、骨董市が開かれていました。
何かと、市民とのふれあいを大切にされているように感じるお寺です。

向うでお祈りされているのは、開祖の一遍上人です。

20110122yugyoji.jpg


本堂は、中へ入って祈ることができます。
祈ると、このように言われました。

「本日は、ここにようこそおなりいただきました。
私共は、あなたの想念をいずこから来たりてやとお思いでしたが、このように一度お出でになられれば、もうよろしかれと思うのですから、これからはそのようにお思いになられた時には、あなたからのものであることが、わかることとなりたのです。」

20110122yugyoji2.jpg


境内の宇賀神です。
弁財天とも言われます。
正確には、弁財天の頭の上に載っている蛇さんのことです。

20110122yugyoji3.jpg


放生池。
「生類憐れみの令」が発布された時に、江戸中の金魚・銀魚が集められて、ここに放されたのだそうです。

今は、藤沢めだかという絶滅寸前のめだかが飼われているそうですが、ぱっと見つけることはできませんでした。

20110122yugyoji4.jpg


遊行寺を出ると、近くの白旗神社まで歩きました。
源義経目当てです。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれている、激安商品いっぱいのお店。
この評判をお聞きください





関連記事
【2011/01/23 10:49】 | 神社仏閣参拝 5
神社仏閣参拝・白旗神社で義経と会話
週末の土曜日は、時宗(じしゅう)総本山の藤沢・遊行寺(ゆぎょうじ)へ参拝した後、近くの白旗神社へ向いました。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。



白旗神社は、源義経をご祭神とする神社です。

20110122shirahata.jpg


こう書いてありました。

「古くは相模一の宮の寒川比古命の御分霊を祀って、寒川神社とよばれていた。しかし、創立年代はくわしくはわからない。
鎌倉幕府によって記録された『吾妻鏡』によると、源義経は兄頼朝の勘気をうけ、文治5年(1189)閏4月30日奥州(岩手県)平泉の衣川館において自害されたその首は奥州より新田冠者高平を使いとして鎌倉に送られた。高平は、腰越の宿に着き、そこで和田義盛・梶原景時によって首実検が行われたという。伝承では、弁慶の首も同時におくられ、首実検がなされ、夜の間に二つの首は、此の神社に飛んできたという。このことを鎌倉(頼朝)に伝えると、白旗明神として此の神社に祀るようにとのことで、義経公を御祭神とし、のちに白旗神社とよばれるようになった。弁慶の首は八王子社として祀られた。」

20110122shirahata2.jpg


このような鎮霊碑が建てられていました。

20110122shirahata5.jpg


こういう理由だそうです。
胴体と首を、合わせて祀ったということみたいです。

20110122shirahata4.jpg


祈るために拝殿に近づくと、義経の声が聴こえてきました。
数回聴いたことのある、さわやかで優しげな声です。

でも念の為、義朝に確認すると、義朝は義経だと言いました。

参拝すると、A5のノートにほとんどすき間なくびっしりと5ページ分、話してくれましたが、一部を書き写します。

「この参拝が何とぞ行われますようにと祈りていましたから、このように実現のみぎりとなりましたからには、うれしいことよと思わせていただいたのです。

この程のような、大変な物事(去年一年間で経験した霊的なこと)がもう起らねば良いがと思われているご様相を拝見しつかまつるに、ご同情より極まれど、あのようなことのなきにせば(なかったとしたら)、このような筆記たりともならぬことでありたのですから、堪忍のご様相を今しつかまつった事やらが、花開いているのですから、お祝いとも召されることとなりたのです。

このことが、何かにつけて、あなたの人生の焦点となりてや行くであろうことが見定められているのですから、今後のこととて、何かしらのこととておありになりた場合には、ここへ詣でていただきたいとやら思し召しているのですから、そのようにお考え下されば有難きこととなるのです。」

参拝の後、また義経から話しかけてきたので、義朝に確認しました。

「義朝、義朝、これは義経なの?」

「大丈夫なのでありや。
義経なのだ。
ご一緒にしつかまつっているのだから、義朝が守っているのだ。」

それから義朝に、義経はいい人だから、今までの先入観を解いた方がいいというようなことを説得されました。
確かに、とてもさわやかで波動も高い感じがします。
朝長も、ずっと以前に「あいつはいい奴だ」と言っていました。

