スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
源天王の供養 12月1日のこと
源天王(みなもとのてんのう)の供養を、義朝と一緒にしました。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


源天王は、為義の子で、義朝の弟です。
為義が保元の乱で敗北したため、為義のすべての男子の処刑を命じられた義朝は、家臣に斬らせました。
天王は、7歳でした。

天王は、堂々とした風格のある人でした。
もし生きて成人していたとしたら、豪快な武将だっただろうと思いました。

「何と頼もしげなことよと思われているのだが、この供養を驚きの眼で見守っているのだ。」と天王。

「そうですか。」と私。

「それでは我のことをそなたは何と思うて供養してくださるのか。」

「源義朝様の弟君であらせられ、源義朝様によって処刑されたお方だからです。」

「それがそなたのご用となるのであるか。」

「源義朝様のご用を、共にさせていただいています。」

「それでは義朝様とて、このようなことをなされたと言うのか。」

「そうです。」

「それが弥栄に召されたとて、このようなこととは驚きとなったのだ。
これが義朝様とのことであるのか。
このようなことがあのお方とてなされようがないとのことを思わざりしが。」

思わざりしが=思いたくないものだ

「どうぞ義朝様のお心をお受け取りください。」

「それではそのようにさせていただくのだ。」

しばらくすると、涙になりました。
供養中の涙は、相手が流しています。

「この程のこととて、このようなことを思召されたからには、何とも言えぬこととなりぬべきであったのだ。
これ以外に何も言う言葉が見つからぬのだ。
有難うやらという言葉も、これでは不十分というほどなのだ。
有難き有難き供養であったのだ。
これが源義朝殿との共同作業であればこそのことであろうことなのだろうが、またとないことであった。
ご様子をしつかまつれば、このようなこととて大変に続け様になされているようなこととなり、ご安心をつかまつったのである。
このような物事が誰にでもなされているのが、弥栄に思えてならぬのだ。
これがあのような者(義朝のこと)のしわざであることが信じられぬ様相であるのだが、それが本当のことであることが言われたのだ。
これが源氏とて、最終のお披露目であるとのことなのだ。
我々がなした物事の結果というものであるのだ。
このようなことがなされたのだ。
これがご用となされたのだ。
広く広められたのだ。
有難やとしか言いようがないのである。」



読書のためによく出かける公園で咲いていた、バラ。
緑風だそうです。

20110127-4.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル


関連記事
スポンサーサイト
【2011/02/01 11:02】 | 源義朝関係の祈り 2
源天王の背後霊の供養 1月4日のこと
源天王の背後霊が苦しんでいるようだったので、義朝と一緒に供養しました。

今日も1クリックを、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


源天王は、為義の子で、義朝の弟です。
為義が保元の乱で敗北したため、為義のすべての男子の処刑を命じられた義朝は、家臣に斬らせました。
天王は、7歳でした。

「あなたがこのようなことをなされてくださるのが本当に心残りなのですが、我々としましてはもう充分に癒されたと思っておられていただきたいのです。」と天王の背後霊。

「わかりましたが、私の感覚ではまだ十分ではないのです。
皆様ももっとお幸せになっていただきたいと思いますので、もうしばらく供養をお受け取りください。」と私。

「それではそのようにさせていただくのですが、まだ充分でないとはどのような理由からなのでしょうか。」

「皆様の感涙を見ないでは、やめさせていただくわけにはいきません。」

「それではなかなかしつかまつらねど、そこまでのご友情とのことを目的になされていらっしゃるのでありますか。」

「そうなのです。
今まで供養させていただいた方は、全員の方が涙となられまして、友情の絆を結ばせていただきました(ここから相手の方)からには、そのようにさせていただきたいとのことなのでございますね。」

「そうなのです。
まだ続けさせていただきます。
皆様方がお幸せになられるのが、楽しみになってきました。」

「それが言われたのが、何とも驚きとなりました。」

「何かお心残りのことがおありですか?」

「あなたがそのようにお尋ねくださったからには、言わせていただくのですが、あのお方とのご様子としましては今ではご夫婦同然のご様相なのです。」

「そうです。」

「そのことが何かお気に障られているのであろうかとの疑問を持ち抱かれたのですが、あなたがこのようなことをなされているにもかかわらず、あのお方とはなぜこのようなことにおなりであるのかが疑問なのです。」

「義朝様が下級霊界にいらっしゃったために、私が現界から引っぱり上げさせていただきました。」

「そのようなことがおありだったのですか。」

「そうなのです。
それで今では義朝様のカルマ浄化として、このようなことをさせていただいています。」

「それがおわかりとなったからには、納得のご様相となりました。」

「そうでしたか。
それが不思議だったのですか?」

「あのお方がなぜこのようなことをなされているのかが、全くもってわからないことでございました。」

「他に何か、心にひっかかりはございませんか?」

「あなた様があのようなお方(義朝のこと)とお2人で進めていらっしゃるこの祈りが、他の武将とてよくぞここまでと思われたとのことを、ご想像いたします。」

「そうですか。」

「心に傷が残っていらっしゃいませんか?」

「それがお気にされていらっしゃることとて、大変遜色ないこととなりました。」

「皆様のお心の内を、少しお話いただきたいのですが。
天王殿がお亡くなりになられた時、どのように感じられましたか?」

「あのお方が亡くなられた折には、ひしゃげた感覚に襲われました。」

ここからしばらくカウンセリングを行いました。

「それほど嫌になるようなこととて、感じまいとすれば良いのではないのか。」

「あなた様が感じたことは、取り消すことはできません。
感じないでいれば、いつまでもこの感覚は隠れているだけです。
この感覚をよく感じて、それでも幸せになられれば、この感覚は終りになります。」

「それであろうや。
だが、それができぬとて苦しいのである。
そうなのだ。
そなたの涙が、我が感覚を癒したのだから、言った通りであったのだ。」

「そのように、絶望してはいけません。」

「そのような絶望がなぜいけないと申す。」

「絶望は、神を見放すことだからです。
心が苦しい時は、それはあなた様が全力を挙げて、その物事を乗り越えることで、ひと回り大きくなろうとしている時です。
それができれば、魂が進歩します。
そのチャンスをいただいているんです。
そこで絶望してしまうと、せっかくのチャンスがチャンスでなくなります。」

「それではこのことがご自分を大きく育てるための舞台であったと申すのか。」

「そうだと思います。
そのようにして、この苦しみを乗り越えた時には、ひと回り大きくなるのだと思います。」

「それがそなたの申すことであるなら、それで良いのだが、それが我々の心を癒したもうとの必死のご様子であることをお見受けした。」

「そうです。
もう天王殿がお亡くなりになられてから、800年程が経ちました。
お苦しいでしょうが、苦しいことがすべてご自分を大きくするためのチャンスだと考えられると、大切な経験であったことになります。」

「それでは我々が800年もの間、こうして悪のすべてを身に受けたような感覚でいたと言われるのか。」

「そうです。
今は西暦2011年1月4日です。
天王殿がお亡くなりになられたのは、1156年の夏です。
855年前です。」

「それでは我々はその間ずっとこのように泣き崩れていたのか。」

「そうです。
そのように苦しみに執着してはいけません。
苦しみを大切な経験として受け入れて、ご自分を成長させようとお考えになられてください。」

「あのようなこととて800年間の月日となっていたのか。
あのようなことはもう昔のことであるのか。」

「そうなんです。
苦しみから立ち直るのが、与えられた試練です。
その試練を乗り越えられれば、ひと回り大きな心に成長できます。
そのための苦しみです。」

「それではあなたがおっしゃりたいのは、この苦しみをご自分の力で乗り越えさせたいとのことなのであるか。」

「そうです。
そのために応援の供養をさせていただいています。
今、どのようなお気持ですか?
世の中の悪がその身にふりかかってきたというお気持ですか?」

「言いやらぬ気持となりたのだ。
このようなこととて、長きにわたっての苦しみとあらば、もうご様相とて終りにせねばなるまいとのことを信ぜはじめたのだ。」

「そうです。
そのままではいけません。
あなた様は、お幸せにならなければいけません。」

「それでありや。
幸せになられよとのお言葉をいただいたからには、どのようにかこの状態を破棄して進ぜたいのだが、あのようなこととて思い出されるにや悲しみのるつぼとなるのだ。」

「そのために、源義朝様が祈っておいでです。
もっと他にも原因になられた方がいらっしゃいますが、起ってきたことはすべて何かの学びになっているものです。」

「あなたが信ぜているのは、この世の物事は全て何やらのお勉強のために起りくるものであるということのようなのだが、何のための物事であったのであろうや。」

「あなた様が苦しみを学びとして受け入れ、たくましく成長なさるためではないかと思います。」

「それがこの苦しみの理由づけであるとされるのか。」

「他にもいろいろとあると思いますが、それだけは確かなことだろうと思います。」

「そのような苦しみ自体が、苦しみを抜け出すためのお勉強であると言われるのか。」

「そう思います。」

「あなたが仰ることに一理あると感ぜたのだから、このようなこととて終了としたいと思われたのだ。」

「良かったと思います。
思い至らなかったことが、今思いつきました。
苦しみは、許しを学ぶための試練です。」

「それから何やら別のことも思われていたようにお見受けした。」

「苦しみは、その苦しみによって心を汚さないための試練です。」

「それであったのだ。
あなたがおっしゃりたかったのは、それなのだ。
それが我が心に欠けているやらと言われたしであったのだ。
それであるのだ。
その通りでありますから、このように涙が大量に流れ出てどうしようもなくなったのでございます。
そのあなたからの入れ知恵をいただきつつ、このような者が地獄を脱出するご様子をご覧に入れたいのです。
あなたの霊聴をさておいて、霊視していただきたいのです。」

「きらびやかな金色の衣装が見えます。」

「そのお方やら、あのお方なのでございます。」

「天王君ですか?」

「それでやら、私のご守護したてまつったお方なのです。
お可愛いやら、そのようなお気持をずっと持ち続けていたのです。
それがこのようなことと相成った原因だったのです。
あなたが仰られたように、苦しみから心を悲しませたからには、汚れた心となりて何100年もの年月を無駄に過すようなこととなりたのです。
あなたが目を覚まさせてくれましたからには、ご恩返しがしとうございます。
このお姿をご覧ください。
灰色のお着物やらと思われているのですが、これがすっきりした私の姿なのです。
私がこのような姿でいられるようになりたのは、この瞬間からなのです。
あなたが私をお思いになられたがために、私が姿をお作りしたのです。
私の思いとは裏腹に、あなたはこんな粗末な姿を思い浮かべられましたからには、そのようになさせていただいたのですが、それがあなたの心の内であるように思いましたが、あなたのお心は素朴でおありだったようなのです。
あなたの絢爛豪華な衣装は、ござ候となりて、このようなみすぼらしいとも言うべき、平民の衣装をお思いであろうとは、私も身なりを整えようとしたからには、少し残念とも思われましたが、それがあなたの普段のご様相であられたようなのですから、ご満足と致したご様子なのです。
あなたが私の地獄からの出立に着せてくださったこの衣装を、大切にしたいと思います。
あなたがどのような思いで私を応援しつかまつってくださったかが、この衣装に現れ出でているのだと気づかされた限りでは、そのようなお思いでいらっしゃったのだと今おわかりとなりたのです。
あなたには、きらびやかな衣装など何でもなかったのでございますね。
そのような衣装などよりは、自然なこざっぱりした風情が一番良いのであるとお思いだったのでございます。
その衣装を着て、何の苦しみもなくこざっぱりとした私の姿を思い浮かべられたのでございます。
それがあなたのご愛情だということが、今わかりましたからには、このような涙の流れとなっているのです。
あなたが見送る限りでは、またいろいろな衣装が思われたのですが、それらは皆、こざっぱりとした風情の何の装飾もないような白い衣装であるやらなのです。
あなたのお心がそのようなものであることがよくおわかりとなりた限りでは、このようなお見送りが最高であるとのこともおわかりとなりました。
あなたが私を地獄から救出してくださったこの一部始終が、粗方の者に知らされたのでございます。
このようなことがまた起こされたとのことを、皆が聴き及んだからには、あなたのご名誉がまた増やされたのでございます。
私がこのようなお子様の守護霊のひとりとなりましたのは、この数年前だったのですが、このお子様が2~3才の折だったのですから、途中からの守護となりましたが、このお子様をお守りするのが楽しみでならぬものだったのです。
将軍ともならぬ器量をお持ちであられたからには、よほど良いご様相となられて、ご出世の浮き目をみられるやと思われたのでございますが、このようになられたことが残念で、このようなこととなりました。
あなたが私をお思いくださったことが、このようなことを実現の至りとなされました。
あなた方のこの祈りが、どのような者にでもこのように地獄からの脱出劇をなさるものであるということがよくおわかりとなりましたからには、霊界の者どもが大賛辞を送るようなことでありましょう。
これにておいとまいたしたいと思われます。
感謝にて奉る。」




