スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
源乙若の供養・2度目 11月22日のこと
源亀若のつもりで、源乙若の供養をしていたことに、供養をしてから気づきました。
亀若を呼びながら、私は心の中で、乙若殿だと勘違いして祈っていたのでした。

1日1回のクリック投票を、どうぞ覚えていてね!
人気ブログランキングへ
1ページ目でうろうろしています。
いつも押してくださっている方、今から押してくださる方、みなさんありがとう!

初めての方としばらくぶりの方は、こちらをご覧ください。
これまでのあらすじ 10月30日更新
下級霊救済と霊媒への道 10月30日更新
源義朝(みなもとのよしとも。源頼朝の父)源朝長(みなもとのともなが。義朝の二男で頼朝の兄)は霊界の霊人です。
私とは霊聴で、生きている人同様に話をしてくれます。



源乙若は源為義の子で、義朝の弟です。
為義が保元の乱で敗れた時に処刑を命じられ、義朝の家臣によって13歳で斬首されました。
何も知らずに処刑場へ連れ出された4人兄弟の一番上として、気丈に振舞ったことが保元物語に書かれています。

祈りの後、義朝の家臣の誰かが4人の子供たちに対して、優しくていねいにこれから(処刑)のことを説明している様子が見えました。

「あなたが私どものイメージを受け取られたのですが、その時のことがこのように鮮やかにお伝えいただけたのは、あなたのお心が真摯になられたのが伝えられたからなのです。
このようなことが起こっていたことが今ようやくあなたに知らされたのは、ここまで祈っていただいたからなのですが、あのお方(義朝)はようやく静かな気持で祈っていただくようになられましたから、喜んでおりますが、それは今ひとたびの時間をお裂きになられてあのようなお声かけをなされたからだと思われますが、そのことが良くなられたのは良いことだと思います。
あなたとしては、地獄で過ごした時間がどのくらいであろうかとお考えのようなのですが、早1000年近くに及びますから、この供養がなされるのが早ければ良かったのですが、この度のこのような機会にでも、哀れむ気持を投げかけてくだされば、よりいっそうの励みとなります。
このことを、今しばらくお考えいただければと思います。
これにて終了させていただきます。」と乙若。


義朝と話しました。

「(供養の相手を)勘違いしてた。」と私。

「それでなのだ。
その者のご様相とて、乙若君のご様相であったのだ。
あのような地獄の長い呈されるご様相は、乙若君のご様相であるとして入ってきた霊聴だったのだ。」と義朝。

「このことを教えてくれたんだね。」

「そうであるのだ。
あのような地獄の様相に900年近くも居続けているがことを、このように話して下さったのだ。
だがあの者とて、供養は終りのご様相であったのだ。」

「そうだった。
こういう人がいるんだよ。」

「義朝が生き長らえたいばかりに、このような者とて地獄へ追いやったのだ。」

「そうだよ。」

「そのことが、今ようやくあからさまにされたのだ。
このようなことを、我がこととしてやってきたのだ。
これが地獄の様相でなければ何なのか。
このようなことが、この義朝のみ胸ひとつでなされたのだ。
このような者のこのようなご人生が、地獄行きとさせたのだ。
そのうらみつらみがなければ、そのようなこととならぬご様相であったかもしれぬのに、この義朝のひと言が、あの者の地獄の様相をこれ程長らえさせたのだ。
このようなことこそ、悔恨の様相であったのだ。
それがわからぬことだったのだ。
だからあの者とて、あれほどきつく反応されたのだ。
このようなことがあれば、この義朝とてもう何も穏便にできることを成し遂げねばならないことであったと反省したのだ。
これが良いことではあるまいから、このままではいけないのだ。
この供養とて、もう一度ご様相を呈したいのだ。
義朝の心からの願いとて、供養したてまつりたいのだ。
この者を、地獄からはい出す者とさせたい一心であるのだ。
このような者とて、地獄から出られずにいるのだ。
どのように思えば地獄から出られるのかが、わからないでいるのだ。
義朝と同じはずなのだ。
それがわかるように説いて聞かせれば、何とかなるやもしれぬのだ。
このご様相とて、ひかりの得意の場面であるのだが、それが義朝からのご提言であることが言われていただきたいのだ。
それが義朝からのご要請であるのだが、ひかりとて驚かれているのだ。
義朝がこの者に直接説教ということはできぬのであろうかと思っているのだが、それが叶うならそのようにしたいのだが、それは難しいご様相であるのだ。
それができれば良いのだが、この世の者とてそのようにできる特権とやらなのだ。
そうなのだ。
それがどのご次元にでも、行きつ戻りつができることとなるのだ。
このことができるからには、どうぞ呈していただきたいのだ。
ひかりがこのことを、読みてたてまつるだけでも良いのだ。
義朝がこのような思いでいるということがおわかりいただければ、何とやらとなるやも知れぬのだ。
このようなこととて何の効力も効果も及ばずとなれば、それはそれで仕方がないご様相なのだが、何もせずとはいられぬこととなるのだ。」