20110122shirahata6.jpg


神社を出ると、神社に入る前に義経が入って欲しそうだったお店に入りました。

「あなたが私が望んだように、そのような豪華なお茶を召しあがって下さる事が記念になるやらとお思いいただいたのですから、何とぞ楽しんでいかれていただきたいのです。

義朝殿とのお話をしつかまつっていらっしゃる間に、私共(義経と頼朝)のことが言われたようなのでしたが、この世のこととて、未だに高じていらっしゃるのではないかとのご心配はいらぬのでありますから、本当に仲が良くていらっしゃるのだろうかとの思いを呈されずともよろしいやらと言わせていただくのです。

あなた方のような現界に住んでいるご様相では、事実のひとからげが動かせぬこととなりますが、こちらの世では、どうにでも動かすことのできるものでありますから、もう本当に仲良しと言われる程となりているのですから、そのことをお信じつかまつっていただきたいと思うのです。

このようにお出でいただいたことが、これ程長い文面となろうやとは思いもよらぬこととなされしが、このこととて大事のことであるが故に、このように書かせていただきたしと思われたのです。」

運ばれてきていた、ココアを飲みました。
私は散歩の時にはいつも、ペットボトルのお水を飲むだけなので、「豪華なお茶」になりました。
火傷しない程度に冷めて、猫舌の私にはちょうど良くなっていました。

「義朝、義朝。」とまた義朝に確認しました。

「この言葉とて、義経のものであるやらということなのだが、そうなのだ、そうなのだぞ。
このようなこととなりたのだが、義朝とて、あの者のなされようは、素晴らしきことであるやと思われたのだ。
このような食事のご様相を招かれたのだ。
このようなことこそ、誰もしつかまつらねど、あの者はなしたのだから、特別な思いやらと思いとどまっていただきたやと思うのだ。」

これで、義経との距離がぐっと近づいた感じになりました。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル
関連記事
【2011/01/24 11:06】 | 神社仏閣参拝 5
不幸な者が霊界に存在している限りは、不幸が絶えぬ 12月8日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「この程のご出立(義朝が下級霊界から出たこと)とて、このようになったのだが、このようなひかりの祈りとてなければ現実にはならぬことだったのだ。」と義朝。

「それはそうだよ。」と私。

「それがあったからにや、ようやくこのような陽の目を見ることとなったのだ。」

「そうだね。」

「それが祈りのご真髄とでもあるのだから、広めていただきたいのだ。」

「広めてるよ。
でもみんな、自分が幸せになることしか興味がないんだ。」

「それが自分の幸せであると思っているのだ。」

「そうだよ。
自分が幸せになるために、自分のことだけを考えるのが幸せになる方法だと思ってるんだ。」

「それでや誤謬が広められたのだ。」

「利己主義って言うんだ。」

「それでお幸せとのことなど、ありはせぬのだ。
霊界にはその人のご親せきとかや、ご親類の類がぞろぞろといたてまつるのだが、その者どもが不幸のご様相であれば、そのご様相をしたてまつるのであるから、ご本人以外の者とて不幸のお気持となるのだ。」

「不幸が伝わるの?」

「それであるのだから、誰彼ともなく皆が幸福であるようにしたてまつるのが良いのだ。
それがご自分の幸福のご様相ともしたてまつることとなるのだ。」

「そうだろうと思うよ。
だけど、そんなことはめんどうだから信じたくないと思ってるんだよ。」

「それでやこの世の者とてご不幸であるのが当然とのこととなるのだ。」

「そう思う?」

「それであるのだ。
だがご自分のご様相とて不幸の発信基地であったのだから、人のことをとやかくは言えぬことなのだが、この世のご様相とて、不幸な者が霊界に存在している限りは、不幸が絶えぬこととなるのだ。」

「そうだろうね。
それは先祖供養というのが基本なの?」

「それであろう。
先祖の中から不幸な者がいなくなれば、ご自分のご様相の中から不幸な者がほとんどいなくなるのだから、これが幸福の第一歩となるはずなのだ。」

「前世のことは現界の人にはわからないから、仕方がないね。」

「それであろうや。
前世の物事はしつかまつらねど、せめて先祖供養とてしなければならぬと思し召していただければ、下級霊界の者どもとて、もっと早くにご出立となる者が大量に出てくるにや相違ないと思うのだ。」

「そうだろうね。
子孫が知らんふりだから、下級霊界から出て行く力がないんだね。」

「それであるのだ。
ただ思いを呈してやればいいのであるが、それができぬのであれば供養とのご様相をとられれば良いこととなるのだ。」

「生きてる人からすると、知らない人だったりするからね。」

「それであるのだが、生きている者が死んだ者のことを知らない程の昔の者が下級霊界にいる場合であれば、供養とのご様相しかないのだが、知っていたらば、その者のことを心の底ででもずっと愛の想いで見守っていれば良いのだ。」