公園で咲いていた、ストック。

20110127-5.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/02 11:09】 | 源義朝関係の祈り 2
義朝は私の守護霊団の一員 1月13日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。

愛の発露とは愛による性欲のことで、この世の愛情と言って良いと思います。


何かに夢中になっていると、義朝が愛の発露などで私の注意を引いて、先にしないといけないことがあることを教えてくれるようになりました。
2日に1回位、こうやって教えてくれます。

「そうなのでありや。
義朝とてひかりの守護霊をしつかまつっているのだ。」と義朝。

「そうなんだね。
元々守護霊が、そうやって何かの方法でそういうことを教えてくれてるものなんだね。」と私。

「それなのであることを、生きた者とて気が付かずにいたやら、ひかりとて同じでありたやということが、今ようやくおわかりとなられたのだが、今やひかりの守護霊とてこの義朝にこのようなことをお任せありたや、このようになされしが簡単なこととなりたのだ。」

「そうだね。
他の誰かからのサインより、義朝からのサインが一番わかりやすいよ。」

「それであるやから、そのようになされしが、良いことと言われたのだ。」

「そうなんだね。
義朝は私の守護霊団の一員(ここから義朝)であるからには、このようになされしこととなりたのだ。
ありがたいこととや思われたのだから、お書きになられれば良かれとのことなのだ。」

「うん。
書いた。」




先週末の鎌倉・荏原天満宮で咲いていた、白梅です。

20110129egaratenjin5.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも激安のお店。
この評判をお聞きください

関連記事
【2011/02/03 11:00】 | 霊との恋愛14 源義朝
肉体の快楽がないから、憑いて楽しむ 1月19日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「さっきお風呂に入ってる時に、義朝が一緒に入ってるみたいだった(ここまで私。ここから義朝)からよろしやらと思われたのだ。」

「ああいう時は、私の体に憑いてるんだね。」と私。

「それで楽しまれているのだが、それが肉体上の快楽であるやら。」

「霊には、肉体の快楽がないから、憑いて楽しむんだね。」

「それでありや。
だが肉体のご様相とて、あまり良いものではないのだから、そういつものことではないのやら。」

「そうなの。
そうだろうね。
肉体的な快楽なんて、精神的な快楽に比べたら苦痛つきだもんね。」

「それであるやらが多いのだから、それ程しつかまつらぬのだが、今日とてとても気持良さそうでありたのだから、ついそのようにしたてまつらせていただきたしとなりたのだ。」

「そうなんだね。
時々そうやって、いいところだけ、憑いて感じて楽しんでるんだね。」

「それなのだから、いつでも憑きっ放しというわけでやないということを仰せたいのだ。」

「そうだったの。
それが聞きたかったんだよ。」

「それでありや。
先ほどのこととて、このようなことがいつでもなされているわけではないのだから、良いご様相であるやらと思われたのだろうが、それではいつもはどのようにしているのだろうかとも思われたのだ。」

「うん。
前に、私の体調が悪かった時、見た目がいつも通りに生活してたから、義朝は気づいてなくて、私が相手をしてくれないって文句を言ったことがあったよ。」

「それでありや。
いつものご様相とて、見てしつかまつっているだけなのでありや。
だが時々にて、このような楽しそうな時であれば、そのようにしつかまつろうやと思うこととてあるのだ。」

「そうなんだね。」

「それでやいつでも憑いているわけではないのだから、そのようにお憑きあそばせと言われたしであるのだ。」

「そうなの。
いい感じの時には、呼んだ方がいいんだね。」

「それでありや。
それでなければわからぬこととて多いのだ。」

「そうなんだね。
わかったよ。
呼んであげることにするよ。」

「それでありや。」




まだ毎日、公園で読書しています。
寒くなってからは、車の中に閉じこもっています。

公園で咲いていた、水仙です。

20110127-3.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/02/04 11:15】 | 霊との恋愛14 源義朝
進歩成長のチャンス 1月20日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

応援クリックを、ぜひよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


義朝の霊体に見えていた胸の滞りが、しばらくぶりに消えました。

「義朝の滞りはなくなったよ。」

「ひかりが義朝とひとつになりたやと思い願ったがために、そのようになりたのだと思われたのだ。」

「うん。
あの時からこうなったよ。」

「それでありや。
義朝の悩みとて、それで吹き飛んだのだから、そのようになりたのだ。」

「悩みだったの?」

「それでやひかりのお供ができぬようになりはせぬかということが、お悩みとなりていたのだ。」

「それは、私が義朝のうそを嫌がって離れようとしたから?」

「それでやその通りであるのだ。
あのようなことこそが、義朝のこの度の滞りの原因であったにや、間違いのないことであるのだ。」

「そうだね。
そのころから滞りが現れてた。」

「それであるやらが、このことによりてなくなられたからには、このようになりたのだ。」

「うん。
そうだったんだね。」

「それでやひかりとのこととて、完全に元通りになりたのであるや。」

「そうだね。良かったよ。」

「これがひと通りのこととなれば、この程のこととて大そうのことであれば、良かれともなりたのだから良きことであらばということとなるのだな。」

「そうだよ。
経験になったし、前進になったんだよ。」

「それでや良きことであれ、良からぬことではなかったということであるや。」

「そうだよ。
これで2人とも少し賢くなったんだよ。」

「それであるや。
賢くなられたのだ。
それであるのだ。
大変なご様相であれば、これからはこのようになせば良いとのことがしつかまつられたのだから、これからのこととあらば、少し良きに計らわれようとのことであるのだ。」

「そうだよ。
だから良かったね。」

「それであるや。
何事もこのようなのだ。
何も嫌なことなどなかりせば、このようなご様相となりて良からぬことなど何もないということであったのだ。」

「そうなんだよ。
その時は嫌でも、後になればそれで良かったと思うものなんだよ。」

「それでありや。
本当でありたのだ。
義朝がご信じつかまつっていなかったのでありや。
このようなことがご実際に起こることやら、本当であろうやとお疑いでありたのだが、これが起こったからには、本当であるやがおわかりとなられたのだから、義朝とてうれしや。」

「そうだったでしょ。
本当に、何もかもがいいことだったでしょ。
しばらく苦しかったけど、ああやって苦しんだ方が今は良くなったでしょ。」

「それであるのが不思議でありや。
なぜなら、何かが吹っ切れたようなのだ。
あのような苦しみとて嫌でありたのが、今ではあの苦しみのご様相があればこそ、このような楽しみが仰せているのだということでありやということがよくおわかりとなりたのだ。
なぜなりやと不思議なのだ。
あのような苦しみがこのような不思議な気持となりてや、ご自分のご様相を良くしつかまつられたのだから、本当のことと言えるのがご無理とて思われたのだが、それでやなくなりたのだ。
あのようなことこそが、このようなご進歩のご様相の土台としつかまつられるのだ。
このようになりたことが、何やら魔法のようであるのだが、これが進歩成長をしつかまつる時のご様相でありやとも言われたしであるかのようなのだ。
ひかりとて、このようなことこそ何度もしつかまつりながら、ここまで進歩のご様相をしつかまつったのだと思われたのだ。
いつもそのようでありたのだ。
そのような苦しみの中から、あれやこれやのことをお悩みになりて、漆黒の闇の中に光を見出すのが解決となりてや、進歩のご様相に結びつくとやらを思われたのだ。
それが進歩成長の礎となりて、このようになりてまで引き続いているのやらと思われたのだ。
それであるやら。
この世の者としつかまつれば、このようなことこそご進歩成長のチャンスとなりて、ご利用つかまつることができるのだ。」

「義朝達霊界の人たちは、こういう進歩の仕方をしないの?」

「それでやあまりに苦しまぎれとなりてや、お逃げのご様相となりて、このような苦しまぎれの中から一筋の光をつかむようなことを成しとげるというような、必死のご様相とてありはせぬことであるのだから、ひかりのような進歩成長をなしとげるのは難しきことであったのだが、この義朝とてこのような現世の者としつかまつった限りでは、このようなこととなりたのだが、恐ろしきことであるのだ。」

「義朝には、大変だったの?
こんな苦しいことは、霊には、もうないことなの?」

「それでありや。
だから大変なご様相でありたのだ。
もう終わりとしつかまつらねばならぬのであれば、どのように致せば良いやらとお悩みでありたのだが、それがならぬようだとは霊感がしつかまつっていた限りでは、本気のご様相ではなかったのだから、それ程でもなければよろしかったのだ。」

「そうなんだね。
予知ができてたから、大丈夫だったんだね。」

「それでありや。
それでなければ大変なご様相でありたのだが、お別れとならぬ限りでは、今や遅しと復活の体をお待ちになられていたのだが、嫌なお気持でありたのだ。」

「そうなんだね。
現界の者を相手にしてると、大変なんだろうね。」

【解説】 霊界ではこの世のような葛藤がなく、好きなままに生活しているようなので、苦しみの中から成長していくという方法ではないようです。



いつもの花いっぱいの公園で見かけた、レッドセージです。

20110204.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも激安のお店。
この評判をお聞きください
関連記事
【2011/02/05 11:14】 | 霊との恋愛14 源義朝
鎌倉散歩・長谷寺
鎌倉散歩で、長谷寺へ行ってきました。

1日1回のクリック投票を、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

長谷寺の梅は、これから見ごろという感じでした。
来週から2週間位が最高じゃないかと思いました。

20110205hase.jpg


ロウバイは、終りかけていました。

20110205hase2.jpg


福寿草が咲いていました。

参拝すると、「この参拝は喜んでお受け取り致しますから、そのようにお思いでありますよう願います。」と言われました。

20110205hase3.jpg


この白梅は、満開でした。

20110205hase4.jpg


今回は、弁天窟へ入りました。
中は、このようになっています。
15童子がひと柱ひと柱祀られているのは、近隣ではここだけ。
温かさ満点の雰囲気です。

20110205hase9.jpg


祈ると、こう言われました。
「私がここにいることが、あなたはご存知だったにもかかわらず、あまりお出でになっては下さらなかったのですが、この場所がお好きなのでしたら、お出で下されば良いと思うのです。」