「そうだね。」

「それであるのだから、今度のご様相は、この者の供養にあてていただきたいのだ。」

「そうするよ。」

「それが良かれとなるのだ。」

「義朝は、やっぱり素敵な人だよ。」

「それであるやと思われたのだ。
あのように次元が低い者であるからお別れせねばならぬと言った矢先に、こう言われるのだ。」

「義朝のいいところはいいんだ。」

「それでは良くないところは良くないのだな。」

「そうだよ。
それは誰でも仕方がない。」

「それであるのだ。
義朝はこのような所が良いと仰せたのだ。」

「うん。」

「それでやさてにありなんと呈するのだ。」

「意味がわからない。」

「それではそうだろうということなのだ。」

【解説】 供養の間違いがきっかけで、乙若が地獄にいるらしいことがわかったので、義朝の要望もあり、さらに供養を続けることにしました。



1月3日の、鎌倉・寿福寺の紅葉です。

20110103jufukuji6.jpg


このブログが、あなた様が霊であることを信じる助けとなりますように・・・。

こちらのバナーも、1日1回の応援クリックいただけると、うれしいです。ありがとうございます。
精神世界ランキング
このバナーは、スピリチュアルライフ日記でランクイン中です

冬のセール!!9日まで!!

石の効果を求めるなら、スピリチュアルマスターのお店をお試しください
この評判をお聞きください

私の祈りの方法は、こちらで皆さまへお伝えしています。

人生の変革を望むなら、カルマ浄化をおすすめします
自分の変化に驚く祈りです
祈り経験者の方からのお便り
関連記事
【2011/01/07 10:42】 | 源義朝関係の祈り 2
霊能者のスピリチュアルライフ


須佐之男命に守り導くと言われて22年。カルマ浄化、悟り、自己実現の後に、神や霊と会話しながらの生活になりました。

最新の記事

紫野ひかりの世界

紫野ひかりのプロフィール
紫野ひかりの悟り
祈らら紫野ひかり Facebook
個別のご相談はこちらへ


カルマ浄化の祈り指導

内面の進歩成長を援助

霊媒への相談が2800円

インナーチャイルドを調べて癒す

霊にカウンセリングしています

心身共に1ヶ月間いい気分

わかる人に選ばれています
祈らら
祈ららトップページ
スピリチュアルライフ・サーチ
スピリチュアル専門のサーチ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

過去の日記と趣味の日記

有料メンバーズブログとおしらせブログ

「祈らら有料メンバーズブログ」はスピリチュアルライフ日記の3~5倍程度の情報量で、毎日更新中です。
会報は隔月刊行で有料メンバーズブログの抜粋です。

「祈らら有料メンバーズブログ」と会報は、祈ららの祈りを進めている方のみ、こちらでお申込みいただけます。

「祈らら・おしらせブログ」は、祈ららの祈りを進めている方にパスワードを発行させていただきます。
こちらへお問い合わせください。

有料メンバーズブログ、おしらせブログ共に、祈りをお休み中の方もお申し込みいただけます。

ボランティア

いつも何かのボランティアに参加していよう

ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン

我が家のナッツはこちらの卒業犬です
happypaws-banner2.gif 

いつでも里親募集中

ブログ内検索

更新情報をおしらせします

My Yahoo!に追加

Add to Google

RSSフィード

新しいアンケートです

下の方にもアンケートがあります

アンケート投票

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。