「そうなんだね。
そういうエネルギーが届くかどうかで、霊界の人に(ここから義朝)元気を与えずにいられないのだ。」

「ずっと思っていられればいいけど、供養を習慣にしていれば自動的に思うことができるわけだね。」

「それであれば良かれとのことであるのだ。
ご面識のない先祖とて、エネルギーを送ることができるのだ。」

「そうだね。」




先週末の土曜日に、遊行時で寄って来た猫です。

20110122yugyoji5.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/25 11:00】 | 霊との恋愛14 源義朝
下級霊界の者を援助しつかまつっていただきたい 12月8日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。

愛の紋様とは友愛のことで、この世の人類愛と言って良いと思います。
愛の発露とは愛による性欲のことで、この世の愛情と言って良いと思います。


「本当は、こんなこと(下級霊界にいた義朝を、この世から救済したこと)しなくても何とかなったんじゃないの?
それを実験してみたんじゃないの?」と私。

「それであれば、これほどの大事件とならぬこととなるのだ。」と義朝。

「そうだよ。」

「これでやどうにでもしつかまつるのであれば、下級霊界の者とて直ちに出立となるのだ。」

「そうなの。
霊界からの援助で難しかったから、現界からが良かったの?」

「それが良かったのだから、このようにしつかまつったのだ。」

「現界からの方が効果があるということなんだね。」

「それであるのだから、もっと現界の者が下級霊界の者を援助しつかまつっていただきたいのだ。」

「どうして現界の者からの方がいいの?」

「その方が現界の者の波動が低いのであるから、届きやすいとのことなのだ。」

「愛情が理解しやすいの?」

「それでやあるのだ。
愛のご様相にしつかまつっても、愛のご様相が愛の紋様でしかない霊界の者とて、下級霊界の者をどのよう愛するにや友情としつかまつるのだが、現界の者とて愛の発露でのご様相で愛するのだから、下級霊界の者としてはちょうど良いご様相となるのだ。
それが先には愛の紋様となれば尚良いのだ。
それが現実に行われたのが、ひかりとのご様相であったのだ。
このようなしつかまつり方がよろしいのだ。
愛のご様相とて、下級霊界の者の心の類いとよく同調できることとなるのだから、よく通じて行くのだから、ご自信を持っていただきたいのだ。」

「そうなの。
でもあんな苦しい目にあわされて、だまされまくるんなら、危なくて人にすすめられ(ここから義朝)た義理ではないとおっしゃられるのだ。」

「そうだよ。
私だけだよ、こんなこと平気でやってしまったのは。
平気じゃなかったけど。」

「それでは他の者とて、このような苦しみを呈することなどせぬこととなるであろうと言うのだな。」

「そうだよ。
普通に供養する程度しかできないよ。」

「それで良いやらと言うのだ。」

「普通に供養すればいいの?」

「それであるのだが、供養の程度がしつかまつらねど、したようなご様相でないのだ。」

「供養できてないってこと?」

「それであるのだ。
あまりにお粗末なのだ。
それでは下級霊界の者にまで届いていないご様相であるのだ。
だからひかりの供養代行とて、必要とあらばあのように召されたのだ。」

「そうなの。」




先週末に訪れた遊行時では、このようなお正月の特別展が開かれていました。
重要文化財の、後醍醐天皇の掛け軸が見られます。
私は1年前に見たので、今回は入りませんでした。

20110122yugyoji6.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
1月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/26 11:00】 | 霊との恋愛14 源義朝
義朝は、須佐之男命と高砂命の霊媒はできない 12月31日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


義朝の波動が上がってきたので、須佐之男命と私の守護霊の高砂命の霊媒をしてもらえるのではないかと考えました。

この2人は波動が高すぎて、義朝は霊媒にもなれないため、私は自力でつながらなくてはいけないので、四苦八苦しています。

それが変更できるかどうか、須佐之男命と守護霊に聴いてみたら、まだだめだと言われました。

「残念であるのだ。
あのようなお方々とて、どうしてもこの義朝がしつかまつるには波動が高いと思われているのだが、それでやあのようなお方々とてどのような波動であるのやらとお思いなのだが、それはあまりの波動の高さとて、この義朝とて目もくらむほどであるのだから、ご無理と呈されたのだから、仕方のないご様相であるのだが、しごく残念であるのだ。
この義朝とて、もっと波動を上げてしつかまつれば、このご様相とて耐えられるようにやならぬかと思うのだから、そのように致したいのだ。」と義朝。