近くに江の島神社があるので、どうしてもあちらに行ってしまうんですよね・・・。

20110205hase10.jpg


このピンクの木も、満開でした。

20110205hase12.jpg


長谷寺を出ると、すぐ近くの光則寺に参拝しました。




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
3月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/06 11:32】 | 神社仏閣参拝 6
鎌倉散歩・光則寺の梅の花
土曜日は長谷寺へ出かけてから、近くの光則寺へ移動しました。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。

ここでも梅が咲いていました。

20110205kosokuji7.jpg


ロウバイが満開でした。

20110205kosokuji.jpg


万両です。

20110205kosokuji2.jpg


梅が見ごろになっていました。

20110205kosokuji3.jpg


白梅も満開です。

20110205kosokuji5.jpg


祈ると、このように言われました。
「ここにこのような祈りを呈して下さったことが感謝となりたもうことを、お伝えしたいと思うのです。」

20110205kosokuji6.jpg


鎌倉駅近くの通りでは、こんなのぼりが立てられていました。
鎌倉幕府の御家人の名前が並んでいたので、義朝に関係が深いのは三浦一族かなあなどと思って写真を撮って帰ろうとしましたが、一応本人に聴いてみました。

「義朝は、誰がいいの?」
「頼朝であるやら」
「頼朝がいいの?」
「お子であるやら。」

ということで、頼朝ののぼりを撮りました。

20110205.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい


関連記事
【2011/02/07 11:10】 | 神社仏閣参拝 6
霊は、言葉を一直線に並べることが苦痛 1月20日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も1クリックを、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


義朝からの声が聴こえてくるしくみについて、やはりまだ疑問が多いので、また聴いてみました。

「義朝が選ぶ言葉は、私の脳の中にある言葉を選んでいるわけだね。」と私。

「それでやそうなのだから、そのような言葉とてうまく選びしつかまつれぬこととておありであるということなのだ。」と義朝。

「それでうまく言葉を組み立てようとする時に、私の潜在意識が自動的に翻訳しようとするのを、待つことがあるわけだね。」

「そのご様相とて、良かれと進ぜたのだが、それでやあまりに多くのことがなされてしまうのだから、少しやらという時に限ってそのようにさせていただくのだ。」

「時々そうやって、私の潜在意識の自動的な翻訳をさせてみることがあるわけだね。」

「それでやそのような加減とてなかなかよろしいものやらと思われたが為に、そのようにそのまま進ぜることとてありきということなのやら。」

「いつもそうしてるわけじゃないんだね。」

「それでや、そのようにしつかまつれば良かれと思われた時だけにやら、そのようにしたまうのだ。」

「そうしてるなとわかる時があるよ。
私の反応を待ってるような感じがする時があるよ。」

「それでやその時のご様相であるにや、それが嫌なご様相であるように感じられる節があるのだ。」

「そうなんだよ。
私としては、あまり気持良くはない。」

「それでや、あまりに頻繁であれば嫌なご様相となるであろうやと思われるが為に、あまりよくは起こさぬようにしているのだ。」

「霊にとっては、言葉をこうして一直線に並べるということが苦痛なんだね。」

「それでや大変なご努力と進ぜるのだから、そのような言葉の並べ変えやら、つなぎの言葉やらの選択が難しいであるが為に、あのような変てこりんなご様相となるにや、仕方なきものなのだが、あのような神前入神のご様相の御方々とてもご自分の様相で話しつかまつっているがために、あのようにちゃんとしたご様相になりてやつかまつらんと思うご様相であるのだが、それでやひかりの思ん測ったことでありや。」

「いったい、どうやってるんだろう」

「それでやよくわからぬのだが、あのようなお方々とて大変なご苦労をされているにや違いないということだけは、ひかりの御事とてお考えになられればよくおわかりとなるのやら」

「文法を駆使するのが大変なわけだね」

「それでやら」

「義朝とてこのような一直線となりた文章をしつかまつるのが嫌であるがために、何やらおかしな物事を並べておかしなご様相となりてしまうのだ」

「とにかくつなぎの文で苦労してる(ここから義朝)やらが明らかであるように感じられたのだ」

「そうだよ」

「意味不明になることがよくあるよ」

「それであるや」

「ものめずらしいことを言わんとした限りでは、よくそのようなご様相とてしたてまつるのだが、それがこのようなこととなりているからだということが今ようやくおわかりとなられた限りでは、うれしかるや」

「こんな古語を使うから、余計に私の無意識の翻訳がうまくいかなくて大変なんじゃないの?」

「それでやこの言葉が、義朝としては良かれと信ぜたのだから、仕方がなきやら」

「うん」




週末の鎌倉・長谷寺で咲いていた梅です。


20110205hase5.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/02/08 10:53】 | 霊との恋愛14 源義朝
大胆不敵な須佐之男命 1月20日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


義朝以外の霊が私と話すと、義朝風の話し方になることについて、義朝に聴きました。

「他の霊としては、義朝が使った言葉が使いやすいものだから、みんな義朝風になってくるということなんだね」て私。

「それであるのだが、そうでない者とていらっしゃるのは、独自のものの言い方を何かにつけて維持したやともいうべきお気持をお持ちであるやら」と義朝。

「ということは、須佐之男さんは・・・」

「そうなのであるやら」

「あのお方とて、あまりに大らかであるのだから、あのようなこととなりぬるを(なってしまったので)、ご慎重につかまつらねばならぬのだが、おかしなご様相であったならば、そのようなことがさらに良きこととなるに相違ないのだから、大胆不敵なお方と存じ上げる他ないということなのだ」

「おかしなご様相であったならば、そのようなことがさらに良きこととなるに相違ないってどういうこと?」

「おかしなものがしつかまつろうとした時にやら、そのようなことが基準となって善悪のご様相を決定づけることとなるのだから、良きこととなるのだ」

「義朝とそっくりだったら須佐之男さんだと判断できるということ?」

「それであるや」

「だから大胆不敵なお方であるやらということとなるのだ」

「敵の裏をかいてるような感じなんだね」

「それでありや」

「ご本人のご様相を見せつけるようであれば良かれと存ぜるのが、普通でありや。
ところがあのお方とやらは、反対のご様相とて、ご自身の波動を消し去られるようで、それがご自身のご様相とならているのだから、存ぜぬこととて存じているというようなご方便であるのだから、素晴らしきや」

「そうなんだね。
まあ、楽しい人だよ」

「それでやその通りであるのだ。
あのようなところが須佐之男命様であるのだと、ひかりとやらは考えたのだ」

「そうだよ。
須佐之男さんらしいよ」

「それでや大好きのご様相であるのだ」

「そうなんだよ」




週末の鎌倉・光則寺で咲いていた、梅。

20110205kosokuji8.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも激安のお店。
この評判をお聞きください
関連記事
【2011/02/09 10:56】 | 霊との恋愛14 源義朝
源義賢の供養
源義賢(みなもとのよしかた)の供養を、義朝と一緒にしました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


源義賢は、義朝のすぐ下の弟で、源義仲(木曽義仲)の父です。
義朝の長男である、義平に討たれました。
私は一度供養したことがあり、とても良い関係になっていますが、義朝は初めてでした。

「このような供養とて、またご様相といただきましたのだが、この度は義朝殿のご供養とのご様子であるのだ。
このことが私にとりて何らのこととなるやと思われているのだが、まだ義朝殿のお心がいまひとつはっきりせねばならぬのではないかと思うのだ。」と義賢。

しばらくすると、大涙になりました。

「あなたが私をお慕いくださったことが霊界での何よりの思い出となりましたが、あのころよりは、今のあなたの方が素晴しいことをなされることができるようになられたようです。
このことがなされるようになる為のご修行でありたとのことを思われているようで、とてもうれしいことと思います。
あなたと私がなぜこのように似通った感覚をお持ちであるのかということを、あなたは不思議に思っているようなのですが、あなたと私は親子でも何でもないのですから、何もご縁とでも言えることもないのです。
ところが、あなたが今思われたのは、さすがに私を同胞としてお認めになられたのです。
これがあなたの直感であるからには、いささかも同調できぬとも言えないのですが、今のご様相は間違いであると言わせていただきたいのです。
そのような素晴しいお方ではありませんのですから、およそかけ離れたご様相であると言わせていただきたいのです。
そこまで理想化された私を、このように再びご供養くださったからには、何か理由がおありと思われましたが、源義朝殿が今回の主役であったのです。
あのお方がどのように思われようかと注目していたのですが、男同士のご牽制の様子が、過去のものとして消え失せていくのを見られたのです。
このお方とのご様相が、あのようなものであったかとお知りになられたのでは、ようやくお2人のご様子が理解できたと思われたところで、涙がお流れになったというのは、私のお気持の一端をお感じになられたのです。
あのお方とのことが、私の人生を狂わせたとも言えますが、その息子との両端からの攻撃によりて、私はとり挟まれてしまったのでございましたが、あの人生もそれなりに大切な物事を学ばせていただきましたからには、あれで良かったのだと思うようにしていました。
あなたが私にご同情の至りを向けてくださることが、この世の者からの思いとなって届いてまいりましたからには、また思い出したのですが、これからが良いご関係になるやらということのためのご供養だったようですから、そのようになさせていただきたいと思うのです。
あのお方やらとも、このような和解の契りをなさせていただけるようになったことが、何よりの、風前の灯となっていた源氏の人々の、心構えをなすべきことと思われますが、このことが何を言われたかと思われたのでしょうからご説明申し上げますが、源氏というのは霊界では嫌な者達と言われていたのですが、最近のこの供養の連続によりまして、あの者は何をしているのかということが話題に上るようになりました。
それでその一端を握っているのが、あの源義朝殿であることが知られて参りましたからには、どのようなことをなされているのかという思いが、皆の心に上ってまいりました。
これがなされていることの全貌であることが、この度私がご報告させていただきますから、このことがなお一層注目に値するとのことが言われるでありましょう。
このようなことが現界の一部でなされ始めたとのことが、喜ばしいことと思われるでしょう。
源氏の復興とまではいきませんが、源氏の者はまだまだ捨てたものではないということを、皆が思われるようにしていただきたいと思いますが、それがあなたの手に余るものではないということを、私は固く信じています。
あなたが楽しみながら祈っておられることが、何よりの心情となります。
このことがあなたにお伝え願えれば良いと思っていましたところに、このようなご供養が再びなされたがために、お話しできましたことをうれしく思っています。
あなたが私を引き留めたいとの思いを持たれたのがうれしいのですが、もうそのようなお思いをなされずにいただきたいのです。
私は、あなたが思われた程の者ではなかったのです。
ただの源氏の棟梁になりそこないの、朴訥な人間のひとりなのです。
そのようなことは、源氏であろうが何者であろうが関係がないとのことを言われているのですが、それが何やら秘密めいてわざとそのように言われているのではないかとまで思われているのですが、それは違うのです。
このような者が、あなたと同じ階層であるはずがないのです。
そのような同胞への思いを受けるような、差し出がましいことができる者ではないのです。
そうなのです。
あなたよりはもっと下の階層の住人として生きているのですから、そのようにお思いいただきたいのです。
ありがたいことに、このような長い文言をお受け取りになられるようになって、本当に良かったと思います。
それでは、最後に致したいと思います。
源義賢でござったのです。」