「そうなの。
義朝にとって無理だっていうことなの。」と私。

「それであるやら。」

「私にとっても、自分で話ができた方がいいからと言われたよ。」

「それであるやらが本当のご理由であるかのごとくに言われたてまつったのだが、本当のご理由とて、義朝の波動が低いやらということであるのだ。」

「そうなの?
でもそれなら、仕方がないよ。」

「それであるやら。
残念至極であるのだ。」

「義朝はそんなに残念がるだなんて、何だか楽しい人だよ。」

「それであるやら。
何が楽しいのかわからぬ。」

「素敵な人だよ。」

「それであるのやら。
そのことが残念であるのが当り前であるのだから、そのようにお思いになられたのだ。」

「そうだね。
でも、やる気のない人が現界には多いから、現界の人ならくやしがったりしない人が多いんじゃないかと思うよ。」

「それであるやら。
現界の者とて、このようなことでくやしがらぬのであるか。」

「霊界は、自然に振る舞うのが当たり前になってるんだよ。
現界は、不自然に振る舞うのが当たり前になって、何が自分にとって自然なのかがわからなくなってる人も多いんだよ。」

「それやら現代病というのだとひかりの脳髄が仰せたのだ。」

「そうなんだ。
霊にとっては当り前なんだね。
やっぱり霊界はいいところだと思うよ。」

「それであるやら。
だがそのこととやらは、これからなしていかねばならぬことであるのだ。」

「そうなんだね。
義朝が波動を上げていかないと、可能性はないんだね。」

「それであるやら。」

「今はまだ、一時的に紺色にもなったことがあるという程度だからね。
今日はブルーグリーンだったし。」

「それであるがごとくであるのだから、まだご無理なご様相であったのだ。」

「そうなんだね。」

【解説】 やはり義朝に頼まず、悪戦苦闘しながら、自力で
霊聴を聴き続けることになりました。



先週末に訪れた白旗神社で祀られていた、毘沙門天のお宮です。
仏像でしたが、神式で祀られていました。

20110122shirahata7.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/01/27 11:24】 | 霊との恋愛14 源義朝
自分には何もないけれど、あなたが愛してくれる 1月4日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。

愛の発露とは愛による性欲のことで、この世の愛情と言って良いと思います。


サウンド・オブ・ミュージックをテレビで見ていたら、マリアと大佐が結婚を決めたところで、義朝がこれは義朝の気持と同じだと言いました。

それは、「自分には何もないけれど、あなたが愛してくれる」という歌詞についてでした。

「それでありや。
この義朝とてこのようなことであるがために、下級霊界のご様相であったものを、義朝であるやというばかりで、ひかりが灯を灯して連れて出てくれたご様相であったのだ。
このようなこととてなければ、今もずっと下級霊界のご様相であったものを、ひかりの愛の発露がこのように光ともなって義朝を導き連れ出したのだ。
このことが思われたのだ。
あのような修道女とて、何も持ってはいなかったのだ。
父親すらいなかったのだから、教会のバージンロードをひとりで歩いたのだ。
あのような者とて、あのように愛されたのが、この義朝と重なったのだ。
義朝には源義朝という名がありやと思われたのだが、それとて何も役になど立たぬのでありや。
ただこの場とてそうでありやとの名ばかりであるのだ。
それがこのひかりとて、つらくお思いであるやとのことをご認識あそばされたがために、この世からの救出と相成ったのだ。
あのようなこととて、何ともしつかまつらねど、どうしようもなければ、このような作戦と出られたのだ。
このことが功を奏したばかりか、このような愛をしつかまつられたのだ。
これがこの義朝とて、愛されるがごとくとならしめたのだ。
義朝たるや、ひかりとのご様相とてこのような者と恋愛をしつかまつるご様相と良く似ておるやと思われたのだが、このようなこととて現界にはいくらでもあるやとのことをひかりが思われるに、そのような物事を知りたやと思われたのだ。
ひかりとてよくご存じであるがために何とも思わず恋愛のご様相となったのであるが、義朝とてご様相とてあまり知らぬであるがために、愛することとて難しかるや。」と義朝。