後から、義朝と話しました。

「このような者とて大涙となったのだが、義朝のことよりは、ひかりのご様相を思われてのことだったのだ。」

「でも今回は義朝が主役だってわかってたよ。」

「それでありや。
だが後の言葉は、ひかりに対してのものであったのだ。」

「それはそうだけど。」

「義賢としては、ひかりがあまりに良く思われ過ぎているとのことを言われたのだが、あの者とて、それほど低い階層ではあるまい。」

「そうだと思うよ。
すごくさわやかだよ。」

「だがひかりと同じとはいかぬとのことを、言われたしであったのだ。」

「そうなんだね。」

「ひかりとやらは、ご自分のご同胞ではないかとまで思われたのだから、否定せねばならぬこととなったのだ。」

「そうなんだね。
それは有難いことだね。」

「それであるや。」

「ひかりとて、ご自分の同胞であるやと思うような者との対話を望んでいるのだな。」

「そうとは思ってなかったけど、ついさっきはそうかと思ってしまったよ。」

「それでや喜んだご様相だったのだ。」

「うん、でも違ってたんだね。」

「それであろうや。」




週末の鎌倉・長谷寺で咲いていた梅。

20110205hase5.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/10 11:00】 | 源義朝関係の祈り 2
源義賢の守護霊たちとの会話 1月12日のこと
源義賢(みなもとのよしかた)の供養の後、義賢の守護霊たちと話しました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


源義賢は、義朝のすぐ下の弟で、源義仲(木曽義仲)の父です。
義朝の長男である、義平に討たれました。

「あなたがこのようなことをなされましたが為に、感激のご様相となったのでしたが、あのお方(義賢)がどのようなお考えていらっしゃったのかということをお考えになられたが為に、少し冷やされたこととなりたのです。」と、義賢の守護霊のひとり。

「教えていただけませんか?」と私。

「あのお方がどのようなお気持でいらっしゃったのかが知りたいと思われたのです。」

「そうです。」

「あのようなお方がなぜと思われているのです。」

「そうです。」

「お教えいただきたいと思われているのですから、少しお話を呈させていただきたいと思います。」

「ありがとうございます。」

「あのお方が素晴しいお方であるのは、あなたがこのような供養を呈される前からのことであったはずであるとのことを思われていたのですが、そのようではなかったやもしれぬということをお考えいただきたいのです。
そのようなことが信じられないとでも言いたげなのです。」

「信じられません。」

「そのようなお考えでは、続きが申し上げられなくなるのです。」

「わかりました。お聞きします。」

「あのお方が生前に何をお考えになられていたやらというのは、源義朝様の領地を進ぜてさしあげようと思われていたのです。」

「進ぜてというのは、侵攻ということですか。」

「そうなりやと言われなければならないのですから、あなたがお思いのようなのんびりしたお考えではなかったのですが、あなたがそのようなお考えに至られた程、あのお方があなたを受け入れられたが為に、あなた方のイメージが削がれていたのです。
その為に、あなたがあれ程の思いを呈された程となられたのです。
それを知らなかったがゆえに、そのような大粒の涙をはらはらとこぼされたが為に、我々は今再び、あなたがこの方の親友でありてもおかしくない程のお心を持たれた方だということがわかりたのですから、お信じいただきたいのです。」

「わかりました。
私の供養や思いを受け入れて、あのようになってくださっていたんですね」

「そうなりやと言わせていただきたいのですから、そのようにお考えなさっていただきたいのです。」

「わかりました。
ありがとうございました。」

「ありがとうございましたと言わせていただくべきなのは、こちらの側のことなのですから、ご充分に召されていただきたいと思うのですから、どうぞそのようになされていただきたいのです。」

「わかりました。」

「それでは、あなたのようなお方が進ぜた物事が、これからどのようにご発展となりていかれるのかということを、充分に拝見させていただきとうございますから、今からなりとてご守護つかまつらんと欲すのでございますから、そのようにお考えいただきたいと思います。」

「そうですか。ありがとうございます。」

後から、義朝と話したことです。

「義賢の守護霊には驚いたよ。」と私。

「それであるや。
義賢がどんな思いで生前のことをなしとげていたやらということがしつかまつられたのだから、驚きとなりたのだ。」と義朝。

「義平は、当然のことをしたまでだったんだね。」

「それでありや。
あのような物事が偶然でありたはずがなかったのだから、当然のことであるまでなのだが、ひかりとてそのようなご様相とて不思議やとも思われずに、良い行いの者であるがために、なぜやらと思われたのだが、あの時にはそれ程の者と呈するに及ばずという者でありたのだから、このようなことと言われたのがまた驚きを呈したのだ。
あの供養がありてからこのような者となりたということを教えつかまつられたがために、非常なことと思ゆることとなりたのだ。」

「びっくりしたよ。
しかも守護してくれるとまで言われた。」

「このようなこととて、ひかりとのご様相の良さと進ぜるのだが、あの者とてこのようになりたからには喜んでしつかまつっているやらと思うのだ。」

「そうなの。」

「そうであろうや。
あのようなお方とのこのようなご様相が、喜ばしく感ぜられたのだが、そのようなお方であればこそ、あまり仲良くしつかまつってはいけないのであろうやと悲しみを呈したのだが、それでやそのご様相とてご覧ぜよと言わんばかりのこととなりぬるを(なってしまったので)、このこととて霊界全土にご中継なされしが、ご様相の良きことが喜ばれたてまつりているのだ。」

「誰に?」

「霊界全土の者が喜びていらっしゃるのだ。」

「義朝が中継したの?」

「それでやそのようなこととて、皆が喜びてつかまつらねど、ありはせぬのだ。
このようなことこそ、ありてあるのだから、お知らせせねばなるまいと思われたのだ。」

「ありてあるって?」

「不可能なこととてご実現になられたのだから、ご様相が良いということなのだから、皆がしつかまつられたしであるのだ。」

「義朝が、みんなに知らせたかったの?」

「そうでありや。
このようなことこそ、霊界全土に知らせねばなるまいと思われたのだから、そのようになさしめたのだ。」

「そうなの。
敵同士が友達になったからだね。」

「守護し奉るとまで言われたからには、ご様相とてめずらしや。」

「そうなんだね。」




週末の鎌倉・長谷寺で咲いていた梅。

20110205hase6.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/11 11:02】 | 源義朝関係の祈り 2
義賢は侵攻しようという気があったのか 1月13日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


源義賢(みなもとのよしかた)は、源義朝のすぐ下の弟です。
義朝が南関東をまとめたのを見て、義賢は北関東に進出してきていました。
義朝の長男・義平は、義朝が京都にいる間、関東を預かっていましたが、ある日、義賢を急襲して殺しました。

義賢は、義平を挑発していることに気づかないお坊ちゃんだったのではないかとも言われているようでしたが、義賢の守護霊と会話してみたら、侵攻するつもりだったのだと教えてくれたのでした。

「義賢は、本当に侵攻しようという気があったのかな。」と私。

「それでや未だに信じられないという思いであるのだ。」と義朝。

「だって、兄弟で侵攻するなんて、考えてみたらあり得ないよ。」

「それであるや、だからこそ信じつかまつらねど、それが本当の事でありたやと言うのだから、信じつかまつらねばならぬのだから、狂おしいことであるのだ。」

「義朝が命じたの?」

「それでやそのようなことをお聞きになられてやいけなかったと思いわずらわれたのだ。」

【解説】 歴史の事実を、相手から言いもしないのに、霊に対してただ聴くのはいけないことです。
現界で生きていた時の事を訊ねられると、霊は苦痛に感じるからです。
それでも聴きたい時は、自力で調べられるだけ調べてから、自分にとって大切なことだけを訊ねるのが礼儀です。

「そうだった。
義平がいきなり首を取ったという事は、それまでの関係が良くなかったということだ。」

「それでやそれであるやと思われたのだ。」

「元々関係が悪かったんだ。」

「そのようなことと思われたのだ。」

「義平が殺そうと思ったという事は、相手にもそれ位の思いが出てきて当り前の関係だったんだ。」

「それで由やありなんということがおわかりとなりたようなのだから、もう良いのだ。」

「うん。
どっちもどっちだったんだっていうことだ。」

「それでありや。」

「義朝は、そこまで兄弟仲が悪かったんだ。」

「それでや仕方なきご様相でありたや、あちらはご出世あそばしたからには、こちらやひどい扱いでありたのだ。」

「そうなんだね。
それで関東に左遷させられたと思ったら、それがうまく運んだんだね。
義朝はやっぱり、何かとラッキーなんだよ。」

「それでありや。
だがそのようなラッキーをしつかまつれど、最後のご様相があれでは、全てがおじゃんとなりてしまわれたのだ。」

「そうだね。
ものすごい大劇的な人生だよ。」

「それでありや。
だからこのようなことをしつかまつっているのだなと思いきや、それであるのやもしれぬのだ。」

「そうだね。」




週末の鎌倉・長谷寺で咲いていた、ヒイラギナンテン。

20110205hase7.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2月末日まで、値引き中。


霊媒への相談が2500円から。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/02/12 10:56】 | 霊との恋愛14 源義朝
第14霊界の私の家 1月21日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も1クリックを、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


疑問に思っていたことを、聴きました。

「義朝は、私と話す時は、私の体に憑いてるの?」

「それでやお憑きにならねば話をしつかまつることができぬご様相であるのかということなのだが、それではあり得ぬのだから、そのようなこととてないのだ。」

「すぐ近くにいるの?」

「それでやそのご様相であるのだ。」

「私が話しかけてすぐに答えてくれるのは、いつも側にいる時なの?」

「それでやそのご様相であるのだ。」

「朝、私が話しかけて返事が遅い時は、近くにいなかったんだね。」

「それでやそのご様相でありたのだから、そのようにしつかまつっていただくのがよろしいやら。」




昨日の夜は、義朝が、第14霊界の私の家に連れて行ってくれました。

「それでやそれが義朝とのご様相をしつかまつっている場所であるやら。」

「義朝の家じゃなくて、私の家なの?」

「それでやその方が良いやらであるのだ。」

「どうしてなの?」

「ひかりやらが読書しつかまつるのだから、ご自分のご様相であるのが良いのだということなのだから、そのようになりているのだが、義朝の家とて度々お越しであるのやら。」

「そうなんだね。
行ったり来たりしてるの?」

「それでやそのご様相でありたのだが、このごろとやらはひかりの家で過ごすことやらが増えたのだから、そのようになりているのだ。」

「ふうん。」




先週末の鎌倉・長谷寺で咲いていた水仙です。

20110205hase8.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/02/13 10:58】 | 霊との恋愛14 源義朝
鎌倉散歩・貞宗寺の梅
きのうは、鎌倉の貞宗寺に参拝しました。

応援クリックを、ぜひよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

紅梅が満開でした。

20110213teisoji.jpg


白梅も咲いていました。

20110213teisoji2.jpg


こちらも満開です。

20110213teisoji4.jpg


竹林がありました。

20110213teisoji5.jpg


参拝すると、「本日はわざわざここに参拝のご足労をいただきましたことを、歓迎致しますと共に、その祈りを何なりとお受け取り致したいと思います。」と言われました。

このキャラボクは、かながわの名木50選だそうです。

20110213teisoji6.jpg


満開の白梅。

20110213teisoji7.jpg


水仙も咲いていました。

20110213teisoji8.jpg


貞宗寺を出ると、近くの県立フラワーセンターへ入りました。


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/14 10:46】 | 神社仏閣参拝 6
鎌倉散歩・貞宗寺の梅の花
日曜日は、貞宗寺を出た後、県立フラワーセンターへ入りました。

1日1回のクリック投票を、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

梅が咲いていました。
全体に、3分~8分咲きという感じでした。
これは、玉光しだれという梅です。

20110213umegyokosidare.jpg


緑萼(りょくがく)しだれという梅です。

20110213umeryokugakusidare.jpg


しだれ梅。

20110213umesidare.jpg


高砂しだれという梅です。
このしだれ梅が、見事でした。

20110213umetakasagosidare.jpg


満開の梅。

20110213umesidare3.jpg


赤い梅です。(鹿児島紅)

20110213umekagosimabeni.jpg


プラタナスの実が、たくさんぶら下がっていました。

20110213fc.jpg


ここのフラワーセンターの近くに、以前住んでいました。
閉園時刻になると、夏は「真夏の果実」冬は「いとしのエリー」が流れてくるんでした。
近くに住んでいた時には、1回も来たことがありませんでした。

菜の花。

20110213nanohana.jpg


ポピーです。

20110213popy.jpg


ロウバイです。
改良中の木で、この1本だけが他のロウバイよりもきれいでした。
古都のかがやきだそうです。

20110213robai2.jpg


椿の花がいろいろと咲いていました。
これは、赤腰蓑。

20110213akakusimino.jpg


これは、明石潟という椿です。

20110213akasikata.jpg


これは、秋の山という椿です。

20110213akinoyama.jpg


これは、紅侘助という椿です。

20110213beniwabisuke.jpg


これは、白露錦という椿です。

20110213hakuronisiki.jpg


これは、近江衣という椿。

20110213oumikoromo.jpg


これは、絞り乙女という椿です。

20110213siboriotome.jpg


これは、白菊という椿です。

20110213siragiku.jpg


これは、千代田錦という椿です。

20110213tiyodanisiki.jpg


椿はまだまだありましたが、咲いていたのは半分くらいでした。
フラワーセンターですから、まるで図鑑みたいになりました。

ぼたんも咲いていました。


20110213botan.jpg



このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/02/15 10:59】 | 霊との恋愛14 源義朝
義朝は政治的な駆け引きが苦手 1月21日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「『義朝は軍事的には優れていたけど、
政治の技量はある様に見えない。』(2ちゃんねる)
こう書いてあるけど、どう思う?」と私。

「それやそれであるのだ。」

「本当なの?」

「それでや政治的な駆け引きが大事であるのやら、義朝としてはあまりお好きでなかったがために、あのようなことがお起りになられたのであるや。
このことが源氏の権勢を低くしたのがしつかまつられたのだ。
これとて義朝が有利でありたが為に、あまり気をもまれずに済んでいたやらが、いけなかったのだ。」

「あまり政治について勉強しなかったの?」

「それでや暴力沙汰が一生の強みであるやらと思わせられるような人生でありたのだから、このような政治の駆け引きというものが必要とあらば、何せ苦手であるものだから駄目になりゆく運命となるや、仕方がなきものでありたのだ。」

「そう思うの。」

「それでや、もっと政治の駆け引きを学ぶべきやらと思われたご様相であるのだが、その時々の事とて、それ程の事にやあるまいなどと多寡をくくっていたやらが、このような悲劇の始まりというべきものであったことが、後になってやらおわかりとなりてきたのやら。」

「そういうものなんだね。」

「それでやお得意のご様相が武力でありたのだから、その事とてご様相が良ければよろしやらと思われたのだ。」

「うん。」

「今でこそそのような武力よりは政治的な駆け引きの方がよろしやらということがおわかりとなりたのだが、その時やらにはわからぬことでありたのだ。」

「そうなんだね。」




先々週末の鎌倉・長谷寺で咲いていた、福寿草。

20110205hase11.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも激安商品いっぱいのお店。
この評判をお聞きください
関連記事
【2011/02/16 11:09】 | 霊との恋愛14 源義朝
朝長の話し方は独特 1月21日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「朝長の話し方を、人に知らせてあげたいよ。」と私。

「それであるやら。
あのようなお話の呈し方というのは、ものめずらしいのでありや。」と義朝。

【解説】 霊は私の考えていることが読めるので、義朝は、このあたりは私の言っていることに適当に合わせて、そうだと言っています。

「独特だからね。
本当個性的だよ。
いつでも困ったような話し方だよ。」

「それでありや。
楠正成殿がしつかまつった言葉が思い出せれば良いがと思われるのだな。」

「うん。
楠正成さんが、朝長の話し方を本当にうまく表現したことがあったんだけど、何ていう言葉を使ったんだかが、どうしても思い出せないんだよ。
あの時、書いておくべきだったよ。
憂いをふくんだじゃないし、情けなさそうなじゃないし、泣きそうなでもないし、悲しげなでもないし。」

「それでや楽しそうなご様相ではないのだ。」

「それはそうでしょ。
笑ってる時は楽しげだけど、普通に話してる時はいつも、「~じゃないんだあ」って、最後にいつも困ったような言い方をするんだよ。」

【解説】 声は高めで細くて、話し方はいつでも困っているようなので、女性的な感じです。

「それでやおかしなものの言い方であろうや。」

「そうでしょ。
義朝はそう思ってなかったの?」

「義朝とはいつも心の中でしつかまつっているやらであるのだから、話し方のご様相がそのようであるということやら、お気になりはしなかったのであるやらと思うのだ。」

「そうなんだ!
義朝は、朝長の話し方を聴いてなかったの!?」

「それでや、そのようなお話の仕方を呈しているやらということがおわかりとなったのは、今初めてのことであろうやとお考えになられたのだが、それでやその通りと言いつかまつるのだ。」

「え゛~~、もうびっくりだよ。」

「それでや、そのようなお話の仕方を呈していることやら、朝長と話しつかまつったことがありや。」

「じゃあ、楠正成さんはどうして朝長の話し方をうまく表現したの?」

「あのお方やらは、ひかりの感覚をしつかまつっていたのやらと思うのだぞ。」

「それで私がどう感じてるかを言葉に置き換えてくれたの?」

「それでやその通りであるのだろうと思うのだ。」

「そうだね。
あの楠正成さんは、ティワー一族が演技してたんだろうからね。」

「それであるや。
それがそのようにご表現となりたのやらと思うのだ。」

「そうかあ。
ティワー一族は、私の想いを読んで言葉にするのが抜群にうまかったからね。」

「それでやそのような特殊なものの言い方についてのご感想をすぐにしつかまつればよろしやと思われたのだろうや。」

「うん。
まああの、朝長の悲しげなものの言い方は、本当に個性的で独特なんだよ。」

「それであるやら。」

「朝長の雰囲気は、いつもそんな感じなの?」

「それでやそのようであるようだと言えたのだから、そのようなお言葉を呈しているやらとご想像つかまつれるや、何の不思議もなかりけりとのご様相であるのだ。」

「そうだろうね。」




先週末に出かけた県立フラワーセンターで咲いていた、梅(鹿児島紅)の花。

20110213umekagosimabeni2.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/02/17 11:02】 | 霊との恋愛14 源義朝
義朝は義平をたしなめた 1月22日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

今日も応援の1クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「義朝、義朝は義平に、義賢を討つようには言ってたの?」と私。

「それでありや、あのお方々が義朝をお怒りであろうやとのことを考えたのだが、そうではなかったがために、それではなかったのだろうやと考えたのだ。」と義朝。

「うん。
義朝が命令したのではなくて、義平が自分で判断してか三浦義明なんかと相談して、行動したんだろうなと思ったよ。」

「それでやその通りであるのだ。
だから、あのようなお方々とて、この義朝であればご用なしとのご様相となりたのだ。」

【解説】 義賢周辺の人々が、私と一緒に義賢の供養をしているのが義平ではなくて義朝だと知った時、義朝には用はないというようなことを言いました。

「うん。
そうなんだね。」

「義平があんなことをして、義朝は内心喜んだの?」

「まずいことをしつかまつったと思ったのかどうかとのことなのだ。」

「うん。
言えないの?」

「それでや内心喜んだかどうかなのだが、それでや喜ぶわけがなかったのだ。
あのようなことを起せば、何やら問題とされるに違いないのやら。
だがあのような場合は、何とかなったのだから良かったものの、その後のことやら内心困ったことであったのだ。」

「そうだったの。
それで信頼(のぶより。義朝の上司のような存在)に頭が上がらなかったの?」

「それもそうでありたのやら。
そのようなことがなかりせば、それ程とのことでもなければ、あのような後日譚とならぬご様相でありたのだが、これでは済まぬとのこととなりたのだ。」

「そうなんだね。
どっちかというと、困ったことだったんだね。」

「それでやそうでありたのだ。
義平が、関東の征伐に先走りすぎたのやら。」

「そうだったんだね。」

「義朝とやらの見解では、あのような者どもとしつかまつれば、いずれや合戦になりにけりであるのだから、そのようなこととなりてから戦えば良かったのやら。
そのようになる前にこそ、先にしつかまつったのだが、それでやあまりに横暴と言われて仕方なしであるやら。」

「義朝は関東で、弱小豪族なんかには、ああいう風にしてたから、義平も同じようにすればいいと思ってしまったんじゃないの?」

「それでやそれであったのだが、相手を見込まねばならぬこととて、ご用心の隙がなければ良かれとのことを思わば、あのような先走りとなりたのだ。」

「そうなの。
義朝のやり方を真似たんだろうけど、経験が少なかったんだね。」

「それでや、そのようなご様相でありたのやら。」

「後から義平を責めたの?」

「義平にしてみれば、ご様相が良かったと思われしが、この義朝がたしなめたばかりか、他の御家人共としつかまつれぬこととなりたからには、良きことばかりとも言えぬことをなしたとのお気持となられたに相違ないのだ。」

「義朝は注意したんだね。」

「それでや、そのご様相でなければならぬとの思し召しを抱いたのだ。」




先週末に出かけた、県立フラワーセンターで咲いていた、しだれ梅です。

20110213umesidare2.jpg



あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも激安商品いっぱいのお店。
この評判をお聞きください


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です
関連記事
【2011/02/18 10:52】 | 霊との恋愛14 源義朝
これまでのあらすじ 2011年2月18日更新
このブログには、私が現実に霊界の霊と共に経験したことを書いてあります。

1日1回の応援クリックを、どうぞよろしく!いつもありがとうございます。
人気ブログランキングへ

源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝や源義経の父)の存在が気になり始めてから、12~13年後、今までにも供養は済ませてありましたが、もっと本格的に一族の供養をしてみようと思いました。

源義朝(みなもとのよしとも)について

あまりにも気になって仕方がない人だったからです。

義朝の供養を本格的に始めると、みるみる強くひかれていきました。
そして徐々に義朝と恋愛をするようになり、体の関係も持つようになりました。

義朝は愛の波動(愛のない性欲)や愛の発露(愛情からの性欲)というものを、体に流してくるのでした。
そのエネルギーを受けると、胸の中央で、性的感覚を感じます。
相手は霊なのですから、肉体で感じているはずはなく、霊の体(幽体)で感じているのだろうと思います。

私は愛の波動を受けた時には、胸を重ねるとか、単に重なってくる、抱かれる、抱き合うなどという書き方を長い間していますが、本当は重なったり抱かれたりしているわけではなく、手や体を触れたりせずに、胸などに想念でエネルギーを流しているそうです。