「そうなんだね。
恋愛ドラマなんかを、これからはもうちょっと見た方がいいかもしれないね。」と私。

「そうであるや。
義朝とてよく知りたや。」

「映画を見てると、すぐに涙か出てくる。
以前よりも涙もろくなってる。
これは義朝が泣いてるの?」

「それであるのだ。
霊であるのだから、そうなのだ。」

「感受性が鋭いんだね。」

「それであるのだ。」




近所の公園で咲いていた、ノースポールです。

20110127-1.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも激安のお店。
この評判をお聞きください



関連記事
【2011/01/28 11:39】 | 霊との恋愛14 源義朝
私は神仏を選んだ 1月7日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も1クリックを、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


浅野和三郎「新樹の通信」で、新樹が龍宮乙姫に会うところを読んでいた時、
「そのようなこととて、なぜ思い出されているのだ。」と義朝。

【解説】 義朝は、私の心の中が全部読めているので、私が思い出していることもわかります。

「参拝したんだもん。
若狭で。
とっても素敵な人なんだよ。
大好きなんだ。
姿は見てないけど、ほんとに素晴らしかったんだよ。」と私。

「そのようなこととて、なぜに現界の者がご自由になされていたのやらと不思議としか言いようがないのだ。」

「祈りだから、通じていくんだよ。」

「祈ったわけでもなかったようなのだ。」

「そうなんだ。
神社の境内全体が、そうやって清々しく迎えてくれたんだよ。
忘れられない気持良さだった。
2~3回行ったけど、いつでもそうだった。」

「それであるや、余程良いご相性とみえるのだ。」

「そうなんだね。
そうだったよ。
乙姫さんだったよ。」

「素晴らしいのであるや。
このような面持ちたるや、先ほどの伊勢神宮とてなかなかであったが、こちらの方が良いのだ。」

「ありありと感じてるでしょ。」

「それでありや。
素晴らしいご様相が、まぶたにも胸にも感じられるのだから、大それたことであるのだ。
畏れ多いことであるのだ。
まるで、ご一緒に参拝つかまつったようなのだ。
うれしやと思われたのだ。」

「良かった。」

「これが伊勢やらどこやらで、いつでも感じたのだと思われているのだから、大したことであるのだ。
何がこのように分け隔てるのやらとの疑問を呈したのだが、これが神が選びたもう人と下級霊界へ堕されし人との違いであるとのことを思われたのだ。」

「それは、本当は何も違わないんだよ。
自分の思い方が違うだけなんだよ。
神が選んだんじゃないんだよ。
自分が選んだんだよ。
私は神仏を選んだんだよ。
義朝は選ばなかったんだよ。
それだけのことなんだよ。」

「それであるか。
そうなのであるか。
ご自分のご様相が、そのように選ばれし者を決めるのであるか。」

「「選ばれし者」じゃないんだよ。
「選んだ者」なんだよ。
今これから義朝は、ずっと神仏を選べば、いつでもずっと神仏は応え続けてくれるんだよ。」

「それでや、思わなかったことがご縁を結ばなかった理由であったのか。」

「そうだよ。」

「それが理由であれば、いつでもお思いになられようと思うのだ。」

「それがいいよ。」

「それでや、そのようなことと思わなかったのだ。
神仏とのご縁は、神仏に選ばれし者とのことであるやと思われたのだ。」

「違うんだよ。」

「それでや、本当であるかどうかがおわかりとなるはずだと、ひかりは今思われたのだ。」

「そう思うよ。」

「それでや、お楽しみあれと思われたのだ。」

「うん、そうだよ。
義朝は、これでまた幸せになるよ。」

「そうなのか。」

「そうだよ。」




近所の花いっぱいの公園で咲いていた、菜の花です。
まだまだこれから育っていきそうです。

20110127-2.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/29 11:03】 | 霊との恋愛14 源義朝
鶴岡八幡宮・源頼朝の墓
きのうは、鎌倉の鶴岡八幡宮と源頼朝の墓に出かけました。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