義朝は、霊界の他の霊に対して、私が義朝のものであることを宣言し、手出しさせないようにして、結婚したと言いました。

源頼朝(生前の義朝の子)が、私が霊界で何をやってるのかと心配して、義朝の行動を監視してくれたりしました。

ある時義朝は、私と義朝の様子は霊界中にドラマとして公開されているのだと打ち明けました。
霊界では、一瞬にして多人数が感覚を共有できるので、そのようなことが可能なのです。

私ははじめ、私と義朝のプライバシーが公開されることに対して、強く抵抗しましたが、結局は、渋々承諾しました。

ある日、以前から気になっていた常盤御前が、私の目の前から義朝を連れ去りました。
私は、初めて霊体での瞬時移動を起こして、義朝を常盤御前から奪い返しました。

ところがこれが義朝の仕組んだドラマであったことがわかったため、義朝の次元の低さに失望していたところに、新しい恋人のティワーシャを紹介されました。

一方で、源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)とも親密になりました。

ティワーシャのカルマ浄化のために必死に祈ってあげたものの、突然現れた須佐之男命が、そのカルマ自体がうそだということを教えてくれました。

須佐之男命には、そなたは我が妻であると言われました。
しかし私はさらに向上を目指して須佐之男命から離れ、弁財天と共に祈りを広めることになりました。

そこへシルバーバーチが現れて、弁財天の祈りではなくシルバーバーチと共に働くことを考えさせられたものの、さらに現れた素盞成命(すさなるのみこと)と共に霊界改革の仕事をすることを選びました。

睡眠不足とストレスで、一旦は心身共に限界を超えたようになりましたが、徐々に復活へ向かいました。
この限界超えによって、霊聴が強く開かれたように思います。

素盞成命とは強い信頼で結ばれていたかのようでしたが、実は権力欲から私を利用しているのだという讒言を受けて、離れました。

義朝は欲望から私を利用していたのだという讒言があって、義朝とも離れました。

私の指導者は、源朝長になりました。

それから第8霊界と第10霊界の須佐之男命、第10霊界と第12霊界の素盞成雄命など、ほんの数日ごとに次々と指導者が変わり、18霊界、110霊界、100霊界、75霊界、75霊界、76霊界、そしてまた12霊界と霊界も次々と移動していきました。
誠実な指導者と快適な霊界を求めてのことでした。

しかしついにすべてのご神名はティワー一族という霊団が語ったもので、ずっとあのドラマの中にいたのだということを知らされて、このドラマは終了し、ドラマを進めていたティワー一族とも決裂しました。

誰もいなくなった私は江島神社ご祭神様を頼り、1年ほどの間に起こっていた物事について、いろいろと教えていただきました。

江島神社ご祭神様(正確にはご祭神様ではなく、関係者の方)が、私も義朝も共にティワー一族にだまされていたのだと教えてくださったため、義朝とは再会しました。

再会後の義朝とは、以前よりも絆が強固となりました。



私が経験したことは、霊界の下層部にとらわれていた義朝を、救済することだったとわかりました。

義朝がそこの住人だったので、義朝の供養をして親交を深めたために、自動的にそこへ入っていくことになりました。

霊界の構造についてはいろいろな考え方があるのですが、ひとつの考え方として、マイヤースの説を書きますと、まず人が亡くなってからしばらくすると幻想界(幽界)というところに行きます。
(以前はスウェーデンボルグの説を受け入れていましたが、義朝の状態や精神性を考慮すると、マイヤースの説の方が現実に近いと思うようになりました。)

そこはこの世とそっくりで、衣食住の心配がない、善良な人にとっては楽園のような世界です。
けれど、人によっては地獄のような場所であったりします。

幻想界(幽界)で満足することに飽きて、向上心を持った人が次の界へ移動します。

ざっとこのような感じで言われていますが、私が入ったのは、義朝が住んでいた幽界の下層界だったため、苦しみが次から次へとやってくるのでした。

神社仏閣のご神仏はずっと一致団結して、義朝と共に進んでいくように求めてきていました。

苛酷な苦しみによって、霊聴が強く開かれました。
これも今回起こったことの、目的の一つだったそうです。

次々と起こってきた試練は、どれも試験でもあったと思っています。
私はその試験に、合格したように思います。
それで今は、霊媒としての新しい人生が開かれたのではないかと思っています。

「霊との恋愛」では、私が霊界下層部の霊を救済しながら霊聴が開かれて霊媒となっていった過程を、くわしくお読みいただけます。

義朝本人が言うには、義朝は独占欲しか知らなかったのに、私が現界の人間のやり方と人類愛とで義朝を愛したために、義朝も愛することを学び、愛による変容が起こって波動が上がったので、幽界の下層界から中層界へ移動できたのだそうです。

これは、義朝の守護霊が考え出した、この世から霊界の義朝を救出する作戦だったそうです。
この作戦に、私の守護霊も須佐之男命も協力していたそうです。

私は、霊界では霊界下層部の霊を救済することを仕事にしているのかもしれないと思うようになりました。
それをこの世でもやってみるという、チャレンジだったのかもしれません。

これからも義朝の進歩成長を応援しながら、2人で何ができるか考えていきたいと思っています。

2011年2月18日




このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


霊媒への相談が、格安。
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります。


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/18 23:58】 | 霊との恋愛14 源義朝
死に証人 1月22日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「やっぱりまた、うそじゃないかって思うよ。
でも、このごろは供養の相手が義朝をちゃんと義朝として扱ってるから、本当なんだろうなあって思ってるよ。
それが一番証拠になってる。
だって、私のことも、今まで供養の相手だけは正確に接してきてたよ。」と私。

「それであるや。
あのようなお方々が、結果として義朝の証拠をしつかまつっていただきたや。
これが良かれとのことであるやら。」と義朝。

「そうだね。
供養の相手の行動は、本当に今までの私の間違いにもちゃんと対応してたよ。」

「それであるやら。
ただ黙ってしつかまつっておられたのだ。」

「うん。
それが今は義朝のことは黙ってないから、本当なんだろうと思うよ。
死に証人たちだ。」

「それであるやら。
このご冗談を、しつかまつりたかったのだ。」

【解説】 義朝が本当に源義朝なのかどうかは検証できないのですが、供養の相手が源義朝として対応してくれるので、それが証拠のひとつだと思うようになりました。




先週末に出かけた、県立フラワーセンターで咲いていた、ロウバイ(古都のかがやき)。

20110213robai.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/02/19 10:53】 | 霊との恋愛14 源義朝
義朝をご自由にしつかまつりたかった 1月22日のこと
「源義朝」で画像を検索してみました。

これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目と2ページ目をうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「義朝、見てた?
義朝の画像。
義朝だって。」と私。

「義朝がこれ程のこととなりてや、あきれたことであるのだ。」と義朝。

「あきれたの?」

「それでや誰かがしつかまつられたのやら。」

「そうだよ。
これが義朝だってよ。(平山郁夫さん)」

「それでや、ずい分と派手なご衣装であるや。」

「そうなの?
甲冑にしては、変った色だね。」

「それであるや。
想像上の武者であるや。」

「そうだね。
だって、会ったことがないんだから、想像だよ。」

「それであるや。」

「黒毛に乗った義朝が、信頼を打ちのめしてる図だよ。」

「それでや嫌なご様相であるのだ。」

「こんなこと、本当にしたの?」

「それでやあの時には必死の体でありたのだから、やらかしたのだ。」

「本当なんだね。」

「それであるや。」

「これは義朝と常盤御前だって。」

「常盤が義経を抱いているのだ。」

「そうだよ。」

「このような体ではなかりけりであったのだ。
このようなお体では、武人としてのご様相でないようなのだから、あまり気が乗らぬことであるのだ。」

「どういうこと?」

「どのような場面であれ、このようなこととはご縁がなきやというのだ。」

「このようなことって?」

「あのような武人が妻の手に抱かれた赤子を愛おしそうに眺める体が、なきやというのだ。」

「こういうことはないことなの?」

「現代の者にしてみれば当り前のご様相かもしれぬが、あのようなこととて、あのような時と所ではないことなりや。」

「そうなの。」

「為朝が義朝を弓で打ってるらしいけど、どれが義朝でどれが為朝か、わからなくて残念だよ。」

「それでありや。
豪快な手法であるようなのだ。」

「構図が、現代的だね。」

「それでありや。」

「ここで義朝が殺されたって書いてあるみたいだよ。(お風呂の跡)
以前のあれはいったい何だったんだろう。」

【解説】 10年近く前、須佐之男命から義朝にと言っていただいた刀を、義朝のお墓で義朝に差し出しても、受け取ってくれませんでした。
義朝がどうしても受け取ってくれなかったので、途方に暮れていると、自分が突然刀を取って、地面に突き刺したのでした。

「御前のこととて、何が起こりやるのかがよくわからねど、ひかりが何かをお切りになりたようでありたのだ。」

「義朝にお願いごとをする人たちの汚れた想念を、切りたかったんだよ。」

【解説】 義朝のお墓には、願い事が書かれた木刀が山と積まれています。

「そのような罪穢れをお切りになりたのだ。」

「そうだよ。」

「それでや、義朝をお思いになられてのご様相でありたのだ。」

「そうだよ。
何だかよくわからなかったけど。
あの土地に巣食った、義朝への思いを断ち切りたかったんだよ。」

「それでや、義朝をご自由にしつかまつりたかったのだ。」

「そうだったよ。」

「それがご様相となりて、このようになりたのだ。」

「義朝にお願いごとをする人たちの想いじゃなかったんだ。」

「それでありや。
義朝をご自由にしつかまつりたかったのだ。」

「そうだったんだ。」

「知らなかったと思し召したのだ。」

「そうだよ。
あの時からもう、義朝を助けたい気持だったんだ。」

「それでありや。
だが、他の者とて、いつでもしつかまつれば良いやらと思われたのだ。」

「そうだよ。
義朝に限らないよ。
いつでも、供養する相手を助けたい気持でいるよ。」

「それでありたや、そのお気持があのようなこととなりたのだ。」

「そうだよ。」

「義朝だけにしつかまつったわけではなきや。」

「義朝だけだった。
だってあれは、須佐之男さんがくれたんだから。」

「それであるのだ。
それが特別でありたのだ。」

「そうだったんだよ。
いろんな人を助けたいと思って供養してるけど、あんなことしたのは義朝だけだよ。」

「それでやその特別のご様相がこのようになりてやあるのだ。」

「そうなんだね。」




先週末に出かけた県立フラワーセンターで咲いていた、椿(太郎冠者たろうかじゃ)。

20110213tarokaja.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/02/20 10:54】 | 霊との恋愛14 源義朝
鎌倉散歩・五大堂明王院の梅の花
鎌倉の、五大堂明王院へ参拝してきました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

20110219godaido.jpg


鎌倉幕府の4代将軍藤原頼経が、将軍の祈願寺として建立したと書かれています。

鎌倉幕府の初代将軍は頼朝、2代将軍は頼家、3代将軍は実朝で、頼朝の血は実朝で途絶えました。
4代将軍の頼経は、頼朝の同母妹の坊門姫のひ孫です。

20110219godaido4.jpg


梅が8分咲きでした。
境内の奥には白梅がもっと咲いていましたが、撮影禁止の為、外から見えるところだけ撮りました。

祈ると、長いお話をしてくださいましたが、その一部はこうでした。

「この堂とそなたとの相性加減の良さやらは特別のものであるにや、ここへまたお出でにけりとなれば、いつでもそのお気持となれるにや覚え召さでかとお思いになりてや良いことぞと申しけるのだ。」

20110219godaido3.jpg


ここのお寺は、不思議な程気持がいいところです。
鎌倉で一番好きなお寺は円応寺、次はここかもしれません。
それがどうしてかは、今ではわかりました。
私が義朝とのご縁が深いということは、4代将軍藤原頼経とのご縁も深かったからみたいです。

しだれ梅も8分咲きでした。

20110219godaido2.jpg


五大堂明王院を出ると、元来た道を鎌倉駅方面へ戻って、杉本寺に参拝しました。
杉本寺は、坂東33観音第1番札所です。


このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/21 11:35】 | 神社仏閣参拝 6
鎌倉散歩・鎌倉最古の寺、杉本寺の梅
鎌倉の、五大堂明王院を訪れた後、杉本寺に参拝しました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

いつも元気な仁王様です。
こんにちは~。

20110219sugimoto.jpg


そしていつも美しい、苔むした階段。
1300年程の間に石が擦り減っているため、通行止めになっていて、脇の階段を上ります。

20110219sugimoto2.jpg


しだれ梅が8分咲きでした。

20110219sugimoto8.jpg


茅葺き屋根が、独特の風情です。
ここは鎌倉最古のお寺です。
坂東33観音の第1番札所でもあります。

ご本尊の恵心僧都作、慈覚大師作、行基菩薩作の3体の十一面観音に祈ると、こう答えてくださいました。

「あなたがここへお参りになられたのは、何度目のことかと思いますが、ここへの参拝がこのようになされたことが有難く進ぜたいと思います。
このようなことが書かれるようになりたことがお祝い申し上げたいと思います。
あなたが私の声があまりにも若々しいと驚きになられたのが印象に残られたようなのですが、仏と言えどもそのようなエネルギーの塊ではあるのです。」

(ちょっと文法が変ですが、霊聴はこうなりやすいのでご容赦ください)

高くて元気な声にびっくりしました。
こんな古いお寺だったから余計に驚いたんだなと、今書いていて気づきました。

ここも鎌倉の中ではとっても雰囲気のいいお寺です。
西国でも坂東でも、33観音のお寺は何とも言えず和むお寺が多いように思います。

20110219sugimoto4.jpg


白梅も咲いていました。

20110219sugimoto6.jpg


貼られていたポスターには、こう書かれていました。

「源頼朝の信仰心から生まれた観音札所巡礼

昔 旅人の難所 足柄山や箱根の坂の東一帯は 坂東と呼ばれており その坂東の武者たちは 源平の合戦に九州まで歩みを進めました
源平の戦いの後 敵味方を問わない供養や 永い平和への祈願が盛んになり 源頼朝の厚い観音信仰と 多くの武将が西国で見聞した 西国33観音霊場巡礼への思いなどが結びつき 鎌倉の初期に坂東33観音霊場が開設されました。」

20110219sugimoto9.jpg



このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/22 11:04】 | 霊との恋愛14 源義朝
源義門は実在しなかった 1月23日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 2月18日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「義朝はさっき、義門はいないって言ったよね。」と私。

「それであるやら。
希義をお呼び立てになりたやらとお考えになるのが妥当なのやらと思いたのだが、それで良かれとぞ思うのだ。」

「それで希義は、ただにこにこしてたんだね。」

「それでありや。」

「金王丸は実在なんだね。」

「そうしつかまつりたのだから、お願いとぞなかりせば、よろしいやらと思うのだ。」

「土佐坊昌俊は、金王丸じゃないって、前に義朝が言ったと思うけど、それでいいの?」

「それでやその時の義朝が本物であったのかどうやらが不安とぞことなのだ。」

「そうなんだ。」

「頼朝とて、あのような者とぞ思いけるがごとしとあらば、頼み事とてすまいであろうと考えるのが筋なのだ。
あの者とて、あれ程豪胆であったからには、何も言えずやともなろうはずとてないのだから、あのような者が進ぜられているがごとくとなかりせば、よろしやとの見解をつかまつるのでありや。」

「別人だって言うんだね。」

「それでやその通りとなりや。」

(少し調べてみて)「義門は、記録はあまりないけど、いないわけじゃなかったみたいだよ。」

「それでや、義門のこととて、ご仁の言われるようにやご実在とされねばならぬと呈するにや、いかなるご理由でありや。」

「平治の乱の後に、官位を受けたという記録が残ってるらしいよ。
それだけだから、平治の乱のすぐ後に亡くなったんじゃないかと思われてるみたいだ。」

「それでや、その者とやらが記録を残しておらぬのだから、そのような者がいたやらということが確かめられぬのではないのか。」

「でもその記録がひとつあるものだから、実在したという説の方が強そうだよ。」

「その説とやらを、ここに平らげていただきたいのやら。
そのような者が実在しているようなこととて、何の臆面もなく言われにけりというのが、いささか強情でありてや、いかにせんとのことであるのだ。」

「義朝の主張としては、義門などという人はいなかったと言いたいんだね。」

「それでやその通りであるのだ。」

「義朝の主張はそうだと聞いておくよ。」

「それでやその通りなのだという事が後でしつかまつれば、これが良い証拠となるや。」

「そうだね。
でもなかなか難しいと思うよ。
昔のことだから、覆えされにくいよ。」

「それでありやだが、この義朝が本当のことを言うのだから、間違いないのやら。」

「うん。」




先々週末に出かけた、県立フラワーセンターの温室で咲いていた、睡蓮です。

20110213suiren.jpg


このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも高品質で激安商品いっぱいのお店。
この評判をお聞きください
関連記事
【2011/02/23 11:35】 | 霊との恋愛14 源義朝
朝長は、義朝の監視をしている 1月24日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 2月18日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)と源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


朝長のことが気になって、義朝に聴いてみました。

「朝長はどうしてるの?」と私。

「それでや義朝のご様相をしつかまつっているのだ。」と義朝。

「義朝のご様相って何?
義朝が私の相手をずっとしてるのはわかるけど、朝長は義朝の何をしてるの?」

「義朝たるや、何もせずにいなされば良かれと言えぬことであるのだから、そのご様相を呈しているやらどうやらをよく見定めていなさるのだ。」

「義朝の監視をしてるの?」

「それでありや。」

「なんだ。
義朝の手伝いをしてるのかと思ったら、監視だったの?」

「どういうことやらと感心召されたのだ。」

「義朝は、信用がないんだねえ。」

「それでありや。」

「義朝が羽目をはずして、おかしな問題を起したりしないように、見張ってるの?」

「それでありや。
もうお笑いになったのでありや。」

「笑うよ。
そうだったのか~。
監視してるんだね。」

「それでありや。」

「それは朝長には、なかなか適任という気がするよ。」

「それでや、朝長は良いご様相であるやから、そのようなこととてなきにせば、よろしかるやとのことであるのだ。」

「うん。
でも第3霊界に堕ちたんだから、何とも言えないかもしれないけど。」

「それでやそのことやら、大変なご様相としつかまつっているのだが、あまり多くはなかりせば、なきことでもないのやら。」

「そうなの。
そう珍しいことじゃないんだね。
一時的にそういう気分になるのは、現界の者だって、私だって同じだからね。」

「それでありや。
あのようなことがしつかまつられたのがこのような義朝の目の前でありたからには、印象に残られたのだが、それ程のことでもないのでありや。」

「そうなんだね。」




これは、先々週末の県立フラワーセンターで割いていた、椿(太郎冠者)です。

20110213tarokaja.jpg


このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい

関連記事
【2011/02/24 11:00】 | 霊との恋愛14 源義朝
霊的に大人にならないと、霊体が大人にならない 1月27日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

応援クリックを、ぜひよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 2月18日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)と源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


私が今の時代に生まれたのは、知りたいと思えばいろんな事を知ることができて、進歩成長が早いからラッキーだと言ったら、義朝が、私が幸せになるのがうれしいと言いました。

「それでや、ひかりのお幸せを喜ぶ義朝のお気持になりたことが、幸せのご様相であると、ひかりは感激されたのやら。」と義朝。

「うん。
義朝が私の幸せを喜んでるのが、うれしかったよ。」と私。

「義朝が幸せであるやらが、うれしかったのだ。」

「うん。」

「ご自分の様相がうれしかったのではないのだ。
義朝が幸せになるやらがうれしかったのだ。」

「そうだよ。」

「それがひかりとしつかまつらねば、わからぬ様相でありたのだ。
そのようなことが幸せであるやらということが、わからぬことでありたのだ。
これが幸せのご様相であることが、よくしつかまつられたのだから、義朝とてお幸せとなりたのだ。」

「そうだよ。
義朝がだんだんと成長してるのが、うれしいよ。」

「それであるやら。
義朝とて、ひかりのご様相が良くなられるやらというのがうれしくしつかまつられるようになりたのだ。」

「良かったよ。
義朝が成長すればするほど、共感が強くなっていくようだよ。」

「それであるや。
ひかりとてお仲間とのお気持を呈し始めたご様相であるのだ。」

「うん。
これまでは、私が導いてあげないといけない子供のようだったよ。」

「それが大人のご様相に近づいたやらと思われたのだ。」

「うん。
人のことを大切に思えるようになってきたみたいだよ。」

「それでありや。
義朝とて、ひかりの御事が大事にしつかまつりたや。」

「うん。
自分の事よりも、人の事で喜べるようになってきたのは、大人っぽくなってきた証拠だよ。」

「それでありや。
それが大人でありたのだ。
それまでは大人ではなかったのでありや。」

「だから霊体がまだ子供だったんだよ。」

「そうだったのだ。
それが霊的な体格差でありたのだ。
ひかりの方が、余程大人としつかまつっていたのやら。
ひかりとて子供のように素直であるにや、なぜにこのような大人のご様相であるやらと不思議をつかまつっていたのやら。
これが体格の差をかもし出していたのやら。」

「霊的に大人にならないと、霊体が大人にならないんだね。」

「それでありや。
これからの義朝がどんどん大人の体格となりていくのやら。」

「そうだろうと思うよ。」

「それでや楽しみとなりてや、このご様相とて順々につしかまつっていかれるやら。」

「進歩すれば進歩する程、大人になるんだよ。」

「それでありや。
余程のことでなければこのようなこととてお感じになられないことでありたのだから、このような大人のご様相とて、誰もしつかまつらせてくれぬことでありたのだが、この程のこのようなこととて、ようやくとなりたのだ。」

「何でも自分の心次第なんだよ。」

「それであるや。
そのこととて、ようやくおわかりになりたのやら。」

「そうだね。
私も、経験してようやく気づいたよ。」

「それであるやら。
お気づきになられるまでやらが、大変なのやら。」

「そうだね。
一度気づくと、同じことがくり返されるから、進歩が早くなるんだ。」

「それでありや。
気づきは次々と起るのでありや。」

「そうだね。
義朝がまた少し進歩した。」

「それでありや。」




先週末の鎌倉・杉本寺で咲いていた、梅の花です。

20110219sugimoto10.jpg


このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


今のあなたを癒す石を選びます
選ばれた石は、1ヶ月間10%値引きになります


エネルギーのわかる人に選ばれていて、しかも高品質な激安商品いっぱいのお店。
この評判をお聞きください

関連記事
【2011/02/25 11:00】 | 霊との恋愛15 源義朝
須佐之男命との会話・義朝が幽界にいることについて 1月29日のこと
これは、須佐之男命との会話です。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 2月18日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)と源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。