20110129turugaoka.jpg


厄除け大祭が行われていました。
厄年の人が、次から次へと祈祷を受けていました。
まあここの神社の祈祷を受ける人の多さには、いつも感心します。

20110129turugaoka2.jpg


大銀杏のなくなった境内は、寂しいです。

祈ると、個人的なことで少しお話くださいました。

20110129turugaoka3.jpg


鎌倉国宝館に入りました。
浮世絵展が開かれていて、葛飾北斎や歌川広重の絵が並んでいました。
それから境内を出て、頼朝のお墓へ向いました。

今回頼朝のお墓に来たくなったのは、前回、白旗神社で義経ととてもいい感じで話せたからだと思います。

ここも白旗神社で、頼朝のお墓のすぐ下にあります。
ご祭神は、源頼朝。

20110129yoritomo.jpg


お墓へ向う階段が、整備されています。

20110129yoritomo2.jpg


こう書いてありました。

源頼朝は義朝の嫡子で、平治の乱の後伊豆韮山にながされていた。
治承4年(1180)北条時政の応援を得て、平氏追討の兵を挙げたが、石橋山の合戦に敗れ海路安房にのがれた。しかし関東各地の家人の支持を得て鎌倉に入り、寿永3年(1185)平氏一門を滅亡し、ついで奥州の藤原氏を滅ぼして、全国を平定するにいたった。
頼朝は源氏の御家人武士を統制するため侍所、ついで公文所などをおき、幕府の組織をととのえ、右近衛大将となり、さらに征夷大将軍に任ぜられて、幕府を開いた。
正治元年(1199)53才で亡くなった。墓の下方の平地は当時の幕府跡である。

20110129yoritomo3.jpg


参拝すると、こう言われました。
「あなたがこうして私のところへまたお出でいただいたことが、大変うれしいのです。
このようなことがなされしが、とてもあの時には思われぬこととて、今のお幸せやらが、とても良かれと思われるのです。」

20110129yoritomo4.jpg


頼朝のお墓を降りると、荏柄天神へ向って歩きました。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/01/30 11:15】 | 神社仏閣参拝 5
鎌倉・荏柄天神社
週末の土曜日は、鎌倉の鶴岡八幡宮と源頼朝の墓の後、荏柄天神社へ参拝しました。

応援クリックを、ぜひよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

いつ来ても目の覚めるような、明るい境内です。

20110129egaratenjin6.jpg


荏柄天神社は菅原道真を祀った天満宮で、全国で3番目に古いのだと、人力車のお兄ちゃんが大声で解説してくれていました。

20110129egaratenjin.jpg


参拝すると、「本日はここへわざわざお越し下さいましたことを有難く申し上げますと共に、」という言葉で始まり、私との個人的なご縁についてのお話がありました。

紅梅が、そろそろ見ごろを迎えていました。

20110129egaratenjin2.jpg


鎌倉一の早咲きだそうです。

20110129egaratenjin3.jpg


白梅は、もうちょっとで満開という風情でした。
境内にはたくさんの梅の木が植えられていて、これからどんどん咲いていきそうです。

20110129egaratenjin4.jpg


そろそろ梅の見頃に入ってきたので、これからは毎週末、梅の花を追いかけてあちこち出かけてみようかと思います。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/01/31 11:02】 | 神社仏閣参拝 5
霊能者のスピリチュアルライフ


須佐之男命に守り導くと言われて22年。カルマ浄化、悟り、自己実現の後に、神や霊と会話しながらの生活になりました。

最新の記事

紫野ひかりの世界

紫野ひかりのプロフィール
紫野ひかりの悟り
祈らら紫野ひかり Facebook
個別のご相談はこちらへ


カルマ浄化の祈り指導

内面の進歩成長を援助

霊媒への相談が2800円

インナーチャイルドを調べて癒す

霊にカウンセリングしています

心身共に1ヶ月間いい気分

わかる人に選ばれています
祈らら
祈ららトップページ
スピリチュアルライフ・サーチ
スピリチュアル専門のサーチ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

過去の日記と趣味の日記

有料メンバーズブログとおしらせブログ

「祈らら有料メンバーズブログ」はスピリチュアルライフ日記の3~5倍程度の情報量で、毎日更新中です。
会報は隔月刊行で有料メンバーズブログの抜粋です。

「祈らら有料メンバーズブログ」と会報は、祈ららの祈りを進めている方のみ、こちらでお申込みいただけます。

「祈らら・おしらせブログ」は、祈ららの祈りを進めている方にパスワードを発行させていただきます。
こちらへお問い合わせください。

有料メンバーズブログ、おしらせブログ共に、祈りをお休み中の方もお申し込みいただけます。

ボランティア

いつも何かのボランティアに参加していよう

ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン

我が家のナッツはこちらの卒業犬です
happypaws-banner2.gif 

いつでも里親募集中

ブログ内検索

更新情報をおしらせします

My Yahoo!に追加

Add to Google

RSSフィード

新しいアンケートです

下の方にもアンケートがあります

アンケート投票

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。