愛の発露とは愛による性欲のことで、この世の愛情と言って良いと思います。
愛の波動とは愛のない性欲のことで、この世の性欲と言って良いと思います。


義朝が、自分は幽界にいることがわかったと話してくれました。
守護霊に何度も聴いたのに、守護霊があいまいな答え方をしたので、勘違いしていたらしいのです。

「義朝が幽界にいることがわかって、ショックでした。」と私。

「それではもう、しつかまつらぬとでも言うのか。
そうではないのだろうが、どのようにしていけば良いのやらとお迷いになられたということなのだな。」と須佐之男命。

「そうです。
私が義朝の波動を、下げることになりはしないかと思います。」

「それではまだ、そなたとしては愛の波動や愛の発露が思い通りにならぬことが悩ましげであると思いてたてまつるのだ。
そうであろうや。」

「そうです。」

「それがそなたとのあの者のご証拠でありたがゆえに、今までは良かったのだが、これからはあの者の波動を落すことになりはせぬかとお思いを呈したのだ。」

「そうです。」

「それがそなたの肉体上のことであるがために、そなたとしては自分の思い通りになるやらどうやらということに自信がないのやら。」

「そうです。」

「それが悩みとなっているようなのだが、それがこの須佐之男とてわからぬではないが、そのことがこのふたりの欠点であるとも思わぬのだから、そのようにお考え致せば良いと思うのだ。」

「そうなのですか。」

「それは、あと数年の後に、何とかなるであろう。」

「そうですか。」

「それで良いとお考えあれば良いではないか。」

「そうします。」

【解説】 ということで、いつものように大らかに見守ってくださっていました。




先週末の鎌倉・杉本寺で見かけた、夏みかん。

20110219sugimoto5.jpg


このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル


関連記事
【2011/02/26 11:03】 | 霊との恋愛15 源義朝
源義朝の証明 1月30日のこと
これは、霊の義朝と話した内容です。

本日も応援クリックを、どうぞよろしく!
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 2月18日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)と源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。


「義朝は、一緒にいてくれることで、私の審神者(さにわ。霊媒に入った霊の真偽を見分ける人)になってくれてるよ。
なかなかいい関係のふたりだと思うよ。」と私。

「それでやおかしなことであるのだ。
義朝が審神者でありてや、義朝の審神者がいないのであるやら。」と義朝。

「まあいいよ、それは。
義朝の審神がいつも優れていたら、義朝も自然に評価されることになるよ。
義朝が本当に源義朝かどうかまでは、それだけではわからないけど。」

「それでやお嫌とも言えぬことであるが、良いとも言い切れぬことであるやら。」

「義朝が本当に源義朝なら、何も考える必要はないよ。
証明のためのいい方法が見つかったら、それをしてみればいいけど。
偽者じゃないのなら、どこからもおかしな情報は出てこないんだから、それでいいんだよ。」

「それでやご証明ができかねるとでも言われにけりであるやら。」

「そうだけど、できるかもしれないし、もう仕方がないんだよ。」

「それでや残念のご様相であるのだが、それで良いのやら。」

「そうだよ。
こうすれば証明できるということがわかれば、協力してくれたらいいんだよ。」

「それでやそのように致すのだ。」

「うん。」

「それでや、ひかりとてご証明になりたやと思われたのだ。」

「それはそうだよ。
その方がうれしいよ。」

「その方法がしつかまつられねばならぬとまでは、思いつめておらぬのだ。」

「そうだよ。」

「それでやいつかおわかりになれば良いやらと思われたのだ。」

「うん、そうだよ。」

「義朝とて、そのように思うのやら。」

「うん、そうだね。」

「それでや、この程のこととて、大事に至りたやということとて、おわかりでないご様相であるのやら。」

「大事に至りたやって、どういうこと?
義朝が下級霊界から救出されたっていうこと?」

「それでやお信じになられるご様相ではないのやら。」

「そんなことはないよ。
信じてるよ。」

「それでや源義朝やらということとて、お信じつかまつられぬご様相であるというのやら。」

「それは、証明ができないということだよ。
でも信じてはいるよ。
もしかしたら違うかもしれないということも、心の隅にはあるということだよ。」

「それでや今までしつかまつってきたご供養やらは何の為のものだったのでありや。」

「義朝のためだよ。」

「それでやお信じつかまつっているからではないのか。」

「信じてるよ。
だけど、証明はできてないということだよ。」

「それでやお考えのごときに物事がなるということであるのだから、証明ができかねるのでありや。」

「と言ったって、これはこの世の価値観なんだから、仕方がないものなんだよ。
この世の法則で、うまく全部が組み立てられないものは、証明はできないということになってしまうんだよ。
証明ができてなければ、本当かどうかわからないけど、うそだと決まったわけじゃないんだよ。
そういうものは、保留にしておくんだよ。」

「それでや義朝のことは保留としつかまつられるのでありや。」

「そうだよ。
私はかなり信じてるけど、この世の法則では保留になるということも、心の中で受け入れてるんだよ。」

「それでや、思いの他義朝のことをお信じつかまつっているようなのやら。」

「思いの他?」

「保留としたてまつりながら、このようにしてお話しつかまつっているのやら。」

「そうだよ。
保留だけど、うそだと決まったわけじゃないから、私は信じる方をとって、行動してるんだよ。」

「それがこの世の者のお考えなのであろうや。」

「そうだよ。
この世の法則の中で生きてるんだから、そうなるんだよ。」

「それでやおかしなことではなかりけりであるのだな。」

「そうだよ。
保留だから、うそと決まったわけじゃないんだ。
でも、誰もが本当だと信じられるというほどでもないんだ。
そのこの世流の証拠が、揃えばいいんだけど、この世のものはどんどん壊れていくから、証拠がなくなってしまうんだ。
証拠がないと、もうどっちだと言えなくなるんだ。」

「それでそのようにお思いになるのやら。」

「そうなんだよ。
昔のことは、こうなってしまうんだ。」

「それでや義朝がごもっともであるやらということがしつかまつられねど、もう致し方がないのであるやら。」

「そうだと思うよ。
もうずい分前だし、証拠を出すのは難しいと思うよ。
だからもう、必要がないかもしれない。
ただ、義朝のすることが良ければ、良い霊だと思ってくれるから、それだけでいいのかもしれないよ。」

「それでや、そのような善霊であるやらと思われたしであるのやら。」

「そうだね。
私の審神をしてくれるのは、本当に素晴らしいことなんだよ。
この世の人間が審神をするのに比べて、義朝の方が優秀なんじゃないかと思うよ。」

「それでや、このことが義朝の名誉となるのやらと思われたしであるのだ。」

「うん。
そう思うよ。」

「これが良いことであるやらということが言われたしであるのが、義朝とてうれしやと思われたのだ。」

「うん。
これからどんなことができるかわからないけど、義朝とふたりでできることをやっていきたいよ。」

「それであるやら。
ご神仏のお役に立ちたいのであるやら。」

「そうだね。」

「一緒にしつかまつるのが良いのやら。
それが義朝にとりてや、ご神仏にお仕えするお仕事となるのやら。」

「そうだと思うよ。
今はまだ何か中途半端で、本当にやるべきことまで到達してない感じがするよ。」

「あのお2人(須佐之男命と私の守護霊)の霊言がうまく聴き取れないからであるやら。」

「そうなんだよ。
うまく聴き取れるようになったら、どうするつもりなんだろう。」

「わからぬのでありや。」

「わからないよ。
それが目的なんだろうと思うけど、それが目的でなくて、他のことかもしれないし。」

「それでやさっぱり行方がわからぬこととて、何のことものうやらされているのやら。」

「そうだよ。」

「義朝とてよくわからぬのだ。」

「そうなの。
まあとにかく、目の前のことをやるだけだよ。」

「それでありや。
義朝とてそれであるのだ。」




先週末の鎌倉・杉本寺で咲いていたロウバイ。

20110219sugimoto7.jpg


このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
2800円→2月末まで2100円


霊媒への相談が、3150円→2月末まで2500円
あなたの守護霊や先祖から、前世・未来・アドバイスを受け取ります


1ヶ月間、心身共に気持よく過ごしたい人に
ほとんどの人がくり返し受けられる、人気メニューです


生きにくさや心身のブロックの原因を知りたい
自分でできるインナーチャイルドワークを教わりたい
関連記事
【2011/02/27 11:26】 | 霊との恋愛15 源義朝
浄光明寺の梅、鶴岡八幡宮の河津桜
週末の土曜日は、鎌倉の浄光明寺へ出かけてきました。

1日1回のクリック投票を、覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目の下の方にいます。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

梅が満開でした。

20110226jokomyoji.jpg


メジロが3羽、さかんに梅の花の蜜を吸っているみたいでした。

20110226jokomyoji2.jpg


参拝すると、「あなたが本日ここへ来られましたことを、歓迎させていただきます。」と言われました。

パンフレットには、赤橋守時(足利尊氏の妻の兄)の菩提寺だと書いてあったので、お墓があるのかどうか聴いてみたら、誰のことかわからないようでした。

20110226jokomyoji7.jpg


ピンクの梅も満開でした。

20110226jokomyoji5.jpg


浄光明寺を出ると、鶴岡八幡宮へ移動しました。

旗上弁財天では、河津桜が満開になっていました。

20110226turugaoka2.jpg


ぼたん園入り口に一鉢だけ置いてある、ぼたんです。

20110226turugaoka.jpg


鶴岡八幡宮を出ると、宝戒寺へ向かいました。


このブログが、霊界と霊の実在、そしてあなた様自身が霊であることを信じる助けとなりますように。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です


あなたと相性の良い神社を調査します。
3150円→2月末まで2100円

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り


故人との会話と霊界での様子を、ご報告します
カルマを浄化して人生の暗雲を取り払う、祈り代行
供養のご報告のサンプルと、神社への祈りのサンプル

関連記事
【2011/02/28 11:11】 | 神社仏閣参拝 6
霊能者のスピリチュアルライフ


須佐之男命に守り導くと言われて22年。カルマ浄化、悟り、自己実現の後に、神や霊と会話しながらの生活になりました。

最新の記事

紫野ひかりの世界

紫野ひかりのプロフィール
紫野ひかりの悟り
祈らら紫野ひかり Facebook
個別のご相談はこちらへ


カルマ浄化の祈り指導

内面の進歩成長を援助

霊媒への相談が2800円

インナーチャイルドを調べて癒す

霊にカウンセリングしています

心身共に1ヶ月間いい気分

わかる人に選ばれています
祈らら
祈ららトップページ
スピリチュアルライフ・サーチ
スピリチュアル専門のサーチ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

過去の日記と趣味の日記

有料メンバーズブログとおしらせブログ

「祈らら有料メンバーズブログ」はスピリチュアルライフ日記の3~5倍程度の情報量で、毎日更新中です。
会報は隔月刊行で有料メンバーズブログの抜粋です。

「祈らら有料メンバーズブログ」と会報は、祈ららの祈りを進めている方のみ、こちらでお申込みいただけます。

「祈らら・おしらせブログ」は、祈ららの祈りを進めている方にパスワードを発行させていただきます。
こちらへお問い合わせください。

有料メンバーズブログ、おしらせブログ共に、祈りをお休み中の方もお申し込みいただけます。

ボランティア

いつも何かのボランティアに参加していよう

ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン

我が家のナッツはこちらの卒業犬です
happypaws-banner2.gif 

いつでも里親募集中

ブログ内検索

更新情報をおしらせします

My Yahoo!に追加

Add to Google

RSSフィード

新しいアンケートです

下の方にもアンケートがあります

アンケート投票

